とっておきの話

「ワクワク」を届ける機内ノベルティグッズ【地上のお仕事図鑑】

皆さまは、子どもの頃に機内で飛行機グッズをもらって、ワクワクした思い出はありませんか?お子さま向けの機内ノベルティグッズには「ワクワク」をお届けするためのこだわりがたくさん詰まっています!今回は、そんなこだわりや企画・開発過程の一部をご紹介します。

 
毎年5~7種類を導入しているお子さま向けノベルティグッズは、夏の繁忙期だけでも数十万個お渡ししている人気の高い機内サービスアイテムです。しかし、私が企画・開発担当になった5年ほど前までは、ノベルティグッズは「持ち帰っていただけない(機内に置いたまま)」が当たり前の光景であり、課題の一つでした。

 
もっと「ワクワク」をお届けできるよう、まずはお子さまの目線、ご家族の目線、それぞれの「目線」を徹底的に意識することから始めました。例えば、客室乗務員の協力を得て機内でのお子さまの反応をフィードバックしてもらったり、お子さまのご搭乗が多いハワイ路線などでアンケートを実施したり、家族目線を意識するために社内のパパ・ママ社員の声を調査したりしました。

 
それによって生まれたのが、「安全面に配慮したワクワクするノベルティグッズ」です。誤飲のないサイズ、舐めても安全な材料の使用、角の丸みなどの形状はもちろん、玩具であれば必ず日本玩具協会が定める玩具安全基準「STマーク」を取得しています。

 
グッズの開発には約1年の期間が必要です。一からコンセプトを考え、製造会社に依頼し、数十回に及ぶサンプルのチェックと修正を重ねます。特に印象深いのが、FSC認証(*)のブナの木を使った飛行機の製作です。「森に優しいおもちゃを選ぼう」というコンセプトで製作しましたが、素材・デザイン・色・形・サイズなど、木で飛行機の形を表現するには多くの制限があり、試行錯誤しました。そうして作り上げたアイテムを喜んでいただけたときが、私自身最も感動する瞬間です。

 
「お子さまの空の旅が一生の思い出になってほしい」「おうちに帰っても使い続けてほしい」「大人になっても二世代・三世代とつながるおもちゃになってほしい」。そういった思いを込めて、企画・開発をしています。お子さまとご搭乗予定のある方は、ぜひJALオリジナル機内ノベルティグッズをお楽しみになさってください。

 

(*)環境、社会、経済の便益にかない、きちんと管理された森林からの製品を目に見える形で消費者に届け、それにより経済的利益を生産者に還元する国際的な森林認証制度。当内容はFSC®プロモーションライセンス(FSC®N003038)を得て記載しています。

 
meeting

左/ノベルティグッズ開発の様子。話し合いながら、コンセプトやアイテムを決めていきます。右/今年度採用されたアイテムがズラリ。お子さまに喜んでいただけるようなアイテムを毎年開発しています!

 
mr.shiotsuka
塩塚健司 Kenji Shiotsuka
JAL 商品・サービス企画本部 開発部
機内食オペレーション室 品質管理グループ
出身地:長崎県
趣味:ゴルフ

 

(SKYWARD2019年12月号掲載)
※記載の情報は2019年12月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 
 

関連記事

RANKING

キーワードで記事を探す