旅の+one

重い薪も楽に持ち上がる!つかむ・くだく・ころがす・ならすがスムーズにできる薪トング

 
▼あわせて読みたい
BBQコンロ・グリルの最新おすすめ10選|あると便利なグッズも紹介

 
創業53年の精密板金加工・塗装会社「寿産業」が展開する、アウトドア薪ストーブの自社ブランド「FIREGRAPHIX(ファイヤーグラフィックス)」から、薪ストーブ・焚き火を安全快適に楽しめる4+1の機能を持つ薪トング「BEAKS(ビークス)」が登場。応援購入サービス「Makuake」にて、2021年9月10日(金)までの先行販売を開始した。

 

 
「BEAKS」は、薪ストーブメーカーである「FIREGRAPHIX」が、薪ストーブや焚き火を安全に快適に楽しむために生み出した、4+1の機能を持つ薪用のトングだ。

 

 
「BEAKS」は、薪を操る4つの基本動作、「つかむ・くだく・ころがす(ずらす)・ならす」に、特許出願中の「楽に持ち上げる」の機能を追加し、さらにつかみやすさ・握りやすさ・持ち上げやすさ・安全性を追求。今までにない容易な薪のコントロールを実現した。

 

 
先端部分に動物の蹄のような2股に分かれている突起を設けることによって、細かい枝でも容易につかむことができる。また大きく重たい薪は2点でつかむと回転してしまうことがあるが、4点でホールドできるように約3.5cm離れた所にバーリングという加工を施し突起を設けた。その結果、4点でしっかりとホールドすることができる。

 
▼あわせて読みたい
焚き火台のおすすめ6選|初心者でも迷わない選び方も解説

 

 

 
炭化した薪をくだくときは、鳥のくちばしのような突起、または動物の蹄のような先端で薪をたたけばOK。太い薪をころがしたり、ずらしたりするときは突起で、細い薪はその反対の小さな突起で動かすことができる。

 

 
薪ストーブ内の熾火を平らにならすようなときは、鳥のくちばしのような突起を少し開いた状態で使う。

 

 
「BEAKS」の最大の特徴が、持ち手側にある飛び出した角のようなパーツ。テコの原理を利用して重たい薪でも楽に持ち上げられるように考えられた、ありそうでなかったアイデア(特許出願中)だ。4本指を支点、前腕を力点として作用させれば、力の弱い人でも容易に重たい薪を持ち上げることができ、安定・安全に作業が行える。

 
▼あわせて読みたい
BBQしながらカレーも作れるグリル!高さも火力も調節可能。デコボコ地面で転倒しない安心設計

 

 
4本指を覆うように伸びたガードと親指を覆うように伸びたガードは、薪ストーブや焚き火台との接触を防ぐ役目があり、火傷や切傷から手を守る。また「BEAKS」を握った際の4本指の滑り止めとして凹凸を設け、親指側に引っ掛けて握ることができる部分を作ることで、重たい薪でも楽に吊るして持ち上げることができる。

 

 
焚き火をしたり、薪ストーブを使ったりしたことのある人なら、火バサミで薪をつかんだり、持ち上げたりしたとき、火バサミが捩れてしまった、重くて手がぶるぶる震えた、つかみにくいなど感じたことがあるのでは。そんな使いにくさを解消し、安全に焚き火や薪ストーブが楽しめる「BEAKS」。1セットあれば、アウトドアの楽しみがより広がりそうだ。

 

BEAKS(ビークス)
先行販売価格:7,000円~17,152円(税込)※プロジェクト終了は2021年9月10日(金)予定
サイズ:長さ62cm
重量:約1.4kg
発送:2021年10月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/beaks/URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す