旅の+one

ふわとろオムレツを失敗しない!“底が丸いフライパン”ならムラなく焼けて、揚げ物も少量の油でOK

 
▼あわせて読みたい
最速15秒で食品が5倍長持ち!ワンタッチで真空状態にできるキャニスター。コーヒー豆も食材も購入時の鮮度をキープ

 
1930年創業の調理器具の老舗メーカー「北陸アルミニウム」は、新発想のフライパン「まるっとパン」の第2弾としてガス火専用で軽量化を追求した「まるっとパン・ガス火専用」を製品化。応援購入サービス「Makuake」にて、2021年9月28日(火)までの期間限定で先行販売を開始した。

 

 
中華鍋のまるいカタチは、調理をする上でたくさんの利点がある。しかし底がまるいとグラグラし、調理中のガスコンロでも安定しない。そこで誕生したのが新発想のフライパン「まるっとパン」だ。

 

 
「まるっとパン」は内側が丸く全面が調理面になっており、食材が中央に集まるよう設計されている。そのおかげで、軽く混ぜるだけで具材がうまく絡まる。例えば、フライパンのサイズと溶き卵の量があわないと、溶き卵が薄く流れて固まってしまい、意図せずスクランブルエッグや薄焼き卵になることも。まるっとパンなら鍋の中心に溶き卵が集まるので、卵が1つでも2つでも、上手にオムレツが作れる。

 

 

 
今回発売となる「まるっとパン・ガス火専用」は、軽さを追求したガス火専用仕様。独自の受け台設計で、新発想の底がまるい「カタチ」と「グラつかない」安定性とを両立。受け台部を除く底面は、最薄化することで軽量を実現した。

 
▼あわせて読みたい
繰り返し使える、捨てない保存バック!230度の熱に耐え、電子レンジやオーブン調理にも使える

 

 

 
「まるっとパン」の最大の魅力は、料理の出来映えを左右する高い調理性能。その秘密はアルミキャストの特有な断面構造にある。パンケーキの出来栄えの差で、熱伝導性能は一目瞭然。金属の中でも熱伝導率が高いアルミニウムは、鉄と比較すると約3倍、ステンレスとの比較では約10倍、熱伝導率に差がある。

 

 
フライパンにとって「こびりつきにくいこと」は重要。料理の最中はもちろん、洗う時のことも考えるとふっ素樹脂加工のフライパンは欠かせない。「まるっとパン」は、丈夫で信頼のあるテフロンTM加工を採用している。

 

▲出典:応援購入サービス「Makuake」URL

 
丈夫で軽い蓋は、業務用に採用している強度の高い1.7mmの厚板。表面にアルマイト加工を施すことで、表面硬度を高め、耐食性も強い。自立するので、調理中も置き場に困らず、収納時も省スペースだ。

 
▼あわせて読みたい
炒飯も野菜炒めもべちゃっとしない!“お一人様用”の中華鍋は、直火・IHの両方対応でお手入れも楽々

 

 

 
炒める・焼く・揚げる・煮る・茹でる・蒸す。多様な調理方法に対応できるのも「まるっとパン」の魅力。独自の形状から、フライ用油の使用量も少なくてすみ、深さもあるので煮込み料理もできる。これ一つあればさまざまな料理に使い回せるので、余分な調理器具を整理してキッチンの収納をスッキリさせることもできるだろう。

 

まるっとパン・ガス火専用
先行販売価格:7,480円~24,800円(税込)※プロジェクト終了は2021年9月28日(火)予定
サイズ:縦248×横423×高さ160mm
蓋を含む高さ:148mm
内径:240mm
重量:700g
満水容量:3.0L
素材:アルミニウム合金
内面:テフロンTMプラチナプラス加工
外面:ミラー仕上げ、セラミック耐熱塗装(グレー)
取っ手:天然木
発送:2021年10月末までに発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/maruttopan02URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す