旅の+one

約90%も煙をカットした七輪!肉も魚もふっくら焼き上がり、机やレジャーシートの上にも安全に置ける

 
▼あわせて読みたい
おうち焼肉しても煙がほとんど出ないロースターが登場。ニオイや油はねも気にならず、お手入れ簡単!

 
新潟県三条市のバーベキュー用品の企画販売を行う「グリーンライフ」から、本体が熱くなりにくく煙を約90%カットしたロースター「少煙シチリン」を、応援購入サービス「Makuake」で販売開始。公開から1時間で目標金額を達成した。

 

 
網の上に肉をのせると、したたる肉の脂に火が付いてモクモクと煙が上がり、美味しい匂いが食欲をそそるバーベキュー。自宅の庭やベランダで楽しむと一番気がかりなのが煙や匂い。近隣や近所に迷惑がかかってしまうと感じてしまう人も多いのでは。煙が出にくい工夫を凝らした「少煙シチリン」は、従来のロースターやコンロと比較して約90%煙の量をカットすることに成功した。

 
▼あわせて読みたい
煙が立たない、自動で回転する焼きムラなしのグリル。周囲と差がつく本格バウムクーヘンやシュラスコをアウトドアで

 

 
煙が発生する主な原因は、食材の脂やタレが炭の上に落ちること。特に脂が多い肉類を焼く時にはその度に煙が発生し、火力も急激に上がって肉を焦がしてしまうということを経験した人も多いのではないだろうか。

 

 
火床部分に食材からしたたる脂の侵入を防き、炭に直接落ちないよう火床屋根を設置。さらに中子(なかご)が反射板の代わりになり、熱を上部へ反射させることで、直火にならないような工夫を施している。その輻射熱により、食材の焦げを防ぎつつ、食材をふっくら焼き上げることができるというのだ。

 
▼あわせて読みたい
もう網の交換は不要!全自動で回転するBBQコンロなら肉が焦げず、おうちBBQやアウトドアに必須

 

 

 
「少煙シチリン」は、本体の外側の無数のパンチ穴から継続的に空気を取り込みつつ、内部から伝わる熱を上部の開口部から外へ逃がす空冷断熱方式を採用。中子の熱反射により外側へ熱の放出がしにくい構造に加え、本体自体も二重構造になっているため、本体を触っても熱くなりにくい。そのため、卓上テーブルやレジャーシートの上に置いて使うことも可能だ。

 

 

 
煙の発生が少ない二重構造の「少煙シチリン」は、自宅でのバーベキューだけでなく、キャンプシーンでも活躍すること間違いなし。今年もバーベキューのベストシーズンが到来。本格的な炭火焼バーベキューを楽しみたい人には、ぴったりのアイテムだ。

 

少煙シチリン
先行販売価格:6,980円(税込)※プロジェクト終了は2021年5月30日(日)予定
本体サイズ:(約)W39×D25×H19.6cm
焼面サイズ:(約)35.1×21.1cm
重量:約3.0kg
発送:2021年7月中頃発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/greenlifeURL

 
source: 応援購入サービス「Makuake」URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す