旅ごはん

北海道の美味しさを詰め込んだ「オホーツク北見塩焼きそば」の発祥地【クルーのお気に入り】

食の宝庫、北海道。今回は老舗「ホテル黒部」にある、ご当地グルメ「オホーツク北見塩焼きそば」発祥の「レストラン シェルブルー」をご紹介します。

 
北見市は晴れの日が多いのですが、夏は35度前後まで暑くなり、冬は−25度前後まで冷え込みます。その気候と風土から、全国一の生産量を誇るタマネギや、身の引き締まったホタテが有名です。これらの食材をギュッと詰め込んだのが、オホーツク北見塩焼きそばです。熱々の鉄板にもちもちの太麺、大きなホタテ、タマネギや男爵イモなどがゴロリと盛られ、見ているだけで気持ちが高ぶります。そしてお店の方が目の前で“魔法の水”をかけると、ジューッという音とともに香ばしい匂いが広がり、さらに食欲をそそられます。

 
北海道をひととおり楽しんだ友人にも「この美味しさは新発見!」と喜ばれた一品です。魔法の水の正体は何か、美味しさの秘密を探りに足を運んでみてください。

 

江森遥日 Haruhi Emori
北海道エアシステム
客室乗務員
出身地:北海道
趣味:登山、舞台鑑賞

 

レストラン シェルブルー(ホテル黒部内)
電話:0157-23-2251
住所:北海道北見市北7条西1-1
営業時間:11:00~20:30(L.O.19:45)
休日:年末年始
URL:www.hotel-kurobe.co.jp/restaurant/

 

(SKYWARD2021年4月号掲載)
※記載の情報は2021年4月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す