旅の+one

“おそと”で過ごす旅にお薦めしたい、アウトドアチェアの逸品

【@TRAVEL GOODS】

撮影/安永ケンタウロス

すっかり暖かくなり、本来であれば、屋外で過ごすことが増える時期になりました。新型コロナウイルスの感染症予防のため、一時は、屋内よりも野外のほうが安全、といわれていたこともあり、今回はトレッキングポールとチェアを選んだのですが、あれよあれよという間に状況は変わり、外出は最低限に控え、家の周辺を散歩することが、唯一の楽しみとなってしまいました……。とはいえ、貴重な散歩の際や、外にいる限られた時間にも、きっと重宝することがあるだろう、と気を取り直してご紹介します。

 
登山をする際にトレッキングポールの存在がどれだけ大事か、ということが身に染みてわかったのは、初めて富士山に登ったときでした。その後、時は過ぎて、今では、静岡在住の友人のプロダクトデザイナーが、趣味のキャンプやアウトドアへのこだわりを十二分に活かして作り上げたブランド「FIELD RECORD」のトレッキングポールとチェアを、個人的に愛用しています。ポールはカーボンの本体に加え、使用するうえで最も傷がつきやすい下段のシャフトにはジュラルミンが採用されており、また、アンチショック機能も内蔵されています。

 
さらにチェアは、このトレッキングポールをフレームに組み込むという、今までにない、全く新しい発想の構造です。組み立てについては慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、従来の小型のアウトドアチェアよりも大きな座面と背もたれを備えており、座り心地も上々です。何より、驚くほど軽量で、本体も非常にコンパクトに折り畳むことができます。

 
このポールを持って早く野山を巡り、歩き疲れたらチェアでひと休みしながら、自然のなかでの時間を満喫したい、と、心中うずうずしながら、ひとまずは皆さまの健康を、心からお祈り申し上げます。

 

FIELD RECORD
FRチェアカーボン17,160円
FRカーボン ジュラルミン トレッキングポール
2本セット14,960円(ともに税込)
URL:www.fieldrecord.jp

 
山田 遊
やまだ ゆう/バイヤー、監修者。2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして、空港内のショップも含め、国内外で数多くの店づくりに携わる。著書に、『デザインとセンスで売れる ショップ成功のメソッド』(誠文堂新光社)など。

 

(SKYWARD2020年6月号掲載)
※記載の情報は2020年6月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
※最新の運航状況はJAL Webサイトをご確認ください。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す