旅ごはん

日本一炊かれたい男の土鍋ごはん【フォーリンデブはっしーのおうちでグルメツアー】

土鍋ごはん。お米文化の日本人にとって、お米の美味しさを存分に引き出した土鍋ごはんは、強い思い入れがある人も多いのではないでしょうか。
かく言う私も、お米が好きすぎて、お米ソムリエ(米・食味鑑定士)の資格を取ってしまったほど。あらゆる料理をごはんの上にのせて、オンザライスしながら口いっぱいに頬張っていただくのは、食の道を追究する自分にとっても原点といえます。

 
owner

 
そんなお米好きの私が、愛してやまない土鍋ごはんのお店が、代々木上原にある「おこん」。ひっそりとした住宅街に佇む、知る人ぞ知る、隠れ家的な名店です。
店主の小柳津(おやいづ)大介さんは、独学ながらもお米の道を極め、お米の選定から炊き方まで随所にこだわるプロフェッショナル。個人的には、日本一お米を炊くのが上手だと思っているので、店主を「日本一炊かれたい男」と命名させてもらったほど。今ではご本人にも気に入ってもらえ、その肩書きを多方で使っていただいているのはありがたいことです。

 
bento

 
店内での飲食は事前予約でコースのみ、というハードルがあったものの、今では嬉しいことに土鍋ごはんを用いたお弁当が、デリバリーとテイクアウトでも楽しめることになりました。
まず特筆すべきは、その容器。注文を受けてから一つ一つ炊きあげるので、お弁当でもできたてを提供していますが、だからこそネックになるのは、お米の蒸気。
一般的なプラスチックや紙のお弁当箱だと中が蒸されてしまい、時間がたって食べる頃には、せっかくのお米がべちゃっと軟らかくなってしまいます。しかし、こちらのお店ではあえて「木のすだれ」を使用することで、通気をよくさせるという工夫が。これにより、お米の劣化を防ぎ、食味を維持しているわけです。

 
とうもろこしごはん

 
【季節の土鍋ごはん:夏のとうもろこしごはん】(3,500円)
メニューはいろいろありますが、王道を味わいたいのなら、季節の土鍋ごはんを。
春のタケノコに続き、夏の時季は、とうもろこしとシラスを使用。少し硬めに炊いた、粒立ちのよいお米が、シャキッとみずみずしいとうもろこしと、さらなる風味を上乗せしてくれるシラスとの共演によって、夏らしい颯爽とした心地よさを演出してくれています。

 
とうもろこしごはん

 
お米の銘柄は、日によって変わりますが、今回は山形の青木功樹さんが育てたミルキークイーンを使用。昭和天皇穀物献上農家でもあった青木さんが作るお米は、最高峰との定評があり、私もそのファンの一人です。類い稀なお米農家と炊き師が手を組んだ、奇跡的な逸品に、心もお腹もおどってしまいます!
もちもち感が特徴のミルキークイーンは、冷めても美味しく、より弾力感と存在感が増すことからも、「お米が主役」のお弁当といえるでしょう。焼鮭や煮物などのオカズも、あくまでお米の美味しさを引き立ててくれる、名脇役といったところですね。

 

【フォトジェ肉なお弁当も】

ローストビーフ土鍋ごはん

 
【ローストビーフ土鍋ごはん】(3,500円)
いっぽう、もっとパワフルに攻めたい人は、ぜひローストビーフ土鍋ごはんを。
こちらはもう、見た目のビジュアルインパクトからして凄い! だれもが写真を撮ってSNSにアップしたくなるようなフォトジェニックな肉料理、まさにフォトジェ肉です。
お米が見えないほど敷き詰められたローストビーフに、ウニ、イクラ、キャビアといったプリン体トリオが集結しています。先ほどまで主役だったはずのお米も、これにはもうたじたじな様子。

 
お弁当

 
肉々しさとなめらかさが共存した和牛のローストビーフ。そこに旨味と塩気を蓄えたウニ、イクラ、キャビアが合わさり、一見するとおたがいがケンカしてしまいそうな組み合わせでも、極上のお米があるからこそ、それらが美しくマリアージュ 。
そう、すべてを優しく受け止めてくれるお米は、まるで母なる大地のよう。派手さだけにとらわれず、緻密にバランスも計算されているこの美味しさは、もちろん、デブリシャス!

 
今まで敷居が高かった土鍋ごはん専門店のお味を、気軽にデリバリーやテイクアウトで楽しめるのは、とても嬉しいことですね。おうちにいることが多いこの機会だからこそ、原点に立ち返って、お米本来の美味しさを噛みしめてみるのもよいかもしれません。ぜひ、お米と向き合うコミュニケーション、略して、「コメニケーション」をご自宅でも!

 

おこん
電話:050-3628- 5004
住所:東京都渋谷区西原2-48-2
定休日:火曜日、第二水曜日

 
・店内営業は17:00〜22:00
・テイクアウト/デリバリー営業は12:00~14:00、16:00~21:00
*最新の状況はお店にお問い合わせください。

 
フォーリンデブはっしー
グルメエンターテイナー。お肉博士とお米ソムリエの資格を持ち、肉を中心にごはんのオカズを求めて全国を食べ歩く。フォロワー数24万人のInstagramが人気で、厳選したグルメ情報のYouTubeチャンネルもスタート。農林水産省の国産食材アンバサダーや、東京モーターショー のグルメ総合プロデューサーなども務める。決めゼリフは、デブリシャス!

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す