旅の+one

家飲みに朗報!飲みきれなかったワインが、自動で美味しいまま保存できるストッパーが登場

千葉県を拠点に海外のワクワクする商品を紹介する「S-CREA」は、飲みかけワインの酸化を防ぐ画期的な全自動ワインストッパー「CREA」のクラウドファンディングを、2021年2月より応援購入サービス「Makuake」にて開始した。

 
昨年来の生活の変化で「おうち時間」が増え、「家飲み」の機会が増えたという声をよく聞くが、なかでもワインは自分の好みに合わせてさまざまな味わいが楽しめるため、安定した人気を保っている。ただし、ワインは一度開栓してしまうと、味や風味が変化してしまうのが難点。

 
そこで「S-CREA」では、ワインボトル1本を飲み切れずに翌日以降に持ち越す人が、次に飲んだ時も「美味しい!」と感じられる自動のワインストッパーを日本に上陸させ、家飲みをより快適にしたい!と、このプロジェクトをスタートさせた。

 
全自動ワインストッパー「CREA」は、飲みかけワインのボトルにストッパー(ワイン栓)を差し込み、本体をセット。スケールをくるっと回転させるだけで、ボトル内の空気を自動で吸引し、酸化を防いでくれる。

 

 
しかも、内圧を自動感知するので、時間経過により内部に空気が入り圧力が低くなっても、再び自動吸引を行い内部の圧力を保ってくれる。

 

 
本体ストッパーには温度・保存日数のLCD(液晶ディスプレイ)表示機能付き。本体側面のボタンを押すと、ボトル内の温度を表示してくれるので、飲み頃の温度も手軽に確認できる。また、本体セット時からの保存日数も自動カウントされるので、保存開始から何日経ったのか一目でわかる。なお、本体の充電は付属のUSBケーブルで簡単に行え、1度の充電で約35回の吸引が可能だ。

 

 
ワインだけではなく、ボトルの口さえあえば、日本酒や焼酎などにも対応が可能。酸化することで味や風味が変化してしまう、デリケートなさまざまな飲み物の保存に活用できる。

 
自宅で一人、あるいは家族など、少人数でお酒を味わうことが多い昨今。せっかくの美味しいワインを飲み残すことに躊躇を覚えることもあるが、全自動ワインストッパー「CREA」があれば、そんな心配もない。お気に入りのワインをはじめ、さまざまなお酒をじっくり味わえるのは、ワイン通はもとより多くの家飲み派には朗報といえるだろう。

 

全自動ワインストッパー「CREA」
先行販売価格:9,930円(税込) ※プロジェクト終了は2021年3月20日(日)18:00まで
商品内容:本体1個+ワイン栓2個
発送:2021年6月末までの発送予定
販売Webサイト:https://www.makuake.com/project/creaURL

 
source:@PressURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す