旅の+one

ウイスキーの美味しい飲み方を徹底解説!甘くて飲みやすいカクテルレシピも

ウイスキーの最大の魅力は、原料や産地、製法などの違いによって生まれる香りや味わいの多様さ。飲み方を変えれば、その幅はさらに何倍にも広がり、楽しみが増す。カクテルを含む、さまざまなウイスキーの飲み方を紹介しよう。

 
この記事では、
 
・ウイスキーの基礎知識
・基本の飲み方とそれに合うタイプ
・飲み方別ウイスキーグラス
・ウイスキーベースのカクテル
 
について詳述する。

 

ウイスキーとは何か?

ウイスキーは、大麦、ライ麦、小麦、オート麦、トウモロコシなどの穀物を原料とし、糖化・発酵・蒸留を経て得られた原酒を木樽に入れて寝かせてつくる。「木樽で寝かせる」のがウイスキーの大きな特徴である。同じく樽熟成を行うブランデーとは原料が異なる。ごく簡単に言えば、ビールを蒸留して樽熟成したものがウイスキー、ワインを同様の手順で仕立てたものがブランデーだ。

 

モルトとグレーン

大麦麦芽(モルト)のみを原料とするウイスキーを「モルトウイスキー」という。一方、トウモロコシや小麦、ライ麦など大麦以外の穀類も使って造るウイスキーを「グレーンウイスキー」という。製法上にも違いがあり、モルトウイスキーが単式蒸留器で蒸留されるのに対し、グレーンウイスキーは連続式蒸留器で蒸留される(例外もある)。原料と製法の違いにより両者の味わいにも違いが生まれる。モルトウイスキーは複雑で深みのある味わいを持つのに対し、グレーンウイスキーはクリーンで軽快な味わいを持つ。

 

シングルモルトとブレンデッド

「シングルモルト」とは、単一の蒸留所で造られたモルトウイスキー(モルト原酒)のみを瓶詰めしたもの。通常は、同一蒸留所内の原酒を複数混ぜて“蔵の味”を出している。これに対し、一つの樽の原酒だけを瓶詰めしたものを「シングルカスク」という。

 
「ブレンデッド」は、複数の蒸留所で造られたモルト原酒とグレーン原酒を数種類から、多い場合には数十種類もブレンドし、それを瓶詰めしたもの。ジョニーウォーカーもシーバスリーガルもサントリーオールドも、有名銘柄の大半はブレンデッドだ。ブレンデッドはブレンダーの職人技によって、常に高いレベルで「銘柄らしい味わい」が保たれる。バランスがよく、飲み飽きしないものが多いことが特徴。
 
上記二つのタイプのほかに、以下のようなタイプがある。

 
・シングルグレーン
単一の蒸留所で造られたグレーンウイスキーだけを瓶詰めしたもの。
 
・ブレンデッドグレーン
複数の蒸留所のグレーンウイスキーをブレンドして瓶詰めしたもの。
 
・ブレンデッドモルト(ヴァッテッドモルト)
複数の蒸留所のモルトウイスキーをブレンドして瓶詰めしたもの。

 

ウイスキーのアルコール度数について知っておく

飲み方の話をする前に、ウイスキーのアルコール度数について説明しておきたい。一般的にウイスキーのアルコール度数は40~43%。通常、この度数になるよう、原酒に加水して調整している。カスクストレングス(樽出し原酒をそのまま瓶詰めしたもの)など、より高いアルコール度数で製品化される場合もある。ワインがだいたい12~14%、日本酒が15~16%、ウイスキーと同じ蒸留酒である乙類焼酎(本格焼酎)は25%前後が主流となっている。比べてみると、ウイスキーのアルコール度数がいかに高いかがわかるだろう。

 
もちろん、ストレートで飲むのはウイスキーの大きな楽しみだが、長く、たくさん飲める飲み方ではない。氷や水、ソーダ、お湯を加えてアルコール度数を調整することで、飲みやすくなり、食事とも合わせられるようになる。それに、なんといっても原酒とは別の顔を楽しめるのだ。加水の割合もさることながら、氷やお湯で温度を変えることでもウイスキーの味わいは大きく変わることを知っておくとよい。

 

基本の飲み方9種

ストレート

水もソーダも加えず、文字通りストレートにウイスキー本来の味わいを楽しむ飲み方。ゆっくりと時間をかけ、香りと味と余韻を酒躯(ボディ)やアルコール感と共に堪能したい。小ぶりのグラスにウイスキーを注ぎ、チェイサー(水)と共にじっくりと楽しむ。チェイサーは重要。ウイスキーをひと口飲むごとに水を飲むことで、体内のアルコール濃度を下げ、また口中をリセットすることができる。つまみはナッツやドライフルーツ、チョコレートなどがよい。複数のウイスキーの飲み比べをするのにも適している。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
ブレンデッドからシングルモルトまであらゆるタイプ。特に長期熟成させたもの。
「バランタイン17年 ブレンディッド」

 

トワイスアップ

ウイスキーを常温の水で1:1の割合で割る飲み方。グラスにウイスキーとミネラルウォーターを半量ずつ注ぎ、ステアして飲む。ストレート以上にウイスキー本来の風味を味わうことができると言う人もいる。実はブレンダーは通常、ウイスキーをアルコール度数20%程度に希釈したものでテイスティングを行う。そのくらいの濃度が一番そのウイスキーの香味の特徴を把握しやすいのだ。つまりこの飲み方は、プロのテイスティングの際の飲み方と同じ。グラスはワイングラスのように口がすぼまったものがよい。ポイントは水を冷やさぬこと(冷やすと、感じにくくなる風味がある)。アルコール度数を抑えることで飲みやすくなるという利点もある。また、好みによって、水の比率を増減することで、自分にピッタリ合った飲み口を探すこともできる。加工肉や魚介類の燻製、肉料理などにあわせることができる。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
ブレンデッドからシングルモルトまであらゆるタイプ
「ザ・マッカラン12年 シングルモルト」

 

水割り

1950年代に始まった高度経済成長時代にはスナックやバーにウイスキーのマイボトルをキープし、水割りで飲むのが大流行した。グラスにたっぷりと氷を入れ、ウイスキーを注いでステアする。そこにミネラルウォーターを加え、再びステア。水の量はウイスキーの2倍から2.5倍が目安。水割りは割水の質によって味が大きく変わってしまう。割水は硬度の低い軟水が望ましい。硬水だと苦味が立ってしまう。食中酒としてさまざまな料理にあわせることができる。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
バランスのよいブレンデッドやシングルモルト
「グレンフィディック12年スペシャルリザーブ」

 

オンザロック

オンザロックにする主たる目的はウイスキーを冷やすことだ。が、“副産物”として、氷の美しい姿、グラスの中で氷が立てるカランという音が加味される。ぜひ上等なグラスを使いたい。グラスに大きめの氷を2、3個入れ、グラスの半分くらいまでウイスキーを注ぐ。軽くステアして、ウイスキーと氷を馴染ませる。ストレートと同様に、ウイスキー自体を楽しむ飲み方と言える。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
味・香りともに強めのバーボン
「ジャックダニエル」

 

ハーフロック

氷を入れたグラスにウイスキーとミネラルウォーターを半量ずつ注ぎ、ステアして飲む。つまり前出のトワイスアップに氷が加わった飲み方である。ウイスキーの香りと味をマイルドに引き出して楽しむ。トワイスアップと同様に加工肉や魚介類の燻製、肉料理などにあわせることができる。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
繊細なフレーバーを持つシングルモルト
「サントリー 白州 シングルモルト」

 

ハイボール

ウイスキーのソーダ割。ウイスキー1に対してソーダ3~4が一般的な比率だが、自分の好みやウイスキー銘柄ごとの“黄金比率”を見つけてほしい。クラッシュアイスでグラスを満たし、そこにウイスキーとソーダを注いで泡が消えない程度に軽くステアするのが一般的な作り方だが、氷が溶けることによって中身の味が薄くなるのを防ぐために、グラスもウイスキーもソーダもよく冷やしておいて、氷はなしで作る方法もある。またレモンやライム、ミントを添えて、カクテルとして供する店もある。時と場所を選ばず、また和・洋・中・エスニック等々さまざまな食事にあわせることができる。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
香りが華やかで味わいに軽快さのあるブレンデッド、またはピートの効いたアイラ島のシングルモルト
「カナディアンクラブ」「ボウモア12年」

 

ミスト

ミストは「霧」。グラスの外面に白い結露が付き、冷涼感がある。オンザロックよりもさらに冷えていることが特徴。グラスにクラッシュドアイスをたっぷり入れ、30~45mlのウイスキーを注ぐ。マドラーでしっかりと混ぜる。レモンピールを搾りかけ、レモンはこのままグラスの中に。個性派のシングルモルトやバーボンよりも、穏やかな味わいのブレンデッドがあう。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
穏やかな味わいのブレンデッド
「ニッカ フロム・ザ・バレル」

 

ウイスキーフロート

ウイスキーを水に浮かべる(フロート)飲み方。一口ごとに変化する香りや味わいを楽しむ飲み方。ウイスキーと水が二層になって、見た目にも美しい。グラスに氷を入れる。水を7分目まで注ぐ。そこにウイスキーを静かに注ぐ(マドラーに沿わすとよい)。混ぜないで飲む。まず、ウイスキーの香りを楽しむ。そっとグラスに口をつけてストレートウイスキーの味わい、続いてオンザロック、さらに水割りと、3段階の味の変化を楽しむ。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
香りや味わいに強さと複雑味のあるシングルモルト
「ザ・マッカラン12年 シングルモルト」

 

お湯割り

実は冬場の気温が北海道よりも下がるスコットランドやアイルランドでは定番の飲み方。水割りに比べ、ウイスキー比率が低くても香りが良く立ち、味わいのデリケートな部分もよく感じられる。ウイスキーとお湯の比率は1:2から1:4程度が望ましい。お湯の温度は80℃が目安。好みでレモンピールやシナモンなどのスパイスを加える。冬場にナイトキャップとして薄めのホットウイスキーを飲むと、寝つきがよくなる。

 
〈好適なウイスキーのタイプ〉
クセのないアイリッシュやメローな香りのバーボン
「タラモアデュー」「メーカーズマーク」

 

飲み方に合ったウイスキーグラスを選ぶ

グラスの形状や厚みでウイスキーの味わいが変わってくる。また飲み方によっても適したグラスは異なる。

 

ストレートグラス

テイスティングに使われることからテイスティンググラスとも呼ばれる。口のすぼまったチューリップ型をしていて、ウイスキーから立ち上る香りを閉じ込める。手指の温もりが中身に伝わらないよう、ステムがついているものが多い。

 
〈好適な飲み方〉
ストレート

 

ショットグラス

アメリカ映画のバー・シーンでお馴染み。ウイスキーをストレートで飲むための容量約30ml~60mlの小さなグラスだ。ただし映画のようにクイっとあおるのではなく、ちびりちびりと舐めるように味わうのが正しい。

 
〈好適な飲み方〉
ストレート

 

タンブラー

シンプルな形状のタンブラーはいろいろな飲み物に広く使われる。容量はさまざま。ハイボール用にはやや大きめ、チェイサー用には小さめを。

 
〈好適な飲み方〉
ハイボール、水割り、ホットウイスキー

 

ロックグラス

オンザロックには容量200~300mlで、口径は広く、底は厚く、ずっしりと持ち重りのするロックグラスがよい。ゆっくりと氷が溶けていくのにつれて、ウイスキーの味わいが変化していく。カットのないシンプルでスタイリッシュなものか、優美なカットが施されたものかで雰囲気も大きく変わる。

〈好適な飲み方〉
オンザロック、水割り

 

ハーフロックグラス

あまり一般的ではないが、ロックグラスとタンブラーの中間的な形状の、ハーフロック用グラスがある。

 
〈好適な飲み方〉
ハーフロック、オンザロック

 

ホットウイスキーグラス

耐熱性ガラスを使ったもの、ダブルウォールで保温性を高めると同時に手に伝わる熱を抑えるものなどがある。把手が付いたマグ形状のものも。

 
〈好適な飲み方〉
ホットウイスキー

 

ウイスキーベースのカクテル12選

レシピにはバリエーションがあり、またバーテンダーによっても異なる。ここの記すのは数多あるバージョンのなかのあくまでも一例。

 

ミントジュレップ

バーボン・ベースの冷たいロングカクテル。競馬のケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクとして名高い。

 
・バーボン 45~60ml
・ミントの若芽 3~6本(飾り用も含む)
・砂糖 小さじ1~2
・ミネラル・ウォーターまたはソーダ 20~30ml
タンブラーにミントと砂糖と水(またはソーダ)を入れる。ミントはバースプーンで潰して香りを出し、砂糖はよく溶かす。バーボンを注ぎ、クラッシュドアイスをいっぱいに詰めてステアする。最後にミントを飾る。

 

スコッチコリンズ

イギリス・ロンドンの伝説的なバー「ジョンコリンズ」が考案したスコッチカクテル。元々はジンをベースにしていたが、いつしかスコッチウイスキーをベースにするようになった(ジンベースのほうは「トムコリンズ」と呼ばれている)。やや甘めだが、シロップの量を調整することで、すっきりとした味わいにすることもできる。

 
・スコッチウイスキー 60ml
・レモンジュース  20ml
・シュガーシロップ 10ml
・ソーダ 120ml
ソーダ以外の材料をシェイクしてグラスに注ぎ、氷を加えてからソーダで満たし、軽くステアする。

 

ハイランドクーラー

スコッチウイスキーをベースにした、アルコール度数13%ほどのすっきりした飲み口のカクテル。名前の元になっているハイランド地方のウイスキーで作りたい。

 
・スコッチウイスキー 45cc
・レモンジュース 15cc
・砂糖 小さじ1杯
・アンゴスチュラ・ビターズ 2ダッシュ
・ジンジャーエール 適量
ジンジャーエール以外の材料をシェイクし、氷の入ったグラスに注ぐ。ジンジャーエールを加え、軽くステアする。

 

ラスティネイル

甘味が特徴的な強めのカクテル。ブレンデッドウイスキーに蜂蜜やハーブを配合して造るリキュール「ドランブイ」を用いる。名前が意味するところの「錆びた釘」は、セピア色をしたその色合いからきている。

 
・スコッチウイスキー 30ml
・ドランブイ 30ml
ミキシンググラスに材料を入れ、ステア。

 

オールドファッションド

角砂糖と柑橘を使ったバーボンカクテル。発祥には諸説あるが、古くからイギリスで飲まれていた「ホットウイスキートディー」のレシピと似ていることから、ノスタルジックな意味合いでこの名が付いたとの説がある。

 
・バーボン 45ml
・ビターズ 2ダッシュ
・角砂糖 1個
ロックグラスに角砂糖を入れ、ビターズをふりかけて染み込ませる。グラスに氷を入れ、バーボンを注ぎ、スライスオレンジ、スライスレモン、マラスキーノチェリーを飾る。

 

ゴッドファーザー

1972年に公開された映画『ゴッドーファーザー』に因んで創作された。アーモンドの香りのイタリア産リキュール、アマレットが甘味とナッティな風味を加える。アルコール度数は35%とやや高め。

 
・スコッチウイスキー 45cc
・アマレット 15cc
・氷  少々
氷を入れたグラスにウイスキーとアマレットを入れ、軽くステアする。

 

マンハッタン

マリリン・モンロー主演の映画『お熱いのがお好き』で有名になったカクテル。「カクテルの女王」と呼ばれる。考案者はチャーチル元英国首相の母親との説もある。真っ赤な色合いから甘いイメージが湧くが、甘さと苦味を併せ持つ。ベルモットの種類によって味わいが変わる、ミステリアスなカクテル。

 
・カナディアンウイスキー 45ml
・スイートベルモット 15ml
・アンゴスチュラビターズ 1ダッシュ
材料をミキシンググラスに入れ、ステア。カクテルグラスに注ぎ、マラスキーノチェリーを飾り、仕上げにレモンピールを搾る。

 

ニューヨーク

ライウイスキーかバーボンウイスキーで作る。そのアンバーがかったオレンジの色合いは、夕方ニューヨークの港から出港する客船から眺める夕景を表しているとの説がある一方で、それは日の出の色合いだという説もある。

 
・ライウイスキーまたはバーボン 45ml
・ライムジュース 15ml
・グレナデンシロップ 小さじ1/2杯
・パウダーシュガー 小さじ1杯
材料をシェークしてカクテルグラスに注ぐ。オレンジピールを搾りかける。シェーカーの中にオレンジスライスを1枚入れてシェークすると一層香り高くなる。

 

ロブロイ

イギリス・ロンドンのサヴォイ・ホテルのバーテンダー、ハリー・クラドックが同ホテルで開催される聖アンドリューズ祭りのパーティーのために考案した。その名は18世紀スコットランドの義賊ロバート・ロイ・マグレガーの通称である「ロブ・ロイ」に由来。ロブ・ロイの物語は映画化もされている。材料のスコッチをライウイスキーかバーボンに変えると「マンハッタン」になる。

 
・スコッチウイスキー 3/4
・スイートベルモット 1/4
・アロマティックビターズ 1ダッシュ
材料をステアし、カクテルグラスに注ぐ。マラスキーノチェリーを飾る。

 

オリエンタル

フィリピンで熱病にかかったアメリカ人のエンジニアが現地の医師に助けられ、そのお礼にレシピを贈ったというエピソードが残る。オレンジ色のカクテルの中に沈められたマラスキーノチェリーはマニラ湾に沈む夕日を模しているとも。

 
・ライウイスキー 30ml
・スイートベルモット 10ml
・ホワイトキュラソー 10ml
・ライムジュース 10ml
材料をシェークし、カクテルグラスに注ぐ。マラスキーノチェリーをグラスのそこに沈める。

 

アイリッシュコーヒー

アイリッシュウイスキーをベースにコーヒーを使ったカクテル。寒い季節の定番カクテルである。1942年、アイルランド南西部、シャノン川河口にあった水上飛行場のパブで、旅客のために考案された。アイリッシュウイスキーの代わりにスコッチを使うと「ゲーリック・コーヒー」になる。

 
・アイリッシュウイスキー 30ml
・ホットコーヒー 適量
・角砂糖 2、3個、またはブラウンシュガー 適量
・生クリーム 少量
グラスにホットコーヒーを注ぎ、角砂糖もしくはブラウンシュガーを入れる。ウイスキーを注ぎ、ステアする。生クリームをフロートさせる。

 

ホットウイスキートディー

寒い日に飲んで、体と心を温めたいカクテル。さまざまなレシピがある。トディ(toddy)とは、ウイスキーやスピリッツに甘みを加え、水で割る飲み方。ホットウイスキートディーの場合は70~80℃のお湯で割る。甘みの元は砂糖、ジャム、マーマレード、蜂蜜、シロップなど多様。ここにオレンジやレモンのスライス、シナモンやクローブなどのスパイス、ミントなど好みのフレーバーを加える。

 
・ウイスキー 45ml
・お湯 適量
・角砂糖 1個
・レモンスライス 1枚
・シナモンスティック 1本
温めたグラスに角砂糖、ウイスキー、お湯を入れてステア。仕上げにスライスしたレモンとシナモンスティックを入れる。

 

奥深いウイスキーの世界を幅広く楽しみたい

ウイスキーの多様な飲み方について理解を深めていただけただろうか。飲み方次第でウイスキーは食前、食中、食後と、あらゆるシチュエーションにフィットする。気分や場面に合った飲み方をチョイスして、ウイスキーをより身近に楽しんでもらいたい。

 

関連記事

EDITORS RECOMMEND~編集部のおすすめ~

キーワードで記事を探す