旅の+one

【難読地名】「廿日市」って読めますか?“厳島神社”が有名な「宮島」がある、広島県の西に位置するあの街

 
▼あわせて読みたい
【難読地名】「己斐」って読めますか?広島市の西側に位置する、西国から城下への玄関口

 
長年近くに住んでいても読めない地名ってありますよね。
旅行や出張で訪れた際に気になったまま……という地名もあるのではないでしょうか。

 
突然ですが、「廿日市」って読めますか?

 

 
ヒントは、世界遺産の“厳島神社”が有名な「宮島」があり、観光地としても人気な街!

 
 
 
 
 
 
答えは…「はつかいち」でした!

 

 
広島県の西部に位置する廿日市市。対岸の厳島神社で年4回開催される例祭の最終日が20日(はつか)であり、鎌倉時代には例祭にあわせて毎月20日に市(いち)が開かれるようになったことが「はつかいち」の由来だといわれています。

 
▼あわせて読みたい
【難読地名】「御器所」って読めますか?名古屋を代表するあの神社と深い所縁がある土地

 

▲出典:一般財団法人 宮島観光協会URL

 
宮島が有名な廿日市市ですが、実はけん玉発祥の地でもあります。木材の集積地として宮島と廿日市市が森林資源を持っていたことと、優れた加工技術をもって、大正10年(1921年)に受け皿を取り入れた今の形に。今年けん玉発祥100周年を迎えました。

 
けん玉や、宮島土産の定番であるしゃもじなど木材と縁深い廿日市市。訪れる際には木材に注目してもおもしろいかもしれません。

 
▼あわせて読みたい
【難読地名】「越生」って読めますか?埼玉県の西部にある四季に彩られた「ハイキングのまち」

 

 

廿日市へのアクセス
東京(羽田)、札幌(新千歳)から広島空港へJAL便が運航。
広島空港から広島駅まで、高速バスまたは車で約50分。
広島駅から廿日市駅までJR山陽本線で約20分。
※最新の運航状況はJAL Webサイトをご確認ください。
Webサイト:https://www.jal.co.jp/jp/ja/URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す