旅の+one

1秒で取っ手が取れる、一生ものな“鋳鉄フライパン”!IH・ガス・オーブン・焚き火全てOKのスグレモノ

 
▼あわせて読みたい
自宅でもプロの味!「アイリスオーヤマ」のスリム低温調理器が肉や魚をやわらかく仕上げ、収納もコンパクト

 
熱保持力と均等性に優れた3mmの厚みにこだわり、IH、ガス、オーブン、焚き火でも使うことができる「manoi鋳鉄フライパン」の先行販売を、応援購入サービス「Makuake」にて2022年1月5日(水)までの期間限定で開始した。

 

 
普段使いはもちろん焚き火でも使用可能な「manoi鋳鉄フライパン」は、木製の取っ手部分がスムーズに着脱できるデザイン。コンパクトに収納できる上、狭いシンクでも洗いやすく、火力の強い焚き火でも熱が伝わりにくい。

 

 
「manoi鋳鉄フライパン」は、使い込むほどに油が馴染むので焦げ付きにくい。金属製ブラシで洗ったり、フライパンの上でナイフを使っても、テフロンコーティングのフライパンのようなコーティングが剥がれ落ちる心配もない。洗うときは洗剤を使わず、タワシやナイロンブラシで洗い、乾かしてから油を薄く塗って収納するのがオススメだ。

 
▼あわせて読みたい
最大3年待ち!人気シリーズから、焼く・煮る・揚げる・蒸すなど6通り使えるマルチパンが登場。キャンプ飯にも使える

 

 
高品質の鋳鉄を加工しているため、鉄板をプレスして成形したフライパンと比べて、熱伝達力や遠赤外線効果に優れている。フライパン全体を均一に素早く加熱できるので、分厚いステーキでも外はカリッと、中はジューシーに仕上げることができる。

 
▼あわせて読みたい
ふわとろオムレツを失敗しない!“底が丸いフライパン”ならムラなく焼けて、揚げ物も少量の油でOK

 

 
「manoi鋳鉄フライパン」は、直径220~280mmの4種類を用意。ガラス製のフタと竹製のテーブルスタンドもセットしているので、フライパンのままで卓上に料理を提供することができる。自宅でもアウトドアでも、場所を選ばず使うことができる逸品だ。

 

manoi鋳鉄フライパン
先行販売価格:11,010円~41,540円(税込)※プロジェクト終了は2022年1月5日(水)予定
直径:220、240、260、280mm
重さ:1.8、2、2.4、2.7kg
高さ:35、40、45mm
発送:2022年4月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/3s-japanURL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す