旅の+one

大切な腕時計を修理するには?依頼先と症状別の費用相場を解説

大切な腕時計にトラブルが発生!修理に出す前に知っておきたいこと

「動かない」「落としてしまった!」「曇っている!?」など、腕時計に突然起こるトラブル。でも、大切な腕時計だからこそ、修理をして長く使いたい。そのためには慌てず、すぐに対処することが重要だ。

 
ここでは、腕時計にトラブルが発生した場合、

 
・修理はどこに依頼するのがベストなのか
・症状別の修理内容と、大まかな費用相場

 
について、紹介する。

 
症状に応じてどのような修理が必要とされるかを知っているだけで、スムーズに対応できるはずだ。

 

腕時計の修理はどこに依頼するのがベスト?

まずは、修理の依頼先にはどのような選択肢があるのか見ていこう。

 

時計メーカー

高級ブランドや海外メーカーの場合、最も確実な選択肢は各時計の「メーカー」へ依頼すること。純正パーツを扱い、高い技術を有しているため、安心して預けることができる。

 
ただ、修理依頼から見積もり、そして修理開始、その後の受け取りまでを含め、時間がかかる場合が多い。

 
期間は、時計の状態によって異なるが、まず修理依頼から見積もりまで約1週間、そして「ロレックス」は国内でのオーバーホールの場合、約1ヵ月程度。「オメガ」は3~5週間、「IWC」は約4週間が目安という。

 

▲出典:IWCURL

 
損傷が激しかったり、ヴィンテージの場合などは、修理拠点が海外となり、数ヵ月かかる可能性もある。

 
価格は時計の種類、状態によって異なるが、まずはしっかりと見積もりを取るようにしよう。
基本的に、電池交換だけでも、非正規の修理業者に比べると費用がかかる。だが、メーカーによってはその時計専用の電池を自社で作っている場合もあり、別の場所で交換することで故障の原因となることもある。そのため単純に価格の比較だけで決めることはおすすめしない。

 
あくまでも参考価格だが、「オメガ」のコンプリートメンテナンスサービスは51,700円~、「カルティエ」はコンプリートサービスが33,880円~、電池交換サービスは5,170円から。「IWC」のコンプリートサービスは56,160円~となっている。

 

▲出典:カルティエURL

 
また、正規販売店で購入した時計のほとんどには、購入後2年から5年の国際保証がついている。「ロレックス」や「オメガ」は5年の国際保証(※)がついている。「カルティエ」や「IWC」は2年の国際保証だが、会員登録することで最大8年まで保証期間が延長される。

 
さらに、オーバーホールや有償の修理を行うと、その後、2年間の保証がつく場合が多い。
(※ロレックスは2015年7月1日以降、オメガは2018年7月1日以降に新規購入したものが5年保証の対象です。詳細は各メーカーにご確認ください)

 

時計修理専門ショップ

時計の修理を専門に行う「時計修理専門ショップ」は、リーズナブルで使い勝手がよいのがポイント。メーカーに修理を依頼するよりも、価格が安く、納期も短期の場合が多い。

 
けれども大切な時計を預けるならば、資格や実績を確認してからにしよう。お店に時計修理技能士、公認上級時計師の資格をもつ技術者がいるかどうかも、参考になる。

 
さらに、高級ブランドや海外メーカーの時計の修理を依頼する場合は、純正パーツを取り揃えているかどうかもチェックしたい。メーカー以外で修理した場合、純正パーツではないものを使用されると、その後、メーカーでは修理を受け付けてもらえなくなる可能性があるので、気をつけよう。

 
もちろん、見積もりは必須だ。さらに修理した後の「保証」の有無についても確認しよう。

 
身近に信頼の置ける専門店があると、定期的なメンテナンスや気になることがあればすぐに相談ができるのでおすすめだ。

 

 

ホームセンターや家電量販店

ホームセンターや家電量販店には時計修理のカウンターが常設されているところもある。修理といっても、電池交換やベルト交換などを中心とする店が多い。なかには時計修理技能士が常駐しているところもあるので、確認してみるといい。

 
リーズナブルで、気軽に預けることができ、すぐに直してくれるスピーディーさが魅力だ。ただしブランド物の時計は受け付けないお店も多い。

 
また家電量販店のなかでは、「ビックカメラ」は、電池交換などの簡単な修理だけでなく、オーバーホールも受け付けている。電池交換は国内メーカーは1,030円~、海外メーカーは1,060円~。ベルト交換は550円、ベルトをビックカメラで購入した場合は交換無料。オーバーホールは22,000円~。

 
海外メーカーや高級ブランドの時計、特殊電池が入ったものなどは、メーカーでの交換になることもあり、期間も1ヵ月程度かかったり、結果的に費用が高くなる場合もある。

 
こういった海外メーカーの高級時計はおすすめしないが、国内メーカーの時計の電池交換やベルト交換などで利用するのには便利かもしれない。

 

自分で修理する

ベルト交換や電池交換なら、自分で修理に挑戦してみる方法もある。

 
だが、ベルト交換も電池交換も、自分で行うことでケースに傷をつけたり、故障の原因となってしまう可能性がある。そのため注意が必要だ。高級ブランド、海外メーカーの時計には、おすすめしない。

 
ベルト交換には専用の工具が必要となる。工程を知ると、さほど難しくないように感じるかもしれない。ベルトは劣化が一番現れるパーツなので、気に入ったベルトを手に入れて、自分で交換するのもいいかもしれない。

 
また、電池交換については、自分で電池交換できるタイプの時計かどうかを見極めることが重要だ。そのほか、専用の道具も必要となる。

 
腕時計は精密機器なので、自分でできる作業なのか、腕時計のタイプをしっかりと確認してからにしよう。

 

 
電池交換についてはこちらも参考にしてほしい。

 
腕時計の電池交換はどこでするのがベスト?自分でもできる方法&道具も紹介

 

症状別のおおまかな修理内容と費用相場をご紹介

次に、腕時計によくある故障やトラブルと、その大まかな修理内容と費用相場を見ていこう。以下に紹介するのは、時計修理専門店に依頼した場合の参考価格となる。

 

止まったまま動かない

腕時計で最も多いトラブルが「止まったまま動かない」という症状。クォーツ式時計の場合、止まってしまう原因は電池切れというケースが多い。電池切れのまま放置しておくと、液漏れが生じて内部に影響を与える可能性もあるので、早めに対処しよう。

 
・電池交換:900円~5,000円程度

 

電池交換しても動かない/精度が落ちた

電池交換をしても動かない場合は、オーバーホールが必要となる。そのほか「時間が遅れる・早くなる」などの症状でも、電池交換で改善しなかった場合は、歯車がスムーズに動かなくなっていたり、パーツに不具合が生じている可能性がある。そのため、オーバーホールを行い、原因を確認して、パーツ交換や調整を行う。

 
・オーバーホール:6,000円~60,000円程度

 

ベルトが汚れた/壊れてしまった

時計の劣化がよく現れるのがベルト部分。皮脂や汚れなどで汚損したり、ベルトのピンが外れるなどの破損のケースがある。

 
・ベルト部品の修理:部品代+1,500円~
・ベルト交換:工賃 1,000円~5,000円程度+ベルト代
(高級ブランドの純正ベルト交換の場合は、数万円~100,000円以上になることも)

 

本体やガラスが傷ついた/汚れてしまった

腕時計は、使用しているうちに無数のキズがついていくもの。ケースやガラス表面などの小さなキズは研磨することで、驚くほどの輝きを取り戻すことができる。

 
・磨き処理:10,000円~
(ガラス表面の研磨やライトポリッシュなど)

 

ガラスが破損した

時計をぶつけてしまったり、落としたりして、本体やガラスに大きな傷がついたり割れてしまった場合は、ガラスの交換が必要となる。費用はガラスの種類によって異なる。

 
さらに破損したガラスの破片が内部に入り込んでいたり、衝撃によって内部も破損している可能性があるため、オーバーホールが必要となることもある。

 
・ガラス交換:アクリルガラス 6,000円~
・ミネラルガラス:10,000円~
・サファイヤガラス:15,000円~

 

ガラスの内側が曇ってしまった

腕時計のガラスの内側が曇ったまま元に戻らない場合、内部に水が入ってしまった可能性がある。防水機能がついていても、リューズを正しく押し込んで使用しないと、時計内部に水が入ってしまうことがある。そのほか、パッキンの劣化によって水が侵入するケースもある。

 
時計は金属でできている部品が多いため、内部に入った水分はサビや故障の原因になってしまう。そのため、できるだけ早い対応が必要だ。オーバーホールして状態を確認し、パッキンの交換など、必要な修理を行う。

 
また、外気との気温差によってガラスの内側に結露ができる場合もあるが、これは時計内部と外気の温度が同じになれば、自然と消える。そのためすぐに消える場合は、ほとんど問題はない。けれども、長時間、結露が消えない場合は、メンテナンスが必要だ。

 
・オーバーホール:6,000円~60,000円程度
・パッキン交換:1,000円~

 

リューズが壊れてしまった

時計の右側面についている「リューズ」がねじ込めなくなった、空回りして最後まで閉められない、外れたなどの症状がある場合は、リューズの交換が必要となる。

 
そのままにしておくと、リューズの隙間から水が入り、大きなトラブルにつながる恐れもあるので、まずは相談することをおすすめする。

 
・リューズ交換:5,000円~

 

針が外れてしまった

腕時計を落としてしまったり、衝撃を与えてしまった、または経年劣化により針が外れてしまうことがある。衝撃で針が外れてしまった場合は、他の部分にも不具合が出ていないかを確認するため、オーバーホールを行うことをおすすめする。針の取り付け部分の緩みが原因の場合は、カシメ直しと呼ばれる修理が必要。

 
・針の取り付け、カシメ直し:4,000円~

 

トラブルに慌てず、適切な修理とメンテナンスが大事

 
大切な腕時計を長く使い続けるには、トラブルが起こっても慌てず、正しい知識のもと、適切な修理や部品交換などを行うことが大事だ。

 
高級な腕時計の修理にはそれなりの費用がかかってしまう可能性があるのも事実。けれども高級時計メーカーは、確かな技術力を備えているため、確実な修理ができる。さらにメンテナンスを適切に行うことで、世代を超えて長く使い続けることができる。

 
また、信頼できる時計修理専門ショップを見つけることができれば、些細なことでも相談ができて安心だ。こまめにメンテナンスをすることで、時計の寿命は確実にのびていく。

 
信頼できる修理依頼先を知っていると、トラブルがあってもすぐに対応することができる。ぜひ、ベストな状態で腕時計を身につけ、安心して素敵な時間を過ごしてほしい。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す