旅の寸景

しまなみ海道・伯方島 開山公園の桜【とっておきの一枚】

文/堀 雅子(スカイワード編集部) 撮影/吉田タイスケ

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ海道」。この海の道がつなぐエリアは、桜の名所の宝庫でもある。

 
ここ、愛媛県・伯方島にそびえる、標高149mの開山(ひらきやま)もその一つだ。頂上一帯は開山公園として整備されていて、毎年4月上旬から中旬、ソメイヨシノをはじめとする1,000本近くの桜が視界を埋め尽くす。

 
この一枚は、早朝5時半ごろの展望台から。夜明け前、淡いブルーに包まれた世界と、太陽が昇ってからのめくるめく色彩の変化。その光の移り変わりのなかで見る、満開の桜の美しさたるや! 

 
ぐるっと360度、雲海ならぬ“桜の海”越しに、海・島・橋からなるしまなみ海道の美景を拝む。何度だって訪れたい――瀬戸内の春は、いつまでも心に残る春なのだ。

 

伯方島へのアクセス

東京(羽田)などからJALグループ便で広島空港へ。広島空港から車で、山陽自動車道、しまなみ海道を経由し、約1時間10分。
※最新の運航状況はJAL Webサイトをご確認ください。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す