旅の+one

実は奥深いハロウィンの文化。その歴史と魅力に迫る

仮装を楽しむ一大イベントといわれるハロウィン。最近では、日本でも秋を象徴する行事として定着しつつある。

 
ハロウィンは、アメリカ発祥の仮装パーティーといったイメージを持つ方もいるかもしれないが、実は2000年以上も前に存在していた宗教的な祭りが起源。ここでは、その起源や文化とあわせて、いくつかの国の過ごし方についてご紹介したい。

 

ハロウィンとはどんなお祭りか

ハロウィンとは、そもそもどんなお祭りなのだろうか。その起源や本来の意味を見てみよう。

 

ハロウィンの発祥、「サウィン祭」

ハロウィンの発祥は、2000年以上も前。ヨーロッパの古代ケルト人が行っていた、「サウィン祭」が起源だといわれている。サウィンは「夏の終わり」を意味し、秋の収穫を祝うとともに、悪霊を追い払う宗教的な行事として根づいていた。

 
ケルトの暦では、10月31日は1年の終わりの日だが、死者の魂が家族のもとへ戻ってくる日としても信じられていた。死者の魂とともに悪霊も一緒にやってくると考えられ、その悪霊に人間だと気づかれないように、火を焚いたり仮面を着けたりして身を守ったといわれている。この風習が、ハロウィンの代表的な習慣である仮装の起源となった。

 

ハロウィンといえば「Trick or Treat」。その意味とは?

「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」の由来は諸説ある。そのうちの一説は、死者へ供える「ソウルケーキ」をもらう「ソウリング」という中世ヨーロッパの儀式に由来するものだ。

 
現在では、ハロウィンの夜に仮装した子どもたちが近所の家々を訪ね、「Trick or Treat」とその家の大人に声を掛ける。その言葉に「Happy Halloween」と呼応した大人が、チョコレートやキャンディーなどのお菓子を子どもたちにあげるというのがハロウィンの習慣だ。

 
「Trick」は「たくらみ」や「悪ふざけ」などを意味する。「Treat」は「待遇する」「大切に扱う」「もてなす」などの意味を持つ。子どもたちは、家族のもとへ戻る死者の魂に紛れてやってきた悪霊に扮する。「Trick or Treat」とは、「悪霊にいたずらされたくなければ、お菓子をちょうだい」ということだ。

 

カボチャではなく、カブ? 「ジャック・オー・ランタン」とは

ランタン

 
ハロウィンが近づくと、街では不気味な表情が彫られているカボチャをよく見かける。「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれる、カボチャを用いて作られたランタンだ。このランタンは一説には、ケルト人の文化が根強く残るアイルランドのある物語に由来する。

 
その物語のあらすじはこうだ。悪事ばかり働いていたジャックという男が、生前自分の魂を狙った悪魔と「死んでも、地獄に落とさない」という契約を結ぶ。ジャックは死後、生前の行いから天国へ行くことはできず、悪魔との契約のせいで地獄に行くこともできない。行き場を失ったジャックはくり抜いたカブの中に火を灯し、今も彷徨い続けているという。

 
物語に登場したのはカブ。なぜ今日カボチャが定着しているのかというと、ハロウィンがアイルランド移民によってアメリカに伝わったとき、アメリカではカブよりカボチャの方が入手しやすかったことが一説にある。また、カボチャはカブよりもくり抜きやすく、ろうそくを入れやすかったという理由もあるようだ。

 

世界のハロウィンは? 各国の特色を見てみよう

古代ケルト人の風習を起源とするハロウィンには、各国独自の特徴がある。ここでは、個性溢れるハロウィンを紹介しよう。

 

アイルランドで本格的なハロウィンを体験

バーンブラック

 
古代ケルト人が住んでいたアイルランドでは、今日でも伝統的なお祝いが続いている。特に古代の祭りの風習を色濃く残した都市ミースの「スピリッツ・オブ・ミース・ハロウィン・フェスティバル」では、お化け屋敷や怪物の舞踏会などが観光客を恐怖の世界へと導く。

 
また、イギリス領北アイルランドの都市ロンドンデリーの「デリーハロウィン」では世界最大級のハロウィンカーニバルのパレードが催されるなど、とにかく豪華なイベントで盛り上がるそうだ。

 
アイルランドでは、ハロウィンの夜に「バーンブラック」というドライフルーツが入ったケーキやパンを食べる習慣がある。バーンブラックの中には指輪や硬貨、ボタン、布切れが仕込まれており、それによって運勢を占うという。

 

大規模なアメリカのハロウィンイベント

イベント

 
アメリカでのハロウィンは、子どもたちが仮装をして家を訪ねて回ったり、カボチャをくり抜いてジャック・オー・ランタンを作ったりと、どちらかというと子どもたちが喜ぶイベントといった印象が強い。しかし、この日に盛り上がりを見せる、アメリカならではの大規模なイベントが各地で開催されている。

 
例えば、ロサンゼルスのウエストハリウッドで毎年開催される「ウエスト・ハリウッド・ハロウィン・カーニバル」(2020年は中止)は、世界中から約50万人が集まるアメリカでも最大規模のハロウィンイベントだ。多くの人が、まるで本物の映画撮影さながらの本格的なメイクや衣装に身を包みパレードに参加する。ハロウィンを全力で楽しむ様子は、圧巻のひと言。

 
ほかにも、ロングビーチにある「クイーン・メリー号」もハロウィンならではの観光スポットとして人気が高く、毎年恒例の大規模なお化け屋敷イベントが開催されている。

 

メキシコの「死者の日」

メキシコのハロウィン

 
世界のハロウィンを語る際には、同じ時期にあるメキシコの風習「死者の日」に触れないわけにはいかない。死者の日には故人の魂がこの世に帰るといわれており、10月31日の前夜祭から、子どもの魂が帰る11月1日、大人の魂が帰る11月2日と、3日間にわたり祭りが開かれる。

 
死者の日の起源は、2500年以上も前にさかのぼる。その頃から、祖先のガイコツを身近に飾る風習があったという。その後、スペインからの侵略を受けた際に、キリスト教の万聖節と融合して現在の形となった。ちなみにこの万聖節の前夜祭がハロウィンである。

 
死者の日が近づくと、メキシコでは至る所にカラフルなガイコツグッズが溢れかえり、家庭や街には「オフレンダ」といわれる祭壇が用意され、死者の魂を迎える準備が始まる。当日、故人の親族はお墓の前で食事を楽しみ、楽器を演奏したり踊ったりと、それぞれ死者との交流を楽しむ。

 

まさに日本のお盆? イタリアで見られる「死者の日」の風習

イタリアのハロィンのイメージ

 
イタリアでも、「死者の日」は故人を偲ぶ日として大切にされている。11月1日を「諸聖人の日」、11月2日を死者の日とし、この時期には多くの人が教会へ出かけ、墓参りをする。まるで日本のお盆のような風習である。

 
この時期ならではの郷土料理も数多く存在し、特にスイーツの類はお供え物として捧げられることも多い。

 
一般的な菓子は、「死者の骨」と直訳される「Ossa dei morti(オッサ デイ モルティ)」というビスケット。「死者のパン」という意味の「Pane dei morti(パーネ デイ モルティ)」や、南イタリア地方ではフルーツをかたどった「Frutta martorana(フルッタ マルトラーナ)」というマジパンのお菓子も、定番のお供え物として人気があるそうだ。この時期にイタリアを訪れることがあれば、ぜひ口にしてみたい。

 

日本のハロウィン

渋谷のハロウィン

 
最後は日本。今や日本では、クリスマスと肩を並べる存在となりつつあるハロウィンだが、日本での変遷はどのようなものだったのだろうか。

 
1970年代に玩具・雑貨店「キデイランド原宿店」が季節のイベントとして、ハロウィングッズの販売に注力し始めた。昭和58(1983)年には、販売促進の目的でハロウィンパレードを開催し、約100人が参加。これが、日本で最初に行われたハロウィンパレードだといわれている。

 
当時の日本ではハロウィンの認知度が低かったため、このパレードは大きな注目を集めた。その後、参加者は年々増加。平成9(1997)年には東京ディズニーランドがハロウィン仮装パレードをアトラクションに取り入れるなどして、認知度が急速に高まった。全国各地でもイベントが開かれるようになり、今のような一大イベントとして定着した。

 

世界のハロウィンを想像してみよう

古代ケルト人の宗教行事が始まりだったハロウィンも、今や世界中に広まり、各地の文化や特性と合わさりながら発展してきた。日本では味わえないようなスケールのイベントも世界には数多く存在する。新型コロナウイルス感染症拡大のため、今年は例年のようなハロウィンはできないだろうが、収束した暁には、世界中のハロウィンを巡ってみたいものだ。
 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す