旅の+one

お札やカードを包んで収納する財布は、胸ポケットにすっぽり!15枚も紙幣が入り、30通りカスタマイズ可能

 
▼あわせて読みたい
もうお会計でもたつかない!使いたいカードがスッと出せる6mmの極薄財布。胸ポケットにかさ張らず収まる

 
キャッシュレス時代にふさわしい、コンパクトな革製財布「Wrap Wallet(ラップウォレット)」の先行販売が、応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて開始した。米国のクラウドファンディング「kickstarter(キックスターター)」で16,000ドル(約1,700万円)を達成した注目の商品だ。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
「Wrap Wallet」を生み出したのはアメリカの町工場Thread&Leather(スレッド&レザー)社。同社の革職人が旅行の際、紙幣の違いに合わせて財布を使い分けることに煩わしさを感じ、「紙幣が違っても変えなくてよい、コンパクトで持ち運べる財布」を1年間かけて開発した。

 

 
▼あわせて読みたい
財布に入る極薄エコバッグで持ち忘れを防止!3秒で折りたたみ完了、収納抜群なミニ財布とセットで登場

 
「Wrap Wallet」は胸ポケットに入るほどのコンパクトさにもかかわらず、紙幣15枚、カード3枚を収納することができる。また、アメリカのドルやヨーロッパのユーロ、日本の円など全ての紙幣のサイズに対応しているため、国によって財布を変える必要がない。

 

 
製作はアメリカ革職人による完全ハンドメイド。使いやすさを追及し、非常にシンプルで洗練されたデザインとなっている。また、高品質なレザーを使用していることも人気の理由の一つだ。職人が選び抜いた末に辿り着いたという、ヤギ革を素材にしている。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
「Wrap Wallet」は一つ一つが手作りのため、自分好みのオーダーが可能。購入時に好きな糸とレザーの組み合わせを選ぶことができる。その数なんと30通り。黒のレザーに黒のステッチでシンプルに決めてもよし、黒のレザーに赤のステッチでスタイリッシュに決めてもよし。自分好みにカスタマイズできるのも大きな魅力だ。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
さらなるカスタムをしたい人のために、自分で縫ってオリジナルの「Wrap Wallet」を完成させることができる「DIYキット」も販売している(切り抜きレザー、糸、針のセット)。愛着がわく、自分だけのコンパクト財布でキャッシュレスライフを軽やかに楽しめそうだ。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
▼あわせて読みたい
レシート専用ポケットで、スッキリ整理できる財布。領収書がハミ出さず、カード収納も十分なのにコンパクトサイズ

 

Wrap Wallet(ラップウォレット)
先行販売価格:4,980円~19,000円(税込)※プロジェクト終了は2021年6月29日(火)予定
販売サイト:https://www.makuake.com/project/wrapwalletURL
Webサイト:http://sumo56.comURL

 
source: PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す