旅の+one

水族館で宇宙旅行!?最新テクノロジーを取り入れた期間限定水族館が横浜にオープン

神奈川県横浜市の大型商業施設「横浜ワールドポーターズ」に、日本初となる宇宙×アクアリウムをコンセプトにしたアクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」が、2020年12月22日(火)から2021年8月22日(日)までの期間限定でオープンした。

 

 
アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」は、既存の商業施設に建設した、新しいスタイルの水族館。映像システムや音響、光、プロジェクションマッピングなど最新のテクノロジーを取り入れ、光・影・水・音・香・動・生・驚の8つの演出を提供するエンターテインメント空間だ。

 

 
「天空のアクアリウム ソラキン」「金魚ミュージアム」をはじめ、アクアリウムを水の惑星と称し、奇抜かつ奇才なアイデアで数々のアーティストとコラボレーションしてきたGA☆KYO(がきょう)率いるアクアリウムクリエイター集団「UWS」が、光と反射の空間を創造。

 
そのほか、「スマートイルミネーション横浜」「明治神宮鎮座百年祭奉祝」など多数の作品を生み出してきた、光と影の空間を創りだすアート集団「MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)」や、ガラスを素材とした美術・装飾品、屋外型インスタレーション作品などを手がける生田目礼一(なまためれいいち)氏をはじめ、多くの気鋭のアーティストたちが参加していることも大きな話題となっている。

 

 
地球から第38惑星への旅をテーマに、ROOM1~5をさまざまな体験をしながら巡るのがコンセプト。地球からのワープ、ミニチュアアクアリウムによるUNDER WATER SPACE星のイメージトレーニング、危険で可愛い異生物が多数生息しているエリア、100万年に一度開催される水の惑星パーリーナイトを開催中の第38惑星UNDER WATER SPACE星、そして地球への帰還と、イメージ豊かな宇宙旅行を楽しめる。

 
既存の水族館のイメージを打ち破る異次元空間に身を置けば、五感を大いに刺激され、リフレッシュすることができるだろう。

 

アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」
住所:神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ 4F
時間:10:30~21:00(最終入場 20:00)
開催期間:2020年12月22日(火)~2021年8月22日(日)
料金:大人1,200円(中学生以上)、子供(小学生以下)600円、小学生未満無料
Webサイト:http://uws-yokohama.jp/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す