とっておきの話

航空機のクリーニング業務【地上のお仕事図鑑】

私は主に、成田空港にて航空機の内部・外部クリーニングを担当しています。日中は客室内の清掃業務を、夜間は航空機外部全体の水洗い作業を行っています。

 
内部クリーニング作業では、お客さま目線での清掃を心掛けています。座席やトイレに座って汚れなどを確認したり、「自分がお客さまの立場だったら」という思いを持って作業することで、より細かな所まで気を配れるように気をつけています。

 
ほかにも、客室内の清掃には“重整備作業”という車でいう車検のような保守点検整備作業があります。お客さまが座られた座席カバーや、床に敷き詰められているカーペットの交換のほか、床下を点検するために座席本体の取り外し・取り付けなども行います。

 
また外部クリーニング作業では、専用の洗浄パッドを取り付けた3mもある長~いモップ棒やブラシなど“クリーニングの七つ道具”を使いこなし、飛行機の隅から隅まですべて手作業で洗浄しています。垂直尾翼などの高い場所をきれいにする際は特殊車両を使うのですが、一番高い所で約20mまで上昇して行うので、高さに慣れるまで時間がかかりました。

 
特殊車両を使用して高所で作業をするため、作業者自身を守る安全帯の完全着用や誘導者の配置のほか、たとえボールペン1本でも落下の恐れがある不必要なものは持っていかないよう、常に安全を意識しています。

 
内部クリーニングと外部クリーニングのどちらも行っているのは私たちの部署だけです。客室内と外部の両方をクリーニングしたピカピカの機体で、皆さまの快適な空の旅のお手伝いができれば幸いです。
 
これからもお客さまにご満足いただけるきれいな機内空間を目指し、お客さまの目線に立ってクリーニングを行います。私たちの作業の先に、“お客さまの笑顔”が広がることを祈って。

 
workdiary

▲左/こちらがクリーニングの七つ道具。バケツやモップ、ブラシ、フランネルなどを使いきれいにしていきます。中央/ライトを使いながら、細かい部分まで清掃していきます。右/垂直尾翼のクリーニングの様子。作業に慣れるまでは少し怖さを感じる高さです。

 
mr.yamada
山田康之 Yasuyuki Yamada
JALグランドサービス 成田支店
整備サービス事業部
整備補助付帯業務
出身地:千葉県
趣味:ゴルフ

 

(SKYWARD2020年3月号掲載)
※記載の情報は2020年3月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
※最新の運航状況はJAL Webサイトをご確認ください。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す