旅ごはん

世界チャンピオンのバトンピッツァ【フォーリンデブはっしーの おうちでグルメツアー】

グッドデブニ〜ング!フォーリンデブはっしーです。
おうちで過ごすことが求められているなか、三度の食事が唯一の楽しみ、という人も多いと聞きます。旅に行きたくても行けない、レストランに行きたくても行けない。であれば、少しでも旅した気分に浸りながら、レストランの美味しさを自宅でも楽しめれば! ということで今回も始まりました、デブリシャスな「テイクアウト」「デリバリー」「お取り寄せ」のグルメをご紹介する、フォーリンデブはっしーのおうちでグルメツアー Vol.3。

 

世界チャンピオンが企画

shop

 
今回の舞台となるのは、恵比寿にある「ES Classico(エス クラッシコ)」というナポリピッツァのお店。こちらの店主・小曽根美佐夫シェフは、イタリアで開催されたナポリピッツァの世界大会で2度の優勝経験を持つ、世界チャンピオン。ナポリなどのミシュランガイド掲載店で7年半にわたっての修業経験もあり、現地の美味しさを忠実に日本で再現することを信条に、日々、石窯の前で奮闘されています。

 
owner

 
そんな世界チャンピオンの小曽根シェフが、このコロナ禍の状況を受けて企画開発したのが、「希望のバトン」と名付けた、バトン型のピザです。おうちで食べられることはもちろん、営業に苦しんでいる全国のピッツェリアが同じようにマネして提供できるように、作り方を隠すことなくYouTubeで公開したり、自身のお店だけではない社会貢献の気持ちも、このバトンに託しています。

 

全国発送できる冷凍ピザ

batonpizza

 
そんなバトンピッツァは石窯で焼いた後、急速冷凍しているので、おうちで解凍したら、レンジでチンするだけ。 保存がきき、手軽に食べられるのも魅力の一つです。 店頭でのテイクアウトやデリバリーも可能ですが、電話注文で全国発送も受け付けているので、全国どこでもこのステキなバトンを受け取ることができますね。

 
ES Classico

 
お味は5種類あり、今回はそのなかから3つをチョイス。輪切りにしてお皿に並べることで、まるで食卓に花が咲いたような可愛らしさもあります。 食べるのがもったいない……とは思いつつも、そこは気にせず食べてしまうのが、DEBUとしての本能。ピザは熱々が一番なので、お花に見とれているヒマもなく、即いただきます……!

 

食べ比べできる楽しさ

batonpizza

 
【マルゲリータ】(1,000円)
一番人気の「マルゲリータ」は、トマトソースとモッツァレラチーズの王道タイプ。バトンピッツァと言っても、素材や作る工程は通常のお店で出しているナポリピッツァと変わらず、焼き上げた後にクルクルッと巻き上げているだけ(耳の部分だけは少し薄め)なので、生地の美味しさは健在!
もちっとした弾力のある食感が心地よく、チーズのコクと、フレッシュなトマトソースの甘味と酸味が、生地の旨味をよりいっそう引き立てます。ペーストにした生トマトをそのまま塗って火入れすることで、石窯の中でトマトソースとして完成させているのは、パンとの違いでもある「調理」を原則としたナポリピッツァの真髄とも言えますね。

 
batonpizza

 
【サルシッチャとほうれん草】(1,000円)
市販の冷凍ピザよりも、しっかりと薪の香りが漂い、本来の食感が活きているのは、ロール状にしたからこその賜物。「サルシッチャとほうれん草」のピザにおいても、その風味と口当たりは同様に楽しめ、イタリア風の自家製ソーセージであるサルシッチャの粗挽きな肉感と、ほうれん草の野性味のある苦味が、マルゲリータとはまた違った顔つきを見せてくれます。

 
kibounobaton

 
【ジャンカルロ】(1,500円)
個人的に一番気に入ったのは、この「ジャンカルロ」という一品。じつはこれ、姉妹店でもある六本木の「ジャンカルロ」の店名であり看板メニューを、バトンピッツァにしたもの。自家製ポルケッタハムの塩気をきかせた脂の旨味と、ポルチーニパウダー&白トリュフオイルの華やかな香りがあわさり、まさにこの美味しさ、デブリシャス!卵黄を絡ませながら食べると、さらに濃厚感が増し、ワインとの相性もバッチリに。ヤミツキになること間違いなしです!

 
fallendebu

 
石窯焼きの本格的なナポリピッツァが、お店での美味しさをそのままに、自宅でも食べ比べながら楽しめるのは、本当に嬉しいことですね。この希望のバトンが、お店の垣根を越えて、より多くの人の手元に届き、笑顔とお腹の輪を広げてくれることを願ってやみません。

 
よろしければ、ぜひあなたもこのバトンを受け取ってみてください。DEBU的には、希望のバトンとともに、脂肪のバトンも渡したいところです(笑)。

 
それでは!また次回お会いしましょう。
デブ ア ナイスデイ〜♬

 

ES Classico
電話:03-6277-1612
住所:東京都渋谷区恵比寿1-24-11 GRASSE 1F・2F
定休:月曜日、火曜日AM
*臨時休業もあるのでお店にお問い合わせください。

 
・テイクアウトの受付時間は12:00〜20:00
・テイクアウトはWeb注文してピックアップ(http://giancarlo.jp/baton
・全国発送は電話注文(今後はWebサイトでも予定)
・全国発送は5,000円以上の注文で対応

*内容や時間等、状況により変更になる可能性がございます。

 
フォーリンデブはっしー
グルメエンターテイナー。お肉博士とお米ソムリエの資格を持ち、肉を中心にごはんのオカズを求めて全国を食べ歩く。フォロワー数24万人のInstagramと、月間200万アクセスを記録するグルメブログが人気。農林水産省の国産食材アンバサダーや、肉フェスの応援団長なども務める。決めゼリフは、デブリシャス!

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す