旅の+one

年末年始におすすめの日本酒10選|極上の純米大吟醸を紹介

一年のしめくくりとなる年末や新しい年を迎えるお正月、お祝い事などのハレの日には、本当にうまい日本酒が飲みたい!……でも、どれを買ったらいいの?と迷ってしまう方も多いだろう。

 
特別な日だからこそ、いつもよりも上等な日本酒を。ならばここは「純米大吟醸」から選んでみよう!酒蔵のこだわりが詰まった純米大吟醸には、個性的で上質な日本酒が揃っている。種類が豊富だからこそ、知っておきたい基礎知識やおすすめをご紹介する。

 
・純米大吟醸とは?日本酒の種類の基礎知識
・1度は飲みたい極上の純米吟醸酒10選
・プレミアム日本酒はどうやって購入する?

 
最高の純米大吟醸で、ぜひ日本酒の真髄を堪能してほしい!

 

純米大吟醸とは?日本酒の種類の基礎知識

 
「日本酒」とは米、米こうじ、水などを原料に発酵させ、濾(こ)したお酒。アルコール度数は22度未満という決まりがあり、日本国内で作られたものが「日本酒」と呼ばれる。

 
日本酒のラベルには、「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」など様々な表示があるが、製造方法や原料によって分類は異なる。醸造アルコールが添加されているかどうか、米こうじの使用割合、原料となる米がどのぐらい精米されているかを示す「精米歩合」などで、表示が分けられる。

 
「純米大吟醸」とは、白米、米こうじ、水のみを原料として作った純米酒で、醸造アルコールは添加されていない。米の精米歩合は50%以下とされ、さらに製法は「吟醸造り」であることが特徴。吟醸造りとは、吟味した材料や酵母などを、低温でゆっくりと発酵させてつくられ「特有な芳香を有する」もの。

 

 
そんな「純米大吟醸」には、酒蔵の個性や技術、こだわりが詰まった銘柄が多く、繊細な味わいや、ワインやフルーツのような華やかな香りを楽しめるものも。なかにはこれまでの日本酒とは違うアプローチで造られるものもあり、例えば香りのよさを楽しむためにワイングラスで飲んだり、ロックで飲んだり、なかにはシャーベット状のものなど、新しい楽しみ方が広がっている。

 
また、材料を吟味し、手間をかけていることもあり、価格は全体的に高め。生産量も少なく、手に入れにくいプレミアムな銘柄もある。一方では、大吟醸に特化したり新しい技術を導入することで、手に入りやすくうまい酒を目指す酒蔵もある。

 
知れば知るほど奥深い、「純米大吟醸」の世界。ではさっそく、究極の日本酒を見ていこう!

 
日本酒の種類や特徴についてもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

日本酒の種類を知りたい!味や香りの特徴・合う料理も紹介

 

1度は飲みたい極上の純米大吟醸酒10選

ここからは編集部がおすすめする極上の「純米大吟醸酒」をご紹介していく。

 
なかなか手に入らない幻の日本酒から、誰もが知っているような有名酒蔵のおすすめなど、「1度は飲んでみたい」と思えるような日本酒を揃えた。

 
手土産やプレゼントにも最適な純米大吟醸10選。もちろん日本酒初心者にも、試してほしいおすすめの10本だ。もし迷っているなら、ぜひ参考に。

 

間違いなしの王道!迷ったらまずは|久保田 萬寿 純米大吟醸(新潟県)

▲出典:朝日酒造URL

 

朝日酒造(新潟県)
税込参考価格:1,800ml 8,921円/720ml 4,004円
原料米:麹米 五百万石/掛米 新潟県産米
精米歩合:麹米 50%/掛米 33%
アルコール度数:15度

 
日本酒好きでもそうでなくても、多くの人が知っている「久保田」は、1830年創業の新潟県長岡市の酒蔵「朝日酒造」で造られている。「久保田」は1985年に誕生した銘柄だが、それまでの「甘口で濃厚」な日本酒のイメージとは違い、キレのある「淡麗辛口」という新たな方向性を打ち出し、人気となった。現在「久保田」には「萬寿」や「千寿」など16種類が展開されているという。

 

▲出典:朝日酒造URL

 
純米大吟醸「久保田 萬寿」は、精米歩合が33%と磨いた米を使用しており、キレがありながらも柔らかで深みのある味わいが人気。香りは華やかでフルーティー。飲み方は香りをしっかりと楽しめる冷酒か常温がおすすめだ。天ぷらや、鯛などの魚料理にもよく合う。

 
また萬寿には「自社酵母仕込」や冬限定の「無濾過生原酒」などのラインアップもあり。気に入ったなら、他のラインを比べながら味わっていく楽しさがある。記念日や節目の行事の贈り物としてもぴったりな日本酒だ。

 

世界で愛される大吟醸|獺祭 純米大吟醸45(山口県)

▲出典:旭酒造URL

 

旭酒造(山口県)
税込参考価格:1,800ml 3,421円/720ml 1,738円/300ml 743円
原料米:山田錦
精米歩合:45%

 
日本だけでなく世界にもファンが多い「獺祭(だっさい)」は山口県の旭酒造で造られている。旭酒造で醸される日本酒のほとんどは純米大吟醸だ。そのため精米歩合などの違いがそのまま「獺祭」のラインナップとして展開され、純米大吟醸であっても、手に入れやすい価格帯が多い。

 
こちら「獺祭 純米大吟醸45」は精米歩合が45%の純米大吟醸酒。遠心分離機を導入し無加圧状態でもろみを搾るなど、新しい技術も導入している。日本酒初心者にもはっきりとわかるほどの華やかな香りと、豊かで軽やかな味わいは記憶に残るはず。

 
旭酒造は「おいしい酒・楽しむ酒」を目指し、生活の道具として楽しめるお酒を造っているという。酒造りのこだわりはもちろんだが、大切にしているのは、暮らしの中でもおいしいと楽しめるお酒。「獺祭」の圧倒的な人気は、その思いに直結しているともいえる。

 

軽やかなロングセラー|上善如水 純米大吟醸(新潟県)

▲出典:白瀧酒造URL

 

白瀧酒造(新潟県)
税込参考価格:1,800ml 5,500円/720ml 2,750円/300ml 943円
原料米:国産米
精米歩合:45%
アルコール度数:15度以上16度未満

 
1855年に創業した越後湯沢の白瀧酒造。「上善水如(じょうぜんみずのごとし)」は、1990年、淡麗辛口の日本酒全盛の時代に、水のような日本酒を理想にかかげ、軽やかな味わいで登場し、今なお人気のロングセラー。さらりとしていて、とても飲みやすく、日本酒初心者にもおすすめだ。

 
なかでも純米大吟醸の「上善水如」は、華やかな香りに、口の中でゆっくりと広がる豊かな味わいが特徴的。香りを楽しめるように、冷やして飲むのがおすすめ。新潟県内のお米を原料に、精米歩合は45%となっている。牡蠣料理、アボカドとエビのサラダ、ちらし寿司など、繊細な味わいの海鮮系のお料理にもぴったり。おせち料理にも間違いなく合う。

 

ワイングラスで味わいたい重厚な日本酒|勝山 暁(あかつき)純米大吟醸(宮城県)

▲出典:勝山酒造URL

 

勝山酒造(宮城県)
税込参考価格:720ml 12,100円
原料米:山田錦
精米歩合:35%
アルコール度数:16%

 
江戸時代から続く宮城県仙台市の勝山酒造。1週間にタンク1本を仕込むという贅沢な製法で、独自の日本酒をつくり出している。

 
まるでワインボトルのように重厚なたたずまいの「勝山 暁(あかつき)」は、兵庫県産の最上格付の山田錦米を35%まで削り、丁寧に醸した純米大吟醸酒。遠心分離によるしぼり技術により、低温で抽出し、純でふくよかな香りを生み出している。また、ワイン界の巨匠ロバート・パーカーによる、日本酒版パーカーポイントではなんと95点の高評価を獲得したことも。

 

▲出典:勝山酒造URL

 
どっしりと重厚感のある味わいなので、旨味の濃い食材、ブリなどのお刺身、お寿司などにも合う。肉料理やフレンチにもおすすめ。冷やして、または常温で、ぜひワイングラスで香りを楽しんでほしい。お正月や賑やかな席で、こだわりや味わいについて語り合いたくなる、盛り上がる日本酒だ。

 

幻の酒米「雄町」の魅力を知る|愛友純米大吟醸 備前雄町(茨城県)

▲出典:愛友酒造URL

 

愛友酒造(茨城県)
税込参考価格:1,800ml 5,500円/720ml 2,800円
原料米:備前雄町
精米歩合:50%
アルコール度数:15%

 
茨城で1804年に創業した「愛友酒造」。“四海皆兄弟”を社是に「互いに心を開いて酒を酌み交わせば、世界の人々は、皆、兄弟のように睦みあえる」との精神を受け継いできた。

 
「愛友純米大吟醸 備前雄町」は、岡山県産の酒米「雄町(おまち)」を使用した大吟醸。この「雄町」は、100年以上前から栽培されている酒米で、「山田錦」や「五百万石」のルーツともいわれている。栽培が難しく、酒造りでもコントロールが難しいとされ、一時は幻の酒米と呼ばれた。「雄町」を使った日本酒を愛する「オマチスト」と呼ばれるファンもいるほど。

 
「愛友純米大吟醸 備前雄町」は、南部杜氏・多田一郎によって仕込まれ、2016年には「SAKE COMPETITION」で純米大吟醸の部で第一位を獲得している。「雄町」らしい、ふくよかな味わいは、常温がおすすめ。少し冷やしたり、ロックで味わうのもいい。

 

遊び心溢れる本格派|ゴールド人気 純米大吟醸(福島県)

▲出典:人気酒造URL

 

人気酒造(福島県)
税込参考価格:1,800ml 2,860円/720ml 1,386円/300ml 660円
精米歩合:50%
アルコール度数:15度

 
1897年創業の福島県の「人気酒造」は、現代の食生活にもあうような、カジュアル大吟醸やスパークリング日本酒など、新しい酒を積極的に生み出している。新しい試みに挑みながらも、日本酒のほとんどは木製の大桶で発酵させ、タンク貯蔵ではなく瓶で貯蔵を行うなど、手間をかけた酒造りにこだわっている。さらには精米歩合60%以下で、低温発酵による吟醸しか造らないという。

 
こちら「ゴールド人気 純米大吟醸」は、しっかりとした味わいで人気だ。ほんのりと甘いけれども、軽やかな辛口で、料理に合わせやすい。冷酒か常温で、香りを堪能してほしい。2012年には、ノーベル賞のパーティーでふるまわれ、2019年には「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で金賞を受賞している。ワイングラスでもぜひ試してほしい。

 

シャーベット状で味わう長期熟成酒|純米大吟醸 銀河鉄道(愛媛県)

▲出典:千代の亀酒造URL

 

千代の亀酒造(愛媛県)
税込参考価格:1,800ml 22,473円/720ml 11,374円/180ml 2,871円
精米歩合:40%
アルコール度数:16%

 
1716年より続く愛媛県の千代の亀酒造「純米大吟醸 銀河鉄道」。おすすめの飲み方は、日本酒のイメージを覆す「シャーベット状」!マイナス18度以下で保存されており、飲む時には半分ほど解凍し、瓶をシェイクしてシャーベット状にするという。

 
また、千代の亀酒造は「田園風景を守る」ことを掲げており、720mlのお酒を1本購入することで、稲10束が守られるという。歴史ある蔵元でありながら新しい日本酒にも挑戦し、地元の米作りも大切にしながら、昔ながらの丁寧な日本酒を造っている。

 
「純米大吟醸 銀河鉄道」では、地元契約栽培での農薬未使用米から、大粒のものを選び、中心部を使用している。昔ながらの槽搾り(ふなしぼり)で醸され、低温で長期熟成されている。香りがよく、まろやかな味わいで、カルパッチョやお刺身、牡蠣やアサリなどにもよくあう。シャーベット状でいただくという珍しい日本酒なので、祝い事の集まりなどで、ぜひ賑やかに楽しんでほしい。

 

平成の大ブレーク以降入手困難に|飛露喜 純米大吟醸(福島県)

▲出典:マツザキURL

 

廣木酒造本店(福島県)
税込参考価格:720ml 2,970円
原料米:山田錦
精米歩合:麹米 40%/掛米 50%
アルコール度数:16.1%

 
福島県で江戸中期に創業した廣木酒造本店。9代目の蔵元により生み出された「飛露喜(ひろき)」は、なかなか手に入らないといわれるほど人気の日本酒だ。「飛露喜」は「無濾過生原酒」での販売からはじまり、その後は、研究と技術の追求を重ね、さらに難しい火入れを行う酒も展開し今なお大人気。火入れの回数が少ない「生詰め」の商品も多く、味わいを大切にしている銘柄だからこそ、飲み手側も、冷蔵保存されたベストな状態のものを味わいたい。

 
純米大吟醸の「飛露喜」は吟醸酒ならではのフルーティーな香りと、透明感のある味わい、酸味のバランスが絶妙。限定本数で出荷されるため、もし出会ったならぜひ飲んでみてほしい。存在感のあるお酒なのでワイングラスでいただくのもいい。特別な日に選んでほしい、記憶にのこる日本酒だ。

 

老舗酒蔵から生まれた至福の酒|而今 純米大吟醸(三重県)

▲出典:木屋正酒造URL

 

木屋正酒造(三重県)
税込参考価格:1,800ml 11,000円/720ml 5,500円
原料米:伊賀産山田錦
精米歩合:40%
アルコール度数:16度

 
三重県の伊賀盆地で1818年に創業した木屋正酒造。創業時からの築200年の蔵があり、昔ながらの製法で酒造りをしている。2005年に6代目の蔵元が自ら杜氏となり醸した「而今(じこん)」は、酒蔵を代表するブランドになっている。

 
この而今という言葉には「過去にも囚われず未来にも囚われず、今をただ精一杯生きる」という意味がある。地元の伊賀産の山田錦を使用し、麹も手作り、お米も手作業で少しずつ丁寧に洗っているという。そしてゆっくりと発酵させることで「而今」らしい、フレッシュでジューシーな味わいを生み出している。さらに純米大吟醸では「袋吊り」という伝統的な製法を用いて搾っている。人気銘柄で、なかなか出会えないかもしれないが、日本酒好きにも、初心者にもぜひおすすめしたい銘柄だ。

 

日本を代表する「幻の酒」|十四代 純米大吟醸 七垂二十貫(山形県)

▲出典:アマゾンURL

 

高木酒造(山形県)
税込参考価格:1,800ml 11,000円
原料米:愛山
精米歩合:40%
アルコール度数:15度

 
日本酒好きにとって、憧れの銘柄である「十四代」は、創業1615年の山形の高木酒造が醸す幻の酒。特約店での抽選販売や、限定販売などで手に入れられたなら、本当にラッキーだ。なかには定価の数倍以上のプレミア価格で販売されるケースもあるので、保管状態や、適正な価格かなどを吟味して、慎重に選んでほしい。

 
こちら「十四代 純米大吟醸 七垂二十貫(しちたれにじっかん)」は、「十四代」のラインナップの中でもさらに希少な純米大吟醸酒。この「七垂二十貫」は、高木酒造での大吟醸揚げふね時のたれ歩合、粕歩合を表したもので、現代でいう「雫酒」の量を意味しているという。つまり、20貫(75kg)のお米からとれるお酒がわずか7垂(たれ)との希少さを表している。日本酒好きはもちろん、誰もがその味わいに魅了されてしまう、1度は飲んでみたいお酒だ。

 

プレミアム日本酒はどうやって購入する?

 
では「十四代」をはじめとする、プレミアムブランドの日本酒はどうやって入手することができるのだろうか?

 
まずは、手に入れたい銘柄の特約店を探して、こまめにチェックしてみよう。特約店では、品質管理をしっかりと行い、蔵元が決める適正な定価で販売している場合がほとんど。最近では入手困難な銘柄は、高額で転売されるケースが増えているため、特約店でも販売を制限していることもある。オンライン販売や、抽選販売、会員限定の販売を行なっているお店もあるので、信頼できる店が見つかったなら、こまめに通って情報を入手するのがおすすめだ。

 

 
もう一つは、日本酒が飲めるバーなどで、希少な人気酒に出会えるケースも多い。料理と一緒に幻の酒を味わうのもおすすめだ。たとえ一杯だけでも、贅沢な時間となるはず。

 
また、オンラインショップなどで、プレミア価格で販売されている場合は、品質管理がなされているかをしっかりとチェックしてほしい。手間をかけ丁寧に作られる日本酒は、流通時や保管時の管理によって、味わいが変化してしまう。そのため、希少だからこそ、しっかりと品質管理された最高の状態で味わってほしい。

 
出会えたならぜひ味わってほしい「幻の酒」。それを求めて、希少な銘柄や特約店について調べるうちに、きっとお気に入りの日本酒専門店に出会えるはず。本記事では「純米大吟醸」を特集したが、同じ銘柄でも季節によって様々なラインが販売されていたり、地域によって酒店おすすめの名酒もあるはず。一年を通じて日本酒の世界を探求するのも面白い。暮らしの中で、気軽に日本酒を楽しんでみてほしい。

 

最高の純米大吟醸で、日本酒の真髄を味わってほしい(まとめ)

 
日本全国に様々な酒蔵があるからこそ楽しめる、多様な日本酒の世界。種類が多いからこそ、間違いのない一本を選ぶのが難しい、と感じてしまう人も多いはず。

 
「純米大吟醸酒」は、厳選された素材に製造方法、じっくりと手間をかけた、酒蔵を代表する日本酒だ。本記事でご紹介したものは、どれも1度は飲んでみたいものばかり。

 
また、海外での日本酒の評価は年々高まっており、純米大吟醸酒の価値はとくに高まっている。日本にいるからこそ出会える貴重な「純米大吟醸酒」も多くある。価格や希少さだけではなく、自分の味覚と感覚で、プレミアムな日本酒を発見するのも楽しい。

 
ぜひ、賑やかな年末年始の集まりや、記念の日や特別な日に、「美味しい!」と記憶に残る日本酒を選んでほしい。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す