旅の寸景

スーパームーンと夜祭り花火

文・撮影/KAGAYA

スーパームーンとは

月は地球の周りを回っていますが、その軌道は円ではなく、楕円です。そのため地球との距離は一定ではなく少し近づいたり遠ざかったりしています。最も近づいたタイミングが満月のとき、スーパームーンと呼ばれます。

 

スーパームーンと花火

こちらの写真はスーパームーンと夜祭り花火の共演です。

 
「スーパームーン」は近年耳にするようになった新しい言葉です。

 
いつもより大きく明るい満月、と聞くと何か特別なもののようにも思えますが、
実のところ普段の月との違いは肉眼ではっきりとわかるほどではなさそうです。

 
スーパームーンでなくても満月は驚くほど明るく大きく見えることがあります。

 
昇ったばかりの赤く大きな姿を見つけてワクワクしたり、
明るい月に見守られているような気がして勇気づけられたり、
私にとっては何度見ても満月は驚きの存在です。

 
撮影地:埼玉県

 
KAGAYA
プラネタリウム映像クリエイター。星景写真家としても人気を博し、写真集などが多数刊行されている。フォロワー数80万人超えのTwitterでは、星空の魅力や情報を日々わかりやすく伝えている。
Twitter:@KAGAYA_11949

 

(SKYWARD2020年9月号掲載)
※記載の情報は2020年9月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す