旅の+one

七草粥を1月7日に食べる意味、由来は?七草の種類と五節句を解説

1月7日は七草粥の日。春の七草を入れたおかゆを食べ、無病息災を願う習慣に、子どもの頃から慣れ親しんでいる方も多いことだろう。でも、そもそも七つの野草がどんな理由で選ばれているのか、七草粥がいつから食べられているのかなど、その詳細を答えられるだろうか?

 
この記事では、

 
・七草粥の由来と作法
・春の七草の意味
・五節句の行事食

 
について紹介する。

 
七草粥の背景を正しく理解したうえでいただく一杯は、これまで以上にありがたいものとなるに違いない。

 

七草粥って何?その由来は?

 

七草粥の成り立ちを知る

七草粥は春の野草を入れたものだ。年の初めに、芽が出始めたばかりの春の野草を摘む「若菜摘み」の風習は、古くから日本にあったといわれている。今でもふきのとうを目にすると「美味しそう!摘みたい!」と感じる気持ちは、日本人のDNAなのかもしれない。

 
一方、大陸側に目を転ずると、中国には1月7日の「人日(じんじつ)」に7種の若菜を熱々の吸い物にして食し、邪気を払うという風習があった。この中国の風習と、日本古来の若菜摘みの習慣が結びつき、1月7日に七草を食べるようになったと考えられている。

 
この人日、実は桃の節句や端午の節句と並ぶ「五節句」の一つであり、年を新たにしてから初めて迎える節句。そんな節目にあることを噛み締めながらいただくと、感慨もひとしおだ。

 
また平安時代、初子(はつね)の(新年最初の子の日)に、野に出て若松を引いたり若菜を摘んだりして遊ぶ貴族の風習と、7種あるいは12種の若菜を天皇に供する「供若菜(わかなをくうず)の儀」が、宮中で七草を食べる行事となり、七草の習慣の原型となったともいわれる。

 
古くは、中国同様に七草を「羹(あつもの)」と呼ばれる熱い吸い物に仕立てていたが、室町時代あたりからお粥に入れて食べるように変わっていったそうだ。

 

七草粥を食べる意味と正しい作法

こうして現代の生活に脈々と受け継がれている七草粥。いまでは正月三が日を過ぎると、早々にスーパーマーケットの野菜売り場に七草が並び始めるが、正式には1月7日の朝に、無病息災を願って食べるものだ。

 
しかも早朝に作るのではなく、前日6日の夜から7日の朝にかけて、一刻ごとに七草を1種類ずつたたき、細かくしていくのが正式な作り方ともいわれる。酉の刻(17時~19時頃)から順に、酉・戌・亥・子・丑・寅・卯のそれぞれの刻に1種類ずつたたき、辰の刻(7時~9時頃)から煮て食べるというわけだ。まさか一晩かけて作るものだったとは!

 
また、七草を刻むときに、「唐土の鳥が渡らぬ先に……」などと唱える地域もあるという。これは小正月の「鳥追い」の行事と結びついた風習だ。

 

正月疲れの胃を癒やす風物詩

由来はさておき、ごちそうが並ぶ年末年始を過ごし、濃い味付けのおせち料理を食べ終えた後の胃は、ややお疲れ気味。そんなタイミングに七草粥をいただくのは、とても理にかなっているようにも思える。現代にも七草粥の風習が根強く残っていることには、「胃腸を休める」という七草粥の効能もおおいに関係しているのではないだろうか。

 

春の七草、全部言えますか?

 
スーパーマーケットなどで七草一式がセットで売られるようになった現代では、七草を野山で摘んだり、個別に入手する人はほとんどいないだろう。とはいえ、7つの野草の種類はぜひ覚えておきたいものだ。

 
七草とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの若菜のこと。これらの和製ハーブがどんな植物なのか、一つずつ見ていこう。

 

セリ(芹)

紀元前から中国で野菜として食され、日本でも『日本書紀』に芹の名が登場するほど、古くから親しまれている。「競り勝つ」という縁起のいい意味を持つ。

 

ナズナ(薺)

ペンペン草としてお馴染みの野草。「ナズナ」という名前の由来は、「なでたいほど可愛い菜」だともいわれている。小さくて白い可憐な花をつける姿は、まさにその名の通り。また、「撫でてけがれをとる」の意味を持つ。

 
江戸時代、7種をすべて入れる七草粥は庶民にとっては縁遠いものだった。当時は貴重な野菜だったナズナを主役に、1、2種を入れて作ることが多かったそうで、夜に七草を刻む音のことを「薺打つ(なずなうつ)」と言い表すこともある。

 

ゴギョウ(御形)

母子草(ハハコグサ)のこと。3月3日の桃の節句の際に、母子の人形を飾って母子餅を供えて食べたことから、御形(形=人形のこと)というようになったという。「仏様の体」というありがたい意味も持つ。

 

ハコベラ(繁縷)

ハコベ、特にコハコベの古名。身近な野草で、小鳥のエサなどにも使われる。子孫繁栄の意味を持つ。

 

ホトケノザ(仏の座)

小鬼田平子(コオニタビラコ)のこと。植物の形状が、仏像の台座に使われる蓮の花が開いた形に似ていることからこの名がつけられ、縁起がいい植物とされる。

 
現在「ホトケノザ」として一般的に知られている植物は、七草のホトケノザとは全く別のシソ科の植物。

 

スズナ(菘)

カブのこと。「神様を呼ぶ鈴」の意味を持つ。どんな土地でも育つ強さがあり、栄養価も高い。かつて中国で諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)が広めた野菜として知られることから、「諸葛菜」の別名がある。

 

スズシロ(蘿蔔)

ダイコンのこと。「鏡草(カガミグサ)」とも呼ばれる。平安時代にはほかの宮中儀式にも用いられており、日本人と長い付き合いの野菜。「けがれのない白」の意味を持つ。

 
ちなみに、これら春の七草を使ったものとは別に、「七種粥(ななくさがゆ)」という食べ物もある。これは正月15日に宮中で食べられていた粥で、米、アワ、キビ、ヒエ、ミノ、ゴマ、小豆の7種類の穀物を入れたもの。今でも小正月に食べられる小豆粥の原型とされる。

 
また、秋には「秋の七草」が存在するが、これはお粥にして食すものではなく、月見などの際に飾って、目で見てその美しさを愛でるもの。ハギ(萩)、ススキ(薄)、クズ(葛)、ナデシコ(撫子)、オミナエシ(女郎花)、フジバカマ(藤袴)、キキョウ(桔梗)の7種を指す。

 

五節句に食べるものとは?

 
七草粥が「人日の節句」の食べ物であるなら、そのほかの節句ではどんな料理を食べる風習があるのだろう?日本には節句や行事と結びついた行事食が数多ある。

 
春のお彼岸にぼたもちを、秋のお彼岸におはぎをいただく習慣もその一つだし、近年は、西日本の風習だった「恵方巻き」が全国区で食べられるようになるなどの変化も見られる。

 
旬の食材と結びついた季節感溢れる行事食は、守るべきしきたりというよりも、四季の変化を愛でる日本らしい食の愉しみでもある。七草粥を機に、五節句それぞれの行事食を知り、自分の暮らしにも取り入れてみよう。

 

桃の節句

人日の節句の次に来るのは、3月3日の「上巳(じょうし)の節句」「桃の節句」。今では女の子の成長を願う「雛祭り」として定着している。この日は、縁起のよい具材(えび、レンコン、豆、干し椎茸、かんぴょうなど)を入れたちらし寿司、夫婦円満の象徴である二枚貝のハマグリなどを食卓に並べるのが一般的。

 
また、よもぎ餅、引千切(ひちぎり)、雛あられ、菱餅などが雛祭りのお菓子として知られる。

 

端午の節句

5月5日は「端午の節句」。「重五(ちょうご)の節句」や「菖蒲の節句」ともいい、男の子の成長を願う「こどもの日」として祝日にもなっている。

 
端午の節句の食べ物といえば、粽(ちまき)。特に西日本で盛んな風習で、中国由来の行事食だ。関東地方では柏餅を主に食べる。地域によっては柏の葉のかわりに山帰来(さんきらい)の葉を用いるところもある。

 

七夕の節句

7月7日は「七夕の節句」「笹竹の節句」。織姫と彦星の物語で知られるが、この年の豊作を願う節目でもある。

 
七夕といえばそうめん。そうめんを食べる風習は、江戸時代には広く行われていたそう。この季節に行われる小麦の収穫に感謝するため、そうめんの流れる様子が天の川に見えるから、そうめんの細い麺を織姫が紡ぐ糸に見立てて、などの説がある。

 
七夕について詳しくはこちら

「七夕」にまつわる食べ物と由来を解説!ちらし寿司やそうめんを食べる理由とは?

 

重陽の節句

9月9日は「重陽の節句」。現在の暦では10月の半ばにあたる日取りで、日本では「菊の節句」「栗の節句」ともいわれる。また、稲刈りの時期にも当たる地域では「刈り上げ節句」ということも。

 
食用菊をつかった料理、栗ご飯、秋ナスを食すほか、菊を模した上生菓子「着綿(きせわた)」もこの季節のものだ。

 
重陽の節句について詳しくはこちら

9月9日「重陽の節句」はどんな日?菊を楽しむ秋の節句 由来や行事食を知る

 

七草粥をきっかけに、日本の風習に親しもう

一杯のお粥の背景をひもとくと、かくも奥深き日本古来の風習を知ることができる。時を越えて受け継がれてきた日本のならわしと、そこに込められた先人の思いを、季節の食べ物をいただく喜びとともに感じてみてはいかがだろうか。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す