旅ごはん

旅する肉シェフのステーキバーガー【フォーリンデブはっしーのおうちでグルメツアー】

こんニクは! フォーリンデブはっしーです。
以前から機内誌「SKYWARD」で連載しておりましたが、このたび、こちらのWeb版「SKYWARD+(プラス)」でも新連載がスタートしました。 その名も「フォーリンデブはっしーの おうちでグルメツアー」です!

 
最近は、外出自粛のご時世で、旅行ができず、食べ歩きもできなくて悲しいですよね。私もSTAY HOMEを心がけて自宅にいますが、それでもやっぱりおうちごはんは楽しみたいところ。だからこそ、最近いろいろなレストランが始めている「テイクアウト」「デリバリー」「お取り寄せ」のグルメで、食卓を華やかに!いつかまた旅できることを夢見て、旅気分でおうちごはんを味わっちゃおうという企画です。
DEBU的には自宅でも外食気分で太れるということを証明できればと思いますので、ぜひ胃もたれしない程度にお付き合いいただけますと幸いです(笑)。

 

銀座の肉フレンチがテイクアウトをスタート

MardiGras

 
まず、第一弾でご紹介するのは、銀座で肉の名店として名高い「Mardi Gras(マルディ・グラ)」というお店。店名はフランス語で「肥沃な火曜日」という、「謝肉祭」の最終日を意味するとおり、名前からして肉感が溢れています。 フレンチをベースに、骨太な肉料理を提供していることからファンが多く、私もそのお肉のトリコになってしまった一人です。

 
Mr.wachi

 
店主の和知徹(わちとおる)さんは、世界各国を旅して、その土地ならではのよさを自店の料理に取り入れている、通称・旅する肉シェフ。 フランスでの修業経験もありますが、フレンチだけにこだわらず、世界の料理を意欲的に吸収し、それを和知シェフなりのオリジナリティーも加えて昇華させることで、ここでしか食べられない魅惑の肉料理を生み出しています。

 

世界の風が感じられる肉料理

takeoutfood

 
さぁ、そんなわけで早速テイクアウトしました! 今回ご紹介するのは2商品。 一つは「ポルトガル風 鴨ごはん MGスタイル」(税込2,000円)、もうひとつは「ステーキバーガー フライドポテト付き」(税込3,000円)です。テイクアウトにしては少しお高めと感じる人もいるかもしれませんが、店内では予算1万円ほどなので、それと比べればテイクアウトはおトク感があります。

 
takeoutfood

 
フタを開けば、ふわっと広がる肉やスパイスの香り。お持ち帰り用の容器のまま食べても、後片付けが面倒にならなくてよいですが、より優雅な気分を楽しみたければ、自宅の別皿に移してみてもよいかもしれません。名店の料理を自宅で味わえるということで、気分も食欲も高めていきましょう!

 

あの裏メニューもテイクアウトOK

takeoutfood

 
【ポルトガル風 鴨ごはん MGスタイル】(税込2,000円)
ごはんものは、2〜3週間ごとに内容が変わる「世界の旅ごはん」シリーズ。 ゴールデンウィーク明けまで提供を予定しているポルトガル風の鴨ごはんは、和知シェフがポルトガルの全州を回ったときに出合った料理をインスパイア。ジャスミンライスに鴨肉をのせ、グレイビーソースをかけてオーブンで火入れしたことで、香り高いお米の美味しさに、肉々しい鴨肉がマッチしています。
マッシュルームとネギの華やかなフレーバーをまとったお米は、まさに異国の風を感じさせてくれるもので、キリッと爽やかに引き締めてくれるレモンがこれまた名脇役。次回は、バリ島の屋台で出合ったという、インドネシア風の豚肉ごはんを予定しているようなので、そちらも気になりますね!

 
steakberger

 
【ステーキバーガー フライドポテト付き 】(税込3,000円)
ハンバーガーは、挽肉パティの王道バーガーもメニューにありますが、あえてステーキーバーガーをチョイス。そうです、マルディ・グラと言えばステーキなので、ステーキをまるごと挟んだバーガーを食べずして、このお店を語ることはできません。肉塊にそのままカブりついているような豪快な逸品で、柔らかい和牛の赤身肉を使うことで、ジューシー感とパワフル感が共存。 シェフが厳選した尾崎牛・田子牛・東京ビーフなどのブランド牛が、肉料理としての主張を強めてくれています。
口溶けのよいフワッとしたブリオッシュのバンズは、バターの香りでリッチな趣きに。甘みのある新タマネギのローストに、香ばしい黒キャベツの素揚げ、そしてコクのあるデミグラスBBQソースによって、全体を一つにまとめあげた「ご褒美バーガー」は、このお店の真骨頂と言えるかもしれません。 まさにこの美味しさ、デブリシャス!

 
potatofri

 
さらに、特筆すべきは、バーガーにセットで付いてくるフライドポテト。じつはこれ、もともと店内では常連客に愛されていた裏メニューの「トスカーナ風フライドポテト」なので、ファンとしてはこれをテイクアウトできるだけで喜びが止まりません。シェフがトスカーナで出合った、ハーブと一緒に揚げるポテトをさらに進化させ、ローズマリーやタイム、そしてガーリックの香りとともにクリスピーに仕上げた、言わば究極のフライドポテト。単品(税込1,000円)でも追加注文することができるので、これはもうマストアイテムですね。

 
pratesdish

 
まるで自分も旅した気分で、世界の風が感じられる肉料理は、ハートフル&ミートフル!ぜひ、おうちでゆっくりと、名店グルメを楽しんでみてください。きっと、STAY HOMEが ENJOY HOMEになるはずです。

 
それではまた次回お会いしましょう。デブ ア ナイスデイ~♬

 

Mardi Gras(マルディ・グラ)
電話:03-5568-0222
住所:東京都中央区銀座8-6-19 野田屋ビルB1F
定休:原則的に日曜日
*臨時休業もあるのでお店にお問い合わせください。

 
・テイクアウトは、当日のみの受付
・電話注文して、希望時間にピックアップ
・受付時間は、12:00〜17:30
・ピックアップ時間は、12:30〜18:30
・支払いは現金のみ

*内容や時間等、状況により変更になる可能性がございます。

 
フォーリンデブはっしー
グルメエンターテイナー。お肉博士とお米ソムリエの資格を持ち、肉を中心にごはんのオカズを求めて全国を食べ歩く。フォロワー数24万人のInstagramと、月間200万アクセスを記録するグルメブログが人気。農林水産省の国産食材アンバサダーや、肉フェスの応援団長なども務める。決めゼリフは、デブリシャス!

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す