旅の+one

【難読地名】「駕与丁」って読めますか?福岡県粕屋郡に位置し、かつて存在した職業から付けられた地名

 
▼あわせて読みたい
【難読地名】「指宿」って読めますか?別名”東洋のハワイ”。鹿児島県・薩摩半島の最南端にある観光地

 
長年近くに住んでいても読めない地名ってありますよね。
旅行や出張で訪れた際に気になったまま……という地名もあるのではないでしょうか。

 
突然ですが、「駕与丁」って読めますか?

 

 
ヒントは、福岡県粕屋郡粕屋町にある町で、元禄10年には“筑前三大池”の一つである「駕与丁池」が築かれました。

 
 
 
 
 
 
答えは……「かよいちょう」でした!

 

 
かつて身分の高い人が乗った「駕輿(がよ)」と呼ばれる神輿を担ぐ職の人のことを「駕与丁」と呼んでいました。この土地に駕輿丁が結成した座「駕与丁座」があったことが地名の由来といわれています。

 
駕与丁池を中心とした駕与丁公園は花の名所として知られ、約700本の桜並木や約180種類2,400株のバラ園、ハナミズキ、菖蒲など、四季折々の景色が楽しめます。

 
▼あわせて読みたい
【難読地名】「和寒」って読めますか?夏と冬では60度を超える驚異の温度差がある北海道の町

 

▲出典:粕屋町 URL

 
水と緑溢れる駕与丁公園でピクニックや散歩など、ゆったりとしたひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

 
▼あわせて読みたい
【難読地名】「雀居」って読めますか?福岡空港から徒歩約5分、先史時代の大集落で盾や弓も出土!

 

 

駕与丁へのアクセス
日本各地から福岡空港へ、JALグループ便またはコードシェア便が毎日運航。
福岡空港から電車で約30分で長者原駅へ。
※最新の運航状況はJAL Webサイトをご確認ください。
Webサイト:https://www.jal.co.jp/jp/ja/URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す