旅の+one

旅行用靴のおすすめ!歩きやすくておしゃれなレディースシューズ15選

おしゃれは足元から、とはよくいわれることだけれど、「旅に履いていく靴」はやはり機動力重視。おしゃれにこだわりの強い人も、トレンドだけで選ぶわけにはいかない。

 
ここでは、

 
・旅行に適した靴のチェックポイント
・旅におすすめのレディースシューズ15選

 
をお伝えする。

 
旅行を間近に控えている人はもちろん、歩きやすく疲れにくい靴を探している人も、ぜひ参考にしていただきたい。

 

旅行に最適なレディースシューズってどんなもの?

「いつもは7cmヒールでキメるのが定番」という女性も、旅行中ずっとハイヒールを履き続けるようなことは考えづらい。まず一足目に選ぶべきポイントは、やはり「歩きやすさ」「疲れにくさ」だ。

 
そして、旅の目的やメインイベント、旅先の気候条件、滞在先のホテルのランクなどから、どんな機能を持ったものが「最適な一足」になるのか、さらに絞り込むことができる。

 

旅先での自分の姿をイメージしてみる

 
旅先では自分の足でたくさん歩いて街を探検したいし、現地の人に連れられてハイキングに行くことになるかもしれない。思いがけずきれいな浜辺を見つけ、砂浜を歩きたくなることだってあるだろう。

 
旅先での出合いは、アウトドアアクティビティーだけではない。現地の友人が、なかなか予約の取れないレストランをサプライズで予約してくれていたら?急にオペラが観たくなる可能性は?

 
これらの「もしかして」に対応できるのが、理想的な旅の靴。この理想をたった一足の靴に集約するのは至難の業だが、旅行カバンにもう一足、替えの靴となるサブシューズを詰めておき、これをうまく活用すれば、アウトドアからドレスアップまで、対応できる行動バリエーションはかなり広がる。

 

旅行に適した靴のチェックポイント

旅行に持っていく靴に欠かせない条件は、冒頭でも述べたように、何よりもまず歩きやすく疲れにくいこと。そのためには、

 
・サイズがぴったり合っているか
・接地面が広く安定しているか
・クッション性に優れているか
・ソール(靴底)は滑りにくいか
・水濡れに強い素材か
・軽くて疲れにくいか

 
などが基本的なチェックポイントとなる。そこに、自分らしいおしゃれのスパイスが加われば、旅の装備はより快適なものとなるに違いない。

 
旅行に最適な靴の選び方については、以下の記事も参照

旅行に最適な靴の賢い買い方・選び方|サブシューズが必要な場合は?

 

旅先でもおしゃれに!おすすめレディースシューズ15選

ここからは靴のタイプ別に、編集部おすすめのレディースシューズを紹介する。

 

ハイテクスニーカー

歩く・走るの機能性を重視し、人間工学に基づいて設計された「歩きやすい靴」の代表格。ここ数年はトレンドアイテムとしても不動の人気を誇る。

 

ナイキ エア マックス ヴェローナ

▲出典:ナイキURL

 
すっきりとしたスタイルで、どんな服装にもコーディネートできるスニーカー。Nike Airクッショニングが現代的なアレンジをプラスしている。モノトーンのほか、華やかなコンビカラーもあり。個性的なカラーリングのものを選べば、モードを意識した装いにできるのが嬉しい。13,200円(税込)

 

リーボック インスタポンプフューリー OG

▲出典:リーボックURL

 
1994年に発売された、リーボックのアイコニックモデル。Pumpテクノロジーを搭載することにより、フィット感とファッション性を高め、安定性のあるクッショニングが足元に快適さをもたらす。シューレースは使用せず、ポンプで空気を注入することによって好みのフィット感に調節可能。19,800円(税込)

 

クラシックスニーカー

こちらもロングセラーの歩きやすく走れる靴の典型。丁寧に手入れした真っ白なスニーカーを普段から愛用する人も多いのでは?ファッションできちんと感を底上げすれば、少々かしこまった場面にも対応できる。

 

アディダス スタンスミス

▲出典:アディダスURL

 
アディダスの不朽の名作、スタンスミス。50年以上にわたりブランドのアイコンとして確固たる存在感を放ってきたモデルが、2024年までに使用するポリエステルを再生材料のみにするという同社の取り組みにあわせてリニューアル。アッパーの50%にリサイクル素材、アウトソールに廃棄ゴムを用いる。9,889円(税込)

 

ニューバランス M996

▲出典:ニューバランスURL

 
「1000点満点中990点」とニューバランス自らが広告をうったことで話題になった「M990」の後継として、99Xシリーズの評価を不動のものにした80年代後半の傑作が「996」。完成されたデザインと卓越したクッション性で性別を問わず多くの愛好家を虜にする、「996」のUSA製復刻モデル。27,500円(税込)

 

スリッポン

スニーカーと並ぶカジュアルシューズの代表格。SLIP-ONの名のとおり、足を靴に滑り込ませるだけで履くことができる。レザー、キャンバス、ハイテク素材など、バリエーションが豊富。靴紐がなく甲まで生地で覆われているデザインは、お寺や旅館、座敷に上がる食事処などを訪れる日や、脱ぎ履きの多い旅に便利。

 

コールハーン グランド アンビション スリッポン スニーカー

▲出典:コールハーンURL

 
マサチューセッツの名門アマースト大学のバイオメカニクス研究所とのコラボレーションによって誕生した、革新的なドレスシューズ。妥協のないフィット感、履き心地、柔軟性、そしてクッショニングが特徴。アッパーに羊革、アウトソールは滑りにくいラバー素材を配している。38,500円(税込)

 

メレル ジャングルモック

▲出典:メレルURL

 
1998年に発売して以来、その履き心地に世界中のユーザーが魅了され、累計販売足数は1,700万足を誇る超ロングセラー商品「ジャングルモック」。アッパーは撥水加工を施したピッグスエードレザーを使用。軽量でクッション性に優れ、とにかく履き心地がよい。メレルの代名詞ともいえる逸品。13,200円(税込)

 

ヴァンズ スリッポン

▲出典:ABC-MART(ヴァンズ公式通販)URL

 
1982年に俳優のショーン・ペンがチェッカーボード柄を履いていたことから人気に火がついたヴァンズのスリッポン。シンプルなデザインが一番の魅力で、さまざまなスタイルに合わせやすい。最初はややかたく感じるが、履き慣らすとどんどん自分の足に馴染んでいく。アッパーは撥水・防汚キャンバス素材。5,170円(税込)

 

フラットシューズ

パンプスのヒールがないもので、通称「ぺたんこ靴」とも。洗練されたファッション性を保ちつつも歩きやすいのが嬉しいところで、着る服がスニーカーにあわない場合などにも活躍。レースアップやストラップなど、さまざまなタイプがある。

 

カンペール ライト21595

▲出典:カンペールURL

 
スペイン・マヨルカ島生まれのシューズブランド「カンペール」の、軽量で安定感抜群のフラットシューズ。柔らかいレザーが足にぴったりとフィットし、甲部分の太いゴムのストラップが足をしっかりと支えてくれる。スカートやワンピースの装いにぴったりのクラシカルなデザイン。20,350円(税込)

 

ドクターマーチン 1461 3ホールシューズ

▲出典:ドクターマーチンURL

 
1961年の発売以来、数十年にわたってドクターマーチンのアイコン的存在であり続けるモデル。アッパーにはソフトな感触のスムースレザーを使用。ドクターマーチンのDNAであるイエローのウェルトステッチを施して仕上げられている。事前にしっかり履き慣らしてから、石畳の道を闊歩したい。23,100円(税込)

 

スポーツサンダル

主に踵をホールドするストラップがついたサンダル。靴下あり・なしで履くことができ、オールシーズン活躍する。歩きやすさと通気性が抜群のため、旅慣れた人のなかに愛用者が多い。ジャブジャブ洗えるのも高ポイントだ。かさばらないのでサブシューズとしても優秀。

 

テバ オリジナルユニバーサル

▲出典:テバURL

 
グランドキャニオンの1人のリバーガイドが、靴とサンダルの利点を融合させ開発した、「Teva(テバ)」のオリジナルスポーツサンダル初期のモデル。速乾性に優れたストラップは、2カ所の面ファスナーで着脱と調節が簡単に行える。衝撃を緩和する軽量ミッドソールにより、1日中履いていても快適。6,930円(税込)

 

キーン ユニーク

▲出典:キーンURL

 
米国ポートランドで2003年に生まれた「KEEN(キーン)」の代表作であるUNEEK(ユニーク)は、2本のコードと1枚のソールから作られた次世代のスニーカー。ゼロから靴作りの方法を再考し、構想から3年半の月日を経て完成した、革命的でユニークなハイブリッド・フットウェア。薄手のソックスからフリースソックスまで、3シーズン対応可能。13,200円(税込)

 

コンフォートサンダル

主に踵止めのストラップがないサンダルで、おしゃれな革製のものも多い。コンフォートと銘打たれているだけに歩きやすく、靴下の要らない夏の海辺のリゾートなど、暑くてカジュアルな場面に似合う。

 

ビルケンシュトック  アリゾナ ソフトフットベッド

▲出典:ビルケンシュトックURL

 
何十年にもわたり、世代や性別を問わず世界中の人々を魅了してきたビルケンシュトックを代表する一足。2本のベルトで自由にフィット感を調整でき、足の形状を考慮した特製のフットベッドが採用されているため、足への負担を軽減してくれる。アッパー部分は肌触りのいいナチュラルレザーを使用。15,400円(税込)

 

ウィンターブーツ

寒冷地への旅に欠かせない、内側にボアやフリース素材をあしらったウィンターブーツ。大きめサイズを選び、登山用の厚手ソックスを組み合わせれば、防寒対策は完璧なものになる。反面、脱ぎ履きがしづらく、それなりに重量のある靴の代表格のため、宿泊先ではサブシューズを賢く組み合わせたい。

 

アグ クラシック ショートⅡ

▲出典:アグURL

 
アグのアイコニックなブーツを機能的にアップデートしたモデル。ツインフェイスシープスキンとスエードのアッパーにはScotchgard™(スコッチガード)プロテクターを施し、撥水・防汚性をプラス。軽さとグリップ力を高めたアウトソールを採用し、より魅力的なアイコンへと進化させた。29,700円(税込)

 

ソレル カリブー

▲出典:ソレルURL

 
40年以上変わらぬデザインを誇るソレルの代名詞「カリブー」は、ウィンターブーツの名作。9mm厚サーモプラスフェルトインナーブーツが、極寒の地でも足をしっかり守ってくれる(使用限界温度マイナス40℃)。ラバーの強固なアウトソールは、雪道でも安心感がある。筆者は冬のロシア旅行用に購入したが、その後も各地で大活躍!22,000円(税込)

 

ハンター インシュレイティド ショート スノー ブーツ

▲出典:ハンターURL

 
マイナス22℃の極寒でも対応でき、濡れた路面でのグリップ力を最大限に発揮する防水ブーツ。フリース仕立ての裏地と、トップラインのドローストリングが暖かさをしっかり確保する。革新的なオーソライトフットベッドや耐久性のあるソールのおかげで履き心地も良好。20,900円(税込)

 

おしゃれ心も満たす靴と一緒なら、旅を思い切り楽しめる

 
ここまで「歩きやすさ」「疲れにくさ」を優先したレディースシューズを紹介してきたが、振り返るとどれもファッション性にも優れたものばかり。そう、機能性シューズは着実に進化しているのだ。シューズ業界において「おしゃれは我慢」というフレーズは時代遅れかも?

 
旅先の気候や予定しているアクティビティー、宿泊先のランクなどにあわせて、あなたにとって最適かつおしゃれな靴を選び、旅を満喫してほしい。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す