旅の+one

空気を入れるだけ!1分で組み立てられるテント。ポンチョにもなるから雨の日も安心

 
▼あわせて読みたい
放り投げるだけ、30秒で完成するテント!家族で入れる広々サイズなのに、片付けも簡単で一人で持ち運べる

 
1分で組み立てられるテント「Zelter Shelter(ゼルターシェルター)」が登場。テントとしてだけではなく、なんとポンチョとしても着られるというから驚きだ。応援購入サービス「Makuake」にて、2021年6月23日(水)まで販売している。

 

 
テントの設営は、支柱となるエアバッグに空気を入れて膨らますだけ。フレーム建てやロープ張りなどのセッティングは一切必要なく、1人でも約1分でソロテントを設営できる。ペグも付属するため、転倒の心配もない。

 

 
テントからポンチョへの切り替えも約1分で完了。移動中に急な雨に見舞われた際にも活躍する。また、トレッキングポールとペグ4本を用意することで、タープシェルターとして使うこともできる。

 
▼あわせて読みたい
手持ちのテントにかけるだけでOK、夏でも外より15度も涼しい!完全遮光・UVカット99.9%で自宅並みに快適

 

 
テント・ポンチョ・タープの3WAY仕様だが、テント本来の機能性も十分。簡易型テントでありながら、国際基準であるISO 9001:2015に準拠している。

 

 
生地には、耐久性・耐摩耗性・耐寒冷性・引張強度に優れたナイロンを使用。75デニールという超極細繊維で織り上げ、薄くしなやかな生地に仕上がっている。繊維の隙間がほとんどないため、撥水性や防風性にも優れているという。

 

 
さらに、テントの性能を示す耐水圧は10K(10,000mm)で、1時間あたり30mm程度の降水量なら十分にしのぐことができる。また生地の透湿性がRet12あるため、通気性が良く、テント内が蒸れにくい。

 

 
居住性も一般のテントと遜色なく、高さ1×幅1.1×奥行2.3mと、身長180cmの大人でも十分な空間を実現した。足が窮屈にならないよう、足元部分は広々とした設計となっている。

 

 
本体の重さは1.5Lのペットボトルと同等の約1,420g。専用のドライバッグに収納することで、サイズは40×18×18cmのコンパクトサイズになる。

 

 
このドライバッグにも防水加工が施されているため、一時的に水を運ぶ際にバケツ代わりに使用したり、空気を入れて簡易枕にしたり、浮き輪として遊ぶことも可能だ。

 
ソロキャンプやトレッキング、防災用具としても活躍する3WAYテント。少しでも軽量化して出掛けたいシーンで大活躍するだろう。

 
▼あわせて読みたい
雨も虫も入ってこない!車とぴったり連結できるテントなら車中泊が快適に楽しめる

 

Zelter Shelter(ゼルターシェルター)
先行販売価格:22,620~62,640円(税込)※プロジェクト終了は2021年6月23日(水)予定
サイズ:2.3×1.1×1.0m、収納時40×18×18cm
重量:1.42kg(単体)、1.58kg(ドライバッグ、ペグ込)
素材:75Dナイロン
付属品:専用撥水バッグ、専用ペグ(杭)3個
発送:2021年11月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/zelter/ URL

 
source:応援購入サービス「Makuake」 URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す