旅の+one

ダイバーズウォッチおすすめ16選|最新モデルを価格帯別に紹介

本格的なダイビングはもちろん、マリンスポーツやアウトドアが趣味なら、ダイバーズウォッチは最高のパートナーとなる。

 
また、その個性的なデザインは、日常やタウンユースでも、遊び心や冒険心を表現するアイテムとして、おしゃれにアクセントを加えることができる。

 
この記事では、

 
・ダイバーズウォッチの機能や特徴
・【価格帯別】2021年最新のおすすめダイバーズウォッチ16選
・最高峰の性能を持つダイバーズウォッチとは?

 
を解説していく。

 
おすすめでは、国内外のさまざまなブランドの魅力溢れるモデルを、価格帯別にたっぷりと紹介する。機能性はもちろん、海でも街でも身につけられるデザインのモデルも揃っている。ぜひ、自由に楽しんでほしい。

 

ダイバーズウォッチの機能や特徴とは?

 
ダイバーズウォッチは、ダイビングに使える腕時計のこと。高い防水性能と操作性を持ち、耐磁性や耐久性にも優れている。そして、ダイバーの安全を守るために、装備しなければならない性能はJIS(日本工業規格)やISO(国際標準化機構)によって定められている。

 
では、ダイバーズウォッチのおもな機能や特徴を見ていこう。

 

基本となるのは高い防水性能

ダイバーズウォッチは、高い防水性能が保証されている。JISの規定では「100m防水」以上が潜水用。本格的なダイビングに使用するなら「200m防水」以上が目安だ。海外ブランドでは気圧表示しかない場合も多く、その場合は「10気圧」=「100m」と覚えておくとよい。

 
また文字盤や裏蓋で、潜水時計であることを示す「AIR DIVER’S(空気潜水用防水)」「HE-GAS DIVER’S(飽和潜水用防水)」表示を確認するとよいだろう。

 
防水性能についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参照してほしい。

腕時計の防水表示の意味とは?空気潜水と飽和潜水の違いも詳しく紹介

 

ダイバーズウォッチの顔を決める必須機能

 
深海や暗闇でも目視できるよう、蓄光塗料が施された、大きなインデックスや針。そして、潜水時間などを管理する回転ベゼルは、手袋をしていても扱いやすい大ぶりな形状で、誤作動を防ぐために逆回転防止機構などが採用されている。

 
つまり、ダイバーに必要な機能がそのままウォッチのフェイスのデザインとなっているのだ。

 

そのほかの機能や特徴

そのほかにも、ダイバーズウォッチには多くの優れた機能がある。ダイビングで必要な性能がほとんどだが、日常生活で役立つこともある。

 
・耐磁性
磁気を発するものを近づけると、磁気の影響を受けて計器が狂ってしまう場合がある。特に機械式腕時計は、影響を受けやすい。ダイビングでは磁石が用いられた機材が多いため、磁気に時計を近づけても性能が維持できるよう耐磁性が備えられている。

 
また日常生活では、スマートフォンやタブレットなどからも磁気が発せられているため、備えられていると安心な性能だ。

 
・耐久性
海中で岩石などに腕時計をぶつけても、簡単には壊れないように、耐久性が高く作られている。水中だけでなく、アクティブな活動が多いユーザーには嬉しい性能だ。

 
・ねじ込み式リューズ
リューズからの浸水を防ぐために、ダイバーズウォッチでは、隙間ができない特殊な仕組みのリューズが採用されている。また、水中での誤作動を防ぐ役割もある。

 
・エクステンションブレスレット
ウェットスーツの上からでも装着できるように、ブレスレットの長さを伸ばすなどの調節ができる。

 
・ヘリウムガスエスケープバルブ
ヘリウムガスを用いた飽和潜水を行うプロユース向けの機能。浮上時に時計内部にたまったヘリウムガスを放出するために使用する。

 

駆動方式も確認しよう

 
クオーツ式は時刻の狂いが少ないのが特長だが、本体を開いて電池交換をするため、再び防水性を保証するために、性能テストが必要となる。基本的にメーカー依頼となり、時間もかかることが多い。

 
本格的にダイビングで使用する方は、電池交換の必要がない機械式の自動巻きや、ソーラー充電式を選ぶとよいだろう。

 

20万円以下の最新ダイバーズウォッチおすすめ5選

ここからは、ダイバーズウォッチのおすすめモデルを価格帯別に紹介していく。

 

カシオ G-SHOCK「MASTER OF G – SEA FROGMAN GWF-A1000C-1AJF」

▲出典:カシオURL

 

素材:カーボン/ステンレススチール、樹脂バンド
ケースサイズ:高さ56.7mm×幅53.3mm
ムーブメント:タフソーラー(ソーラー充電)
税込参考価格:132,000円
防水性能:ISO200m 潜水用防水

 
G-SHOCKの本格ダイバーズラインといえばFROGMANシリーズ。この2021年モデルは、タフさだけでなく、ソーラー充電や電波受信機能を備え、Bluetooth®でスマートフォンと連動までしてしまう、日本が誇るハイテクダイバーズウォッチだ。

 
水深200mまで対応のカーボンモノコックボディに、エクステンション機能を備えたコンポジットバンドを採用。ウェットスーツの上からでも、カジュアルシーンでも、常に快適な長さで使用できる。

 

セイコー「プロスペックス SBDY073」

▲出典:セイコーURL

 

素材:ステンレス、シリコンバンド
ケースサイズ:横43.2mm×縦44mm
ムーブメント:機械式自動巻き(手巻き付き)
税込参考価格:64,900円
防水性能:200m潜水用防水

 
リーズナブルな価格だが、200mの防水性能と、自動巻きのムーブメントを搭載した、本格ダイバーズウォッチだ。落ち着いたトーンのデザインも好感度が高く、普段使いでも様々なファッションに合わせやすい1本といえるだろう。

 
まったく同じデザインで、ケースサイズをひとまわり小ぶりにしたレディースモデル(税込参考価格:59,400円)も同時発売されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

 

シチズン「プロマスター エコ・ドライブGPS衛星電波時計 ダイバー 200m」

▲出典:シチズンURL

 

素材:スーパーチタニウム™、ウレタン
直径:47mm
ムーブメント:光発電エコ・ドライブ(ソーラー充電)
税込参考価格:165,000円
防水性能:200m潜水用防水

 
シチズン独自の光発電「エコ・ドライブ機能」が備えられた、GPS衛星電波時計のダイバーズウォッチ。わずかな光を電気に変えることができるため、電池交換の必要がない。また、軽量でありながら傷に強い「スーパーチタニウム™」を使用しているため、アウトドアアクティビティーにもおすすめ。

 

ブローバ「96B343 Archives Series Oceanographer “Devil Diver”」

▲出典:ブローバURL

 

素材:ステンレススチール
直径:41mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:92,400円
防水性能:20気圧防水

 
アメリカ老舗ブランド「ブローバ」が1970年代に発売した「オーシャノグラファー」の復刻版。当時、666フィート(約200m)という高い防水性が話題となり、この“666”という数字からのイメージで「デビルダイバー」と呼ばれたという。

 
オーバル型のケースや文字盤の円柱パーツなど、オリジナルに忠実に再現された70年代らしいフューチャリスティックなデザインが魅力的。タウンユースのファッションアイテムとしても使い勝手がよい。

 

ハミルトン「カーキ ネイビー Scuba Auto」

▲出典:ハミルトンURL

 

素材:ステンレススチール
直径:40mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:92,400円
防水性能:10気圧防水

 
ハミルトンの「カーキ ネイビー Scuba Auto」は、ビーチから街まで対応可能な、スポーティーなデザインが魅力のコレクション。10気圧防水で、本格的な自動巻きながらも、価格は10万円以下だ。

 
40mmの小ぶりなフェイスなので、アウトドアだけでなくカジュアルシーンやビジネスシーンでも活躍するはず。大人の遊び心が感じられるビビッドな色使いを楽しんでほしい。

 

▲出典:ハミルトンURL

 

20万円〜50万円の最新ダイバーズウォッチおすすめ8選

シャウボーグ・ウォッチ「AQM4 1/2」

▲出典:シャウボーグ・ウォッチURL

 

素材:ステンレススチール、レザー
直径:45mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:217,800円
防水性能:50気圧防水

 
シャウボーグ・ウォッチは1998年にドイツの小さな町で誕生した。さまざまなジャンルの腕時計を独自性の高い洗練されたデザインで展開し、年間1,800本ほどしか制作しないというこだわりのウォッチメーカーだ。

 
こちらのダイバーズウォッチは、機械式自動巻きに50気圧(500m)防水と本格ダイビングでの使用はもちろん、洗練されたブラックのフェイスと革ベルトで、シックな装いでもおしゃれのポイントとなってくれそうな1本だ。

 

タグ・ホイヤー「アクアレーサー」

▲出典:タグ・ホイヤーURL

 

素材:スチール アルミニウム サテン/ポリッシュ仕上げ、ラバー
直径:43mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:308,000円
防水性能:300m防水

 
タグ・ホイヤーのファッショナブルで高性能なダイビングウォッチ。300m防水と本格的なダイビングにも対応し、べっ甲風樹脂で覆われたベゼルやアリゲーター型押しラバーストラップも洗練されたデザインで人気。カジュアルからビジネスまで、さまざまなシーンで万能に活躍してくれるだろう。

 

ジン「U1」

▲出典:ジンURL

 

素材:Uボート・スチール、シリコンストラップ
直径:44mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:396,000円
防水性能:100気圧防水

 
ジンの独自素材である“Uボート・スチール”をケースに使用した「Uシリーズ」。ドイツの潜水艦にも使用される“鋼鉄”のため、海水耐性に優れていることはもちろん、ひび割れへの耐性も強く、1,000mの耐圧テストもクリア。

 
すっきりとしたデザインで、まさに質実剛健でプロフェッショナルなダイバーズウォッチだ。タフな腕時計を求める方にぜひオススメしたい。

 

ロンジン「レジェンドダイバー」

▲出典:ロンジンURL

 

素材:ステンレススチール
直径:42mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:279,400円
防水性能:30気圧防水

 
ロンジンのヘリテージシリーズ「レジェンドダイバー」。30気圧防水の本格派ながら、ロンジンのクラシックなデザインが人気のモデル。そして回転ベゼルが内側にあり、とてもスマートな印象だ。

 
アウトドアでもスーツスタイルでもさりげなくコーディネートすることで、大人の個性を際立たせてくれるダイバーズウォッチ。

 

▲出典:ロンジンURL

 

ファーブル・ルーバ「レイダー・ディープブルー」

▲出典:ファーブル・ルーバURL

 

素材:ステンレススチール、レザー
直径:41mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:297,000円
防水性能:30気圧/300m防水

 
1737年創業、スイスの高級時計ブランド「ファーブル・ルーバ」の機械式ダイバーズウォッチ。1963年に発表された伝説的なモデルをインスピレーション源にしている。

 
すっきりとしたフォルムのケースに、外周が14角形に仕上げられた風防リング。表情豊かで存在感のあるデザインで、長く使い続けていきたい腕時計だ。

 

オリス「AQUIS デプスゲージ」

▲出典:オリスURL

 

素材:ステンレススティール/ブラックPVD、ラバー
直径:46mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:418,000円
防水性能:50気圧

 
1904年創業のオリスは、「実用的に意味あるものを作る」を信条とするスイスの機械式時計メーカー。プロフェッショナル仕様のダイバーズウォッチに定評があるブランドだが、今回はこの「AQUIS デプスゲージ」に注目だ。

 
なんと“水を時計に侵入させることで水深を測定する”という、斬新な発想の水深計機能を備えているのだ。まさにスイスのクラフツマンシップが感じられる、機械式時計の最前線をゆく魅力的なタイムピースだ。

 

ボール・ウォッチ「エンジニア ハイドロカーボン ディープクエスト II」

▲出典:ボール・ウォッチURL

 

素材: チタン
直径:42mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:396,000円
防水性能:1,000m防水

 
ボール・ウォッチは1891年創業のアメリカのブランド。ハイエンドクラスのコレクション「エンジニア ハイドロカーボン」のディープクエストIIは、ヘリウムガス排出バルブも備えた、1,000m防水の本格的な飽和潜水ウォッチ。

 
削り出しによる一体型のチタンケースに、耐衝撃性は7,500Gs、耐磁性も4,800A/mと、非常にハイスペック。さらに文字盤には、蓄光ではなく「自発光マイクロ・ガスライト」が採用されており、深海や暗闇でも確実に確認することができる。タフで高性能にもかかわらず、価格は抑えられており、洗練されたデザインで人気が高い。

 

ブライトリング「スーパーオーシャン オートマチック 42 ジャパン エディション」

▲出典:ブライトリングURL

 

素材:ステンレススチール、ラバー
直径:42mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:478,500円
防水性能:50気圧防水

 
「スーパーオーシャン」は1957年にブライトリングがプロや軍のダイバーのために作ったタイムピース。現在はコレクションラインとしてさまざまなサイズやカラーのバリエーションで展開されている。

 
こちらの「スーパーオーシャン オートマチック 42 ジャパン エディション」は、42mmとやや小ぶりのケースで、日本限定特別仕様のホワイトバージョン。華やかでファッショナブルでありながら、50気圧(500m)防水と、性能面もお墨付きだ。

 

50万円〜100万円の最新ダイバーズウォッチおすすめ3選

オメガ「シーマスター DIVER 300M コーアクシャル マスター クロノメーター 42MM」

▲出典:オメガURL

 

素材:ステンレススティール
直径:42mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:616,000円
防水性能:30気圧/300m防水

 
ダイバーズウォッチの代名詞とも言えるオメガの人気モデル「⁠シ⁠ーマスタ⁠ー⁠」。なかでも「DIVER 300M」コレクションは、300m防水と超高耐磁性能ムーブメント、ヘリウムエスケープバブルを備えており、最新の素材と技術を取り入れてアップデートされている。

 
レーザーエングレービングによる波模様のデザインに「Seamaster」の赤色のロゴ、オーシャンスピリットはそのままに進化し続ける、まさに伝説的なダイバーズウォッチだ。

 

IWC「アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・ジャック=イヴ・クストー”」

▲出典:IWCURL

 

素材:ステンレススティール
直径:44mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:819,500円
防水性能:30気圧

 
スキューバダイビングのパイオニアであり研究者、『沈黙の世界』などの映画製作者としても知られる、ジャック=イヴ・クストーを称える特別モデル。「アクアタイマー・クロノグラフ」と同じ技術仕様の本モデルは、30気圧防水のシンプルなデザイン。

 
売上金の一部は、海洋保護区やクストーが調査船として使用したカリプソ号の復元など、財団の活動に役立てられるという。ディープ・ブルーの文字盤が、青い地球や深海の想像へと誘う、とても美しいウォッチ。

 

▲出典:IWCURL

 

ロレックス「サブマリーナー デイト」

▲出典:ロレックスURL

 

素材:オイスター、オイスタースチール
直径:41mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:965,800円
防水性能:300m防水

 
ロレックスを代表するダイバーズウォッチ「サブマリーナー デイト」。2020年のモデルチェンジで、41mmのケース径となり、機械式自動巻きムーブメント「キャリバー3235」が導入された。それにより耐衝撃性がアップし、精度も高まっている。

 
時代を超えて愛される無駄のないデザインが、ビジネスシーンでも海でもオールマイティに似合う。ダイバーズウォッチの定番であり、性能も認知度もデザイン性もすべてが揃った名作。

 

最高峰の性能を持つダイバーズウォッチとは?

おすすめモデルをたっぷりとご覧いただいたが、ダイバーズウォッチには、驚異的な防水性能を誇るモデルが存在することをご存じだろうか。最後に、3,000m以上の深海まで潜水できる、最高峰の性能を持つモデルを紹介しよう。

 

ロレックス「ディープシー」

 

▲出典:ロレックスURL

 

素材:オイスター、オイスタースチール
直径:44mm
ムーブメント:機械式自動巻き
税込参考価格:1,365,100円
防水性能:3,900m防水、ヘリウム排出バルブ

 
ロレックスで人気のダイバーズウォッチ「ディープシー」は、なんと3,900m防水。そのハイスペックを実現するためのゴツくて厚いケースのデザインが魅力的だ。機械式腕時計では最高峰の防水性能といえるだろう。

 

ジン「UX(EZM2B)」

▲出典:ジンURL

 

素材:Uボート・スチール、シリコンストラップ
直径:44mm
ムーブメント:クオーツ
税込参考価格:418,000円
防水性能:500気圧防水(ハイドロテクニックにより特殊オイル充填)

 
ジンの「UX」はクオーツ式の5,000m防水。特殊なオイルを封入する独自のハイドロ・テクニックにより、高い防水性能が実現されている。これほど高性能でタフでありながら、タウンユースでもなじんでしまうデザインで人気が高い。日常でも、手元で最強感を楽しめてしまう、唯一無二のモデル。

 

海だけでなくタウンユースにも、ダイバーズウォッチを!

 
気軽に普段使いできるモデルからプロ仕様の本格派まで、魅力的なモデルの数々を紹介した。

 
防水性や耐久性に優れたタフなダイバーズウォッチは、タウンユースやスポーツなどでも、頼もしい存在となる。また、日常的に身につけていることで、操作にも慣れ、水中でもスムーズに使うことができるはず。

 
機能、ルックス、価格等、自分に合った最高のパートナーを見つけて、海やアウトドアはもちろん、さまざまなシーンで遊び心溢れる時間を楽しもう。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す