旅の寸景

ニース 暮れゆく街並みを城砦公園から【とっておきの一枚】

文/堀 雅子(スカイワード編集部) 撮影/吉田タイスケ

それが美しいことは、わかりきっている。それでも人は、どうしようもなく惹かれてしまう。

 
名勝や景勝地とは、そういった類いのもので、南仏ニースも例外ではない。ここに来たからには、かの有名な海沿いの遊歩道をあてもなくぶらぶらと歩きたいし(プロムナード・デ・ザングレという立派な名前がある)、マルシェで麦わら帽子や市場かごを買ってみたりしたくなる。お決まりのコースだけれど、“王道”といわれるものはやっぱり心地いいのだ。

 
そんなニースの“王道”の眺めは、旧市街の東にそびえる丘の上から。地元の人たちは、ここを「シャトー(お城)」と呼んでいる。なぜかって? 紀元前の遥か昔、ニースが「ニカイア」という名の交易都市だった時代に、この丘には城砦があったから。

 
「お城のほうに登ってみませんか?」

 
太陽が西に傾き、風景が少しずつあたたかな色合いを帯びてくるなか、丘の頂上を目指して石段を上がる。一帯は城砦公園として整備されていて、いくつかのビューポイントに加え、今は大がかりな滝だってある。そして、期待通りの風景が眼の前に開ける。まさに絵画のように。

 
なだらかにカーブした海岸線とニースの街並み。日が暮れるにつれて刻々と変化する、空と海の色合い。期待通り? いえいえ、期待以上でしょう。あらがいようのないニースの魅力を、機内誌の表紙にのせてお届けしました。

 

ニースへのアクセス

東京(羽田)からパリ・シャルル・ド・ゴール国際空港までJAL直行便が毎日運航。パリでコードシェア便に乗り継ぎ、ニース・コート・ダジュール国際空港へ。空港から市内へ車で約30分。

 
nice

▲2019年12月号

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す