旅の+one

運動不足解消!80段階のギアを自動調整する“最先端スマートバイク”は、70種類以上のコンテンツが楽しめる

 
▼あわせて読みたい
コンパクトで音も気にならない次世代ルームランナー。ソファ下に折り畳んで収納OK、最高時速10kmの本格派

 

 
70種類のコンテンツと、80段階のギアで最適なトレーニングができるAIバイク「RENPHO AI スマートバイク」が、クラウドファンディング「GREEN FUNDING」にて販売を開始した。

 
自宅で楽しく体をブラッシュアップできるトレーニングマシン「RENPHO AI スマートバイク」。対応アプリと内蔵されたコンピューターが細かいところまで調整し、一人ひとりにあわせた最高のトレーニングプランを提供する。早速その特徴を紹介しよう。

 

 
まずは、70種類以上の無料コンテンツで飽きずにトレーニングが継続できる点だ。専用アプリの「AI Gym」を連動させると、トレーナーと一緒にモチベーションを保ちながら運動できるビデオコーチクラスや、筋力・持久力アップに特化したパワートレーニング、世界中のきれいな景色を臨場感たっぷりに駆け巡れるチャレンジコースなど、さまざまなコンテンツをすべて無料で楽しむことができる。

 
▼あわせて読みたい
旅不足&運動不足を一気に解消!アメリカの街を仲間と旅できる最新ルームバイクは、自動で負荷がかかる優れもの

 

 
2つ目に、トレーニングに最適な負荷を実現する80段階のスマートギアだ。負荷を調整する内蔵ギアには、プロスポーツ選手が使うトレーニングマシンにも取り入れられている電動式のスマートギアを採用。

 
80段階の負荷をコンテンツ内容と使う人の体力にあわせて自動で調整してくれるので、無理のないトレーニングを難しい設定なしに簡単に続けることができる。また、臨場感ある走り心地を実現するために、新技術「フリーホイールペダル」を採用している。

 
▼あわせて読みたい
夏までに痩せる!薄~く畳んで持ち運べるダンベルで、どこでも本格トレーニングが実現。2~14キロまで調節可能

 

 
3つ目に、さまざまなアプリに対応している点だ。世界中で大人気のサイクリングアプリ「Zwift」にも対応しており、自宅にいながら世界中のユーザーとゲーム感覚でリアルな競争を楽しむことができる。

 

 
最後に、その使いやすい設計にも注目したい。サドルとハンドルの位置は自由自在に調整できるようにデザインされている。ハンドルは上下に240mm、サドルは上下に228mm、前後に63.5mm調整可能。愛用の自転車に合わせて調整するもよし、より体を動かしやすい姿勢を見つけるのもよし、使い勝手のいいマシンになっている。

 
リモートワークや外出自粛などで、体を思いっきり動かす機会が減ってきた昨今。おうち時間で運動不足を解消してはいかがだろう。

 

RENPHO AI スマートバイク
先行販売価格:54,800円~69,800円(税込) ※プロジェクト終了は2021年10月31日(日)を予定
発送予定:2022年1月下旬
サイズ:1020×510×1250mm
重さ:約35kg
最大積載量:120kg
適応身長:150~190cm
対象年齢:15~70歳
対応アプリ:RENPHO AI Gym App、Kinomap、Zwift、FulGaz、Rouvy、XERT、The Sufferfest、Peloton
接続方法:FTMS Bluetooth
負荷方式:電動モーター式
ギア(抵抗段階):80段階
抵抗力範囲:0~40Nm
入力:AC100-240V、0.6A、50/60Hz
出力:12V/1.5A
フレーム素材:炭素鋼
ボディ素材:ABS
同梱物:RENPHO AI スマートバイク 本体 ×1、説明書、組み立て器具 ×1
※PSE認証および技適認証は取得済み。
※タブレット端末は付属無し。
Webサイト:https://greenfunding.jp/gloture/projects/5098URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す