旅の+one

思わず乾杯したくなるショコラ?京都発、和食材×枡モチーフのチョコレート

日本発のショコラ専門店として、厳選されたカカオから作られた本格的なショコラを提供する「ベルアメール」。歴史や伝統、文化溢れる京都を舞台に、日本のショコラの新しい可能性を発信しているのが同ブランドの「ベルアメール 京都別邸 三条店」だ。

 
京都の魅力を手のひらサイズの可愛らしい缶に閉じ込めた新作「プチショコラ」や、選ぶ楽しみがいっぱいの16種類の華やかな「スティックショコラ」など、彩り鮮やかなコレクションが多数登場。いずれもバレンタイン期間には、公式オンラインショップや百貨店の催事場でも購入できる。

 

▲瑞穂のしずくプレミアム 2,160円(税込)

 
「ベルアメール 京都別邸」の看板ショコラで、桝に見たてたショコラの中に、日本酒や果実、お茶など、こだわりの日本の素材をジュレにして流し込んだスペシャリテ「瑞穂のしずく」。バレンタイン期間限定で、素材とチョコレートの味わいにこだわり抜いた「瑞穂のしずくプレミアム」が登場。

 
ショコラが一粒ずつ収められた小さな引き出しを開ければ、枡に見たてた彩り鮮やかな逸品の数々が登場。選りすぐった素材とショコラのマリアージュを堪能できる。

 
期間限定の「瑞穂のしずくプレミアム」は4種類。豊盃(ほうはい)米から作られた青森県・三浦酒造の「豊盃 純米吟醸 豊盃米55」や、宇治抹茶の名産地である和束町の抹茶、山形県産のさくらんぼ「佐藤錦」、熊本県・山村酒造の「れいざん純米吟醸」をそれぞれジュレにし、口どけなめらかなガナッシュに流し込んでいる。

 

▲プチショコラ (柚子/抹茶/黒糖) 各1,080円(税込)

 
新たに登場したのが、手のひらサイズの缶に、華やかなミニタブレットを詰め合わせた「プチショコラ」。爽やかな香りの「柚子」、ほろ苦さが癖になる「抹茶」、香ばしい香りの「黒糖」の3種がラインナップする。

 
味のアクセントに生姜、京都府産黒大豆のきなこ、京都「小山園」の抹茶を使用するなど、「ベルアメール 京都別邸」ならではの素材使いや味わいが光る。ミニ手提げ袋付きで販売されるので、手土産やプチギフトにもぴったりの品だ。

 

▲スティックショコラ 各540円(税込)

 
同時に発売されるのが、くちどけよく軽い食感に仕上げた棒付きチョコレートの「スティックショコラ」。コーンフレークやビスケット、ナッツなどを入れたベーシック5種、プラリネに国産茶を合わせたお茶プラリネ5種、ケーキをチョコレートで表現したパティスリー5種に、期間限定の苺キャラメルが加わった全16種が店頭に並ぶ。

 
期間限定販売の「苺キャラメル」は、苺風味のルビーチョコとブロンドチョコにビスケットやキャラメルチップ、アーモンドを入れた食感も楽しめるチョコレートとなっている。

 
いずれもショコラに合わせてデザインしたボックスに一本一本入っており、ショコラの味わいで選ぶか、趣向を凝らしたボックスで選ぶか、その日の気分に合わせてチョイスしたい。

 

 
京都・三条に位置する「ベルアメール 京都別邸 三条店」は、古い町屋を一軒まるごとフルリノベーションした、京都らしさを肌で感じられるショップ。暖簾をくぐると、そこは一面ショコラの世界。ショーケースや木の棚に所狭しと並ぶショコラや菓子をあれこれ迷いながら楽しく品定めができる。

 
階段を上がった2階は、三条通りを見下ろせる「Chocolat Bar/ショコラバー」。ショコラとドリンクのマリアージュや、季節で変わる本格的なショコラデセール(皿盛りデザート)を味わえる。京都散策の折りにはぜひ立ち寄りたいカフェだ。

 

ベルアメール 京都別邸 三条店
住所:京都市中京区三条通堺町東入ル桝屋町66
電話:075-221-7025
取り扱い店舗:西武池袋本店、伊勢丹新宿店、ジェイアール京都伊勢丹、銀座三越、ジェイアール名古屋タカシマヤ、京都タカシマヤ、阪急うめだ本店、そごう横浜店 ※スタート時期は店舗によって異なる。
Webサイト:https://www.belamer-kyoto.jpURL
販売Webサイト:https://www.belamer-kyoto.jp/onlineshopURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す