旅の+one

スーツケースを修理するには?|修理内容別の費用相場から依頼先の選び方までを解説

旅のあいだ、タフな環境におかれるスーツケース。海外の空港やホテルで手荒な扱いを受けたり、石畳の道を長く引いたりして、お気に入りのスーツケースが破損してしまうことも意外に多いもの。

 
でも慌てずに。実は大抵のものは修理ができる。ここでは以下の内容を要点として、スーツケースの修理について説明しよう。

 
・スーツケースの破損は大抵の場合、修理ができる
・純正部品でない限り、修理は完全な「元どおり」ではないことも
・修理代金の見積もりが高額ならば新規購入も視野に入れたい
・DIYでの補修は難易度高め。腕に自信がある人のみ

 

症状別のおおまかな修理内容と費用相場

ここではスーツケースの主な破損例を挙げ、おおまかな修理内容や費用の相場を紹介したい。

 
具体的な例に進む前に、まずは自分のスーツケースがいくらだったのかを知っておこう。サイズによるが、大手メーカー製でもおおむね20,000~30,000円程度で立派なものが購入できる。海外の一流ブランド製を除けば、多くの人がこうした価格帯のスーツケースを使っているはずだ。

 
それを踏まえて以下の例を見てゆこう。なお、価格はいずれも損傷の大小や修理の難易度によって大きく変わるため、参考程度にとどめてほしい。実際に修理に出す際は、写真や実物などで見積もりを取ることを忘れずに。

 

ボディの割れ、亀裂

ポリカーボネイト製など一般的な樹脂製スーツケースの場合、内側から樹脂で補強した上、塗装して仕上げる。5,000円~15,000円程度。塗装は同じ色を調色して吹きつけるが、シボ柄などまでは再現できない。そのため完全に元どおりとまではいかないケースもある。割れた「かけら」がないと修理を断られることもあるので、あるなら捨てずに取っておくように。

 

ボディのへこみ

熱を当てたり内側から叩くなどして復元して補強、塗装で仕上げる。サイズにもよるが1カ所7,000円~10,000円程度であることが多い。単にへこんでいるだけならば割れや亀裂よりは修理しやすく、仕上がりも元どおりに近い。こちらも塗装はシボ柄までは再現できない。

 
また、アルミ合金製のスーツケースの場合も叩いて修正する。こうした修正は基本的には自動車の板金塗装に似た作業だ。

 

フレームの変形

スーツケースの骨格であるフレームの変形は、ハンマーなどで矯正して復元。10,000円~15,000円程度。

 

持ち手やキャリーハンドルの破損

©︎Atsushi Takahashi

 
修理不能な場合は純正品や代替品に交換。持ち手交換が概ね5,000円程度から、キャリーハンドルの交換は10,000円程度から。昨今の製品では大半が樹脂製パーツを採用しているため、破損の場合、部分修理では強度が足りず、ユニットごとの交換となる。

 
メーカーや正規代理店なら純正部品で直せることも多いが、そうでない場合はサイズが合う同等の代替品となり、見た目が揃わないことも。デザイン製の高い高級ブランドの場合は特に、仕上がりに満足できない可能性もある。

 

キャスター破損

©︎Atsushi Takahashi

 
純正品や代替品に交換。1カ所あたり3,000円~7,000円程度。複数のタイヤを同時に交換するとその数だけ加算されるほか、タイヤだけの交換か、台座ごとの交換かでも金額・修理可能性は異なる。

 
なお、2輪タイプでローラーブレード用タイヤを装着したものは回転の滑らかさで人気だが、タイヤのゴムが柔らかい分だけ、小石を噛んで引きずるとすぐに接地面が削れてしまうので、日頃から扱いに注意したい。

 

ファスナー破損

 
引手(スライダー)のみの交換であれば1個4,000~5,000円程度。ファスナーの縫いつけや務歯(エレメント)部分の修理は5,000円程度。一式を純正品や代替品へ交換する場合は15,000円はかかるものと思っておきたい。

 

鍵の解錠、修理、交換

症例によって5,000円~20,000円程度。スーツケースに組み込まれて設計されたものだけに、交換は基本的に純正品となり、高価なことも少なくない。

 
ちなみに、丈夫で高品質なスーツケースを探したい方は、編集部おすすめのスーツケースも参考にしてほしい。

 

旅の達人おすすめのスーツケース10選|ブランドの特徴も紹介

 

スーツケースの修理はどこに依頼するのがベスト?

スーツケースの破損はたいがい突然起こるもの。「いざ修理というとき、どこに頼めばいいのだろう?」と思う方も多いはず。ここでは、スーツケースを修理する際の依頼先としての選択肢を紹介しよう。

 
なお、海外旅行の場合、加入した海外旅行保険でスーツケースの修理ができる場合も多い。保険で修理する際は決められた手順や提出書類などがあるので、対応可能かも含めて必ず確認しておきたい。

 

メーカー

構造をよく知り純正部品を持つ最も確実な依頼先だが、工期は長めになる傾向。とはいえ仕上がりの見栄えも純正品に勝るものはない。次の旅を急ぐのでない限り、まず最初に当たるべき依頼先と言える。

 
また、有名ブランドのスーツケースには3年保証や5年保証などの保証がついているものもあるので、保証期間内ならカスタマーサービスや販売店に問い合わせよう。例えば日本のACE(エース)が展開する高級ブランド「プロテカ」は、3年の保証期間の間なら何度でもどんな理由でも修理が無料と手厚い。

 

郵送型の修理専門ショップ

スーツケース修理を専門に扱う工房で、第一ボデーや山澤工房などが有名だ。郵送する手間と送料が要り納期もややかかるが、専門性が強く、製造メーカーでは対応できない修理をしてくれることも多い。

 

店舗展開型のリペアショップ

ミスタークイックマン、靴専科など。身近に店舗があるならば、一番手軽に修理できる場所とも言える。

 

空港内のリペアショップ

大きな空港にはリペアショップがある。スーツケースの解錠やキャスター交換など、旅行中の急なトラブルに対応してもらえる。

 

DIYで直す

©︎Atsushi Takahashi

 
ダメージを受けやすいキャスターは、大手通販サイトで修理用として代替品が多数売っている。キャスター2輪で1,000円程度からと値段も格安。腕に覚えがあり工具の扱いに慣れた人に限り、挑戦してもいいだろう。

 
なお、スーツケースのパーツ固定は通常、ネジ類ではなくリベットやハトメでかしめてあることが多い。そのため壊れたパーツを外す際はリベットを電動ドリルで破壊したり鉄ノコで車軸を切断したりと、危険な作業が伴いがちだ。

 

©︎Atsushi Takahashi
▲DIYで交換したキャスターは六角レンチでの固定になった。部品は一式で1,000円程度と格安。

 

©︎Atsushi Takahashi
▲壊れたキャスターを外すためにドリルで車軸を破壊。作業の難易度は高い。

 

©︎Atsushi Takahashi
▲飛んでしまったリベットを打ち直す。こちらも道具と知識、技術が必要だ。

 
なおかつ代替品のキャスターはたいがいビス留めとなり、(緩み防止剤がついているものの)飛行機で運んだりスーツケースを転がすうちに緩む可能性は否定できない。

 
キャスターに限らずスーツケースは全般にどのパーツにもかなりの負荷がかかっており、想像以上に強度が必要なもの。旅先で外れて苦労しないよう念入りに作業して、時々点検もするように。

 

飛行機に搭載したときに破損してしまった場合は?

 
実際にスーツケースが破損する場面としては、経年劣化によって道端で突然壊れるなどのほか、残念ながら空港や飛行機に関係するタイミングでの破損も多い。ここでは、そうした場合の対応に触れてみよう。

 

飛行機搭載時に明らかに破損が見つかった場合

この場合はすみやかに該当の空港スタッフないしは航空会社スタッフに申告したい。破損が起きた状況によっては、補償されることもある。

 
海外旅行では特に到着空港や経由地で手荒な扱いを受けたり、ベルトコンベアでの自動運搬中に落ちたり引っかかったりで壊れることも考えらえる。

 
輸送中のさまざまな不運の結果としてスーツケースが「壊れて出てくる」わけだが、ひとこと添えるなら、万一そんな目に遭ったとしても、決して感情を高ぶらせず冷静に係に状況を説明するのも、旅慣れた大人のマナーと言えるだろう。

 

旅行保険の携行品補償

海外旅行の際に事前に旅行保険に入るのは、おそらく、ほぼ常識化していることだろう。保険内に設定された携行品補償や単独の携行品損害保険などが、スーツケースの破損を補償してくれる場合が多い。

 
こうした保険に加入し、かつ補償内容がスーツケース破損時の修理や交換に対応することを確認しておきたい。なお、携行品補償は1点あたり100,000円を限度とするのが一般的だ。これも合わせて覚えておきたい。

 

お気に入りのスーツケースと長く付き合う喜び

 
国内・海外ともに数多の旅をしてきた立場から言えば、過酷な使用を強いられるスーツケースは「いずれ壊れるもの」だと理解している。

 
新品に傷や凹みがつくのを悲しむ気持ちは大いに理解できる一方で、スーツケースは確かに消耗品であり、たくさんついた傷こそが旅の勲章だとも考えられる。

 
もちろん愛着がある分だけ修理はしたいし、モノを大切にする意味でも少々壊れた程度で安易に買い換えるのも控えたい。そうした意味で「スーツケースは修理できる」と知っておくのは大切だ。

 
また、金額面を考えて、修理はキャスターやハンドルなどのパーツ類にとどめ、ボディの割れといった大きな修正になる場合は買い替えを視野に入れるなど、ケースバイケースで賢い判断をしたい。

 
そして何より旅行前には、ハンドルやキャスター、鍵の開閉などをひととおりチェックして、トラブルを未然に防ぐようにもしておこう。

 
国際線の預け入れ手荷物は一般的には23kgまで。例えばその重さのスーツケースの車輪が旅先のヨーロッパの石畳の上で突然壊れたら……。そう考えるだけでも、スーツケースが故障なく動くことの有り難みが理解できる。

 
いいスーツケースを長く愛用し、心に残る素敵な旅を重ねてほしい。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す