旅の寸景

流氷ウォーク【このまち探訪】

文/ナイキミキ(ジャングル・ジャパン)

流氷がつくりだす 大自然のパワーを間近で感じる

オホーツク海に面し、冬ともなれば極寒の地として知られる知床・斜里町。原始さながらの自然を今に残す幻想的な知床五湖や知床連山のダイナミックなパノラマ、流氷など、厳しくも美しい知床の冬の自然の様は、訪れるものを魅了する。アムール川でつくられた流氷は、ゆっくり南下して1月頃に知床半島に接岸。流氷の圧力は凄まじく、知床半島の断崖絶壁はこの流氷の浸食作用によってつくられたものだという。流氷の絶景はウトロ周辺のフレペの滝(乙女の涙)やプユニ岬から見ることができる。アクティビティーへの参加もお勧めだ。

 
なかでも流氷ウォークは、専用スーツを着てウトロ海岸の美しい白銀の氷原を歩くツアー。白銀の海上を歩くという想像を超える体験もさることながら、間近で流氷を観察することで、大自然のパワーや、流氷がつくりだす美しい色などを体感できるのが魅力。さらに、浮力のあるドライスーツに身を任せ氷の海に浮かぶと、ラッコなど海獣の目線で流氷を楽しむこともできる。頭上を回旋するオオワシやオジロワシ、流氷の天使・クリオネと遭遇することもあるそうだ。高い保温性と浮力を兼ね備えたブーツ一体型のスーツを、洋服の上から着用するので着替えも簡単。寒さも気にならないというから安心だ。雄大なオホーツク海の流氷の上から、全く新しい角度で自然を体感する人気のアクティビティー。一度は体験してみたい。

 

斜里郡斜里町へのアクセス

map

 

シンラ(知床自然ガイドツアー株式会社)
電話:0152-22-5522
URL: www.shinra.or.jp

 

(SKYWARD2020年1月号掲載)
※記載の情報は2020年1月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 
 

関連記事

RANKING

キーワードで記事を探す