旅の+one

炒飯も野菜炒めもべちゃっとしない!“お一人様用”の中華鍋は、直火・IHの両方対応でお手入れも楽々

 
▼あわせて読みたい
BBQコンロ・グリルの最新おすすめ10選|あると便利なグッズも紹介

 

 
お一人様用の「ミニ中華鍋」が応援購入サービス「Makuake」にて先行発売を開始した。中華鍋は重くてお手入れが大変なイメージがあるが、このミニ中華鍋はコンパクトなサイズで軽々と扱うことができ、面倒なお手入れも不要。中華鍋を使うことへのハードルが格段に下がるうえ、料理のレベルがアップすること間違いなしのアイテムだ。

 

 
本商品は町工場・藤田金属独自の技術で、従来のプレス加工より20%の軽量化に成功。また、鉄製品の使いにくさ(サビ・こびりつき)を解消するため、本体を高温で焼き入れて油に浸け、最初から油に馴染んだ状態にする「ハードテンパー加工」を施した。これにより初回の面倒な「から焼き」が不要になり、滅多に使わなくても、油を塗らずに保管していても錆びたり焦げついたりしにくい。

 

 
鉄フライパンは蓄熱性が特長。中華鍋の場合、鉄板が薄いため熱回りが特によく、炒め物の効率がアップする。強い火力で食材の表面から熱を通していくので、炒め物の強いシャキシャキ感を生んでくれるのだ。パラパラ本格炒飯も簡単に作ることができる。

 

 
また、この中華鍋はガス調理器だけでなく、炭火などさまざまな熱源で使用可能。底が平らになっているため、IHにも対応している。家はもちろん、アウトドアなどあらゆるシチュエーションで活躍してくれそうだ。

 
▼あわせて読みたい
“手のひらサイズ”の鉄製フライパンで、キャンプ飯を格上げ!230gの超軽量で持ち運びも◎

 

 
鉄の中華鍋を一つ持っていれば、炒める・焼く・煮る・茹でる・蒸す・揚げるといった、調理のほとんどができてしまう。底が深くなっている分、汁物や煮込み料理も作りやすく、オールマイティな調理道具といえる。調理によって鉄分が自然に摂取できるのもうれしい。

 
取っ手の先端には丸穴が空いているため、S字フックにかけて収納可能。取っ手の反対側には、握りやすく熱くなりにくいステンレス製の持ち手も装備。サッと取り出して、パッと料理することができるので便利だ。

 

 
使い込むほど愛着が湧く、一生もののミニ中華鍋。美味しい料理とともに、経年変化で出る味わいを楽しもう。

 
▼あわせて読みたい
煙が少ない、肉が焦げない、場所を取らない!3mmの極薄ホットプレート。炭火焼きのような味にワンランクアップ

 

ミニ中華鍋
先行販売価格:5,580円~9,900円(送料・税込)※プロジェクト終了は2021年8月29日(日)予定
サイズ:直径20cm、高さ13cm、全長(持ち手含む)43.5cm
質量:約900g
素材:鉄
発送:2021年11月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/blueoathURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す