旅の+one

生ゴミを8割も削減、嫌な臭いも防止する”生ゴミ処理機”!ボタン一つの簡単操作で、静音&丸洗いOKのスグレモノ

 
▼あわせて読みたい
車のサイドポケットに入る超小型ハンディクリーナー!超強力吸引&LEDライト付きでシートの間のごみも逃さない

 
高品質な海外電化製品を日本に紹介する「MadSpace Japan」は、生ゴミを乾燥・脱臭・粉砕して約8割削減する生ゴミ処理機「NAGUALEP(ナグアレップ)」の先行販売を、応援購入サービス「Makuake」にて2021年11月29日(月)までの期間限定で開始した。

 

 
「NAGUALEP」は、ボタンひとつで乾燥、脱臭、粉砕まで完結、生ゴミを約8割も減量できるごみ処理機だ。始動させるとわずか2~3時間で生ゴミを乾燥させ粉末に。野菜や果物の皮、鳥の骨まで、すべて処理してくれる。

 

 
生ゴミの70~80%を占めるのは水分で、臭いやコバエの発生源となる。「NAGUALEP」は独自開発の高温乾燥技術で動作時に内部温度が最大126度まで上昇。生ゴミに含まれる水分を効率的に蒸発させ、ゴミを大幅に減量するのと同時に嫌な臭いや虫の発生源をしっかりシャットアウトする。

 

 
パリパリに乾燥した生ゴミは研磨棒の回転で粉砕され、およそ3時間で細かい屑になる。手間いらずで生ゴミをグッと少なくしてくれるから、忙しい朝に慌てて生ゴミを捨てに行く必要がなくなる。乾燥処理した生ゴミは嫌な臭いもしない上に、大幅に減量されるので置く場所もとらない。生ゴミ処理がまさにストレスフリーになる。

 

 
さらに処理後の生ゴミの粉末は、土と混ぜることで天然の有機肥料として再利用が可能。家計にも環境にも優しく、台所革命を起こすキッチン家電だ。

 

 
「NAGUALEP」は、ガスマスク級の超強力活性炭40,000個分を使用した脱臭フィルターを搭載。生ゴミや高温乾燥時に発生した不快な臭いを効率的に吸着してキレイな空気を排出する。魚を調理したいけど、下処理したの骨や皮の臭いが気になり、今までは躊躇することもあったが、「NAGUALEP」があれば嫌な臭いや燃えるゴミの日を気にすることなく、魚料理を楽しめる。

 
また、普段は「NAGUALEP」を生ゴミ入れにして、料理後の生ゴミを直接入れておき、一日分をまとめて処理することも可能。活性炭フィルターを搭載しているため、消臭剤いらずだ。

 
▼あわせて読みたい
“お掃除ボール”でカバンの底が勝手にきれいに!入れておくだけで細かいゴミやホコリをキャッチ、6万回も再使用できる

 

 
「NAGUALEP」は、ディスポーザーのような設置工事は不要で、一般家庭のコンセントに繋ぐだけ。複雑な設定や操作も一切必要ない。生ゴミを入れて蓋を閉め電源ボタンを押すだけで、簡単に操作できる。

 

 
手入れは、内部の容器を取り出してウェットティッシュで拭くだけ。また、汚れが気になる場合、処理容器は鍋などと同じように水洗いすることも、食器洗浄機で洗うこともできる。

 

 
「NAGUALEP」は2リットルの大容量なので、4人家族の1日分の生ゴミも余裕で処理することができる。

 

 
動作時の平均出力はたったの150Wで、家庭の液晶テレビとほぼ同じ。毎日使っても電気代は1カ月約350円なので、家計に優しい設計となっている。

 
▼あわせて読みたい
コロコロより簡単にペットの毛を除去!洋服、ソファ、家具などに使えて電力不要、水洗い可能なペット毛専用クリーナー

 

 
ほとんど音を感じない静音設計になっている「NAGUALEP」。破砕刃などを使わず、内部の研磨棒がゆっくりと回転して乾燥させた生ゴミを粉砕するので、動作音はたったの40~45dB。図書館と同じくらいの静かさなので、深夜でも近所への迷惑を気にすることなく安心して使える。

 

 
「生ゴミ処理」は、どこの家庭でも悩みのひとつ。忙しい朝のゴミ捨てや、あの嫌な臭い・湿りに頭を悩まされたことがあるはず。生ゴミの量を8割も削減してくれる「NAGUALEP」があれば、ゴミ出しの回数を大幅に減らせるだけでなく、水分が蒸発することにより軽くなるため、ゴミ出しがとても楽になる。これまでの生ゴミ処理の苦労から解放されそうだ。

 

NAGUALEP(ナグアレップ)
先行販売価格:71,990円~139,990円(送料・税込)※プロジェクト終了は2021年11月29日(月)予定
サイズ:25×25×40cm
重量:8.5kg
処理時間:2~4時間
容量:2L
脱臭方式:活性炭フィルター
発送:2022年2月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/nagualepURL

 
source: 応援購入サービス「Makuake」URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す