旅の+one

地上50階、東京を見下ろしながら贅沢ワーケーション!人気外資系ホテル・アンダース東京でロングステイ

東京の新たなランドマーク・虎ノ門ヒルズ内に位置し、ハイアットグループが手がける日本初のラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」。開業以来初となるロングステイプラン、“ホテルに暮らすように滞在する” 「My Week at Andaz(マイ ウィーク アット アンダーズ)」の提供を3月31日(水)までの期間限定で開始した。

 
自分好みの部屋をチョイスして快適な長期滞在ができる「My Week at Andaz」は、7泊8日133,000円。1日あたり19,000円のロングステイプランとなる。

 
高速インターネット利用が全館無料のためリモートワークでの利用はもちろん、“My Room”のように自分好みにアレンジして滞在を楽しめる要素が盛り込まれており、新しいスタイルのホテルステイ「ウィークリー レジデンス体験」を楽しめる。

 

 
「アンダーズ 東京」の客室は、虎ノ門ヒルズ 森タワー47~50階に位置するが、本プランではタワービュー(東京タワー側)、パークビュー(皇居・日比谷公園側)、ベイビュー(東京湾・レインボーブリッジ側)、シティービュー(新宿・赤坂側)と、360度から好きな景色の客室(約50平方メートル)をセレクト可能。

 
客室は、随所に和のテイストを取り入れ、壁には襖を、照明には行燈を彷彿させるデザインを施しており、日本の五右衛門風呂をイメージさせる深くゆとりのある浴槽など内面からくつろげる温かみのある空間は、まるで自宅にいるかのような心地よい滞在ができる。

 

 
自宅のような寛ぎを楽しめるようにと、数々の無料サービスも用意されている。客室ミニバーのソフトドリンクやスナック、市内通話、Wi-Fi接続はすべて無料で利用可能。また、音楽ストリーミングサービス・Spotifyでホテルオリジナルのミュージックを提供する。

 
虎ノ門エリアで70年以上続く、老舗「きや」のあられや、ミニエクレアなどのスイーツも用意されており、全客室に設置のコーヒーマシーンと高音質のスピーカーでお好きな音楽を流しながら、思い思いのカフェタイムを楽しめる。

 

 
コーヒー、紅茶などのソフトドリンクやスナックを自由に楽しめる、24時間利用可能な宿泊者専用ラウンジ「アンダーズ ラウンジ」も開放。17~19時のイブニングタイムには、ワインなどのアルコールやカナッペが提供される。

 
さらに、仕事前後などリフレッシュしたい時には、37階のプール・フィットネスエリアも無料で自由に利用することができる。

 

 
ルームフレグランスとして、ホテルオリジナルのアロマミストで人気の桜、稲穂、柚子の3種類を用意。滞在中自分の部屋を好きな香りで満たすことができる。

 
また、一日の終わりにはホテルオリジナルのバスソルトで至福の入浴タイムを満喫。就寝時は、好きな種類の枕でゆっくりと休むことができる。

 

 
宿泊者限定の、虎ノ門エリアの新旧の魅力やホテルの魅力を満喫できる、参加無料の数々のアクティビティも用意されている。コンシェルジュによる館内のアートワークを楽しむツアーや、地上約250mに位置する通常一般開放していないテラスから東京の夜景を満喫するツアー、ホテルに長期滞在する上で知っていたら便利な情報が詰まった近隣を案内する「虎ノ門 再発見ツアー」など、毎日異なるユニークで刺激的なアクティビティを体験できる。

 

 
自分好みにアレンジして滞在を楽しめる要素が随所に盛り込まれた新しいスタイルのホテルステイ。“帰るころには地元を離れるかのように”というブランドコンセプトに掲げる「アンダーズ 東京」ならではの魅力を満喫し、仕事にプライベートにとフル活用してみたい。

 

アンダーズ 東京「My Week at Andaz(マイ ウィーク アット アンダーズ)」
電話:03-6830-1234
住所:東京都港区虎ノ門1-23-4 虎ノ門ヒルズ森タワー
期間:~2021年3月31日(水)※1日5室(10名様)限定 ※24時間前までの予約
価格:7泊8日133,000円(1室2名様まで。税・サービス料別) ※7泊ごとの滞在限定プランと(7泊、14泊、21泊、28泊単位)
プラン特典:ホテル直営レストラン&ルームサービスご利用時15%OFF
Webサイト:https://www.andaztokyo.jp/restaurants/jp/special/detail/36URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す