旅の+one

ホテル顔負けのサービスを受けられる「アウトドアホテル」誕生!温泉や星空観賞も快適

2020年11月と12月に、長野県安曇野市(あずみのし)と大町市それぞれにアウトドアホテル「TENAR The Outdoor Hotel(テナール ジ アウトドア ホテル)」が誕生した。オープンを記念し、クラウドファンディングサービス「Makuake」では、二つのフィールドでお得なサービスが受けられる会員権の販売をスタート。開始当日に170%を達成するほど注目を集めている。

 

 
「アウトドアホテル」とは、大自然の素晴らしさを感じながら、ホテルクオリティの客室でフルサービスを受けることができる新しい宿泊施設のこと。

 
焚き火後の温泉やルームサービス、悪天候時にはロビーやレストランを利用できるなど、アウトドアの魅力を最大限に生かしつつ、グランピングを越えるラグジュアリーな体験ができるのが魅力だ。

 
「TENAR」という造語は、広さ100㎡を表す10a(テンアール)が由来。境界のない広い屋外空間を独り占めしているような、これまでと異なるアウトドアを満喫できる。

 

 
宿泊キャビンは、外の景色と一体感のある専用モバイルハウス。高断熱高気密に設計されており、withコロナの生活が求められるこれからの時代にマッチしたプライベートな空間だ。

 

 
食事や温泉、マッサージといったホテルサービスに加え、焚き火、ウェルカムドリンクなどをキャビンで堪能。プライベートシアター設備も整っており、自然のなかで思いのままに過ごすことができる。

 

▲TENER 安曇野穂高ビューホテルフィールド。

 
芸術の町として知られる安曇野市内の老舗リゾートホテルとコラボした「TENAR 安曇野穂高ビューホテルフィールド」では、専属アウトドアガイドによるプライベートバーや焚き火など、アウトドア体験を楽しめる。

 

▲TENAR 大町温泉郷 織花フィールド。

 
「TENAR 大町温泉郷 織花フィールド」では、大町温泉郷にある人気旅館とコラボ。アウトドアに和モダンを取り入れたキャビンが特長で、積雪の多いこの地では、特別感のあるウィンターアウトドアステイを楽しめる。

 
「Makuake」では、二つの新フィールドのオープンを記念した限定会員権と、有効期限6カ月の割引チケットを販売。購入期間は3月5日(金)までなので、気になる人は早めにチェックしてほしい。

 

TENAR The Outdoor Hotel(テナール ジ アウトドア ホテル)
クラウドファンディング掲載終了:2021年3月5日(金)予定
Makuake限定 TENAR会員権 3,000円 (税込)
10,000円 宿泊割引チケット:6,000円(税込)~
20,000円 宿泊割引チケット:13,500円(税込)~
30,000円 宿泊割引チケット(連泊限定):17,000円(税込)~
Webサイト:https://www.outdoorhotel.jpURL
販売Webサイト:https://www.makuake.com/project/outdoorhotelURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す