旅の寸景

大洞原の菜の花畑より妙高山【眼福一景】

文・撮影/森田敏隆

新潟県妙高市関山の大洞原地区は、遊休農地を利用して地域振興を図っている。訪ねた季節は晩春。交流施設である「ハートランド妙高」の近くには、黄色の絨毯を敷き詰めたように菜の花が一面に咲き、そよ風に揺れていた。広大な花畑の背景に、雪が残る妙高山の山容が美しい。花畑に沿って延びる小道を散策していると上空でヒバリが囀り、牧歌的な風景に癒やされた。

 

※菜の花の開花期は例年5月上旬〜下旬。

 

妙高戸隠連山国立公園

Myoko-Togakushi renzan National Park

 
成り立ちの異なる火山・非火山が密集し、その間を縫って美しい高原や湖沼が点在する。糸魚川・小谷、妙高、戸隠・飯綱、野尻湖・黒姫の4つのエリアに分けられ、いずれも登山、トレッキング、スキーなどを楽しむ来訪者で一年を通して賑わう。また、厳しいながらも豊かな自然のもと、地域の人々が育んできた独自の文化や山岳信仰も見所。戸隠神社やその門前町などの景観から、そうした営みを知ることができる。

 
DATA|指定:平成27(2015)年3月27日 面積:39,772ha 地域:新潟県、長野県
環境省 日本の国立公園Webサイト

 

今月の一景へのアクセス

map
新潟空港からハートランド妙高…日本海東北道、北陸道、上信越道を利用し、約2時間10分。信州まつもと空港からハートランド妙高…長野道および上信越道を利用し、約1時間35分。

 
森田敏隆
もりた としたか/風景写真家。1946年、大阪府生まれ。国立公園の四季折々の絶景、棚田や桜などの日本の原風景を50年以上にわたり撮影し続け、80冊の写真集を発表している。

 

(SKYWARD2020年3月号掲載)
※記載の情報は2020年3月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
※最新の運航状況はJAL Webサイトをご確認ください。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す