旅の+one

グランピングの持ち物を解説|快適さと楽しみが倍増するものは?

テントも料理道具もなしに気軽にアウトドアアクティビティーが楽しめるグランピング。新型コロナの影響で不特定多数の人と室内で過ごすことがためらわれる昨今、その人気はさらに高まっている。「至れり尽せり」のグランピングだからこそ、迷うのが持ち物かもしれない。

 
この記事では、男女混合のグループや家族でのグランピングを念頭に、

 
・グランピングの基礎知識
・携行すべき持ち物は何か
・あると便利なグッズ
・どんな装備があると楽しみが増すか

 
について詳述する。万全の準備をして、存分に「手軽な野性」を楽しもう。

 

「手ぶらで行ける」からこそ、持ち物選びが大事

 
グランピングは「グラマラス(魅惑の、ワクワクさせる)」+「キャンピング」から生まれた言葉。日本では5年くらい前から認知が広まり、瞬く間に少人数グループや家族連れに人気のアクティビティーになった。

 
グランピングは端的に言うなら「手ぶらで行けるキャンプ」だ。従来のキャンプは、専用グッズやウェア、食材、燃料の調達が面倒だった。それをすべて取り払ったというわけだ。

 
テントも、寝袋も、バーベキューセットも施設側が用意してくれる。ケータリングやレストランを利用できる施設なら料理すら不要。風呂やトイレも完備。アウトドア初心者でも気軽に出かけられるのが人気の秘密だろう。

 
宿泊はテント、コテージ、トレーラーハウスなど。なかにはホテルで宿泊し、エクスカーションとしてバーベキューや焚き火を楽しむという施設も。「手ぶらで行ける」からこそ、自分たちなりの「演出」をおろそかにしたくない。そのためにも持ち物が重要になる。

 

施設側にあるものを知っておく

 
施設側が用意している備品は施設によって異なるので、細かい点については事前に確認することを勧めるが、一般的には次に挙げるものは用意されていると考えていい。

 
・テント
・タープ
・マット
・寝袋(シュラフ)
・テーブル&チェア
・バーベキューセット(炭、カセットコンロ)
・食器
・食材、調味料
・洗面用具
・タオル

 

まずは「ないと困るもの」を揃える

 

食料

原則的に施設側で用意されているが、現地までの往復の間の間食、現地でのおやつは自前で調達しておく。バーベキュー用の食材が持ち込み可能な場合は、メンバーの好みと予算に応じて予め購入しておく。現地の道の駅などでローカルな食材を手に入れることができたら、「気分」も高まるだろう。

 

酒類

持ち込み可能な場合は、好みのワイン、ビール、日本酒、蒸留酒などを。焚火のそばで飲むバーボン・オン・ザ・ロック、マグで酌み交わすワインなど、アウトドアならではのスタイルを楽しみたい。

 

スマホの充電器

グランピング中くらいはSNSやメールから解放されて、ネットワークと無縁の時間を過ごしたいという気持ちもわかる。

 
しかし、緊急事態に通信は欠かせないし、スマホを使ってグランピングをより充実させることができるなら大いに活用すべきだろう(アプリの話題は後述)。帰路のナビゲーションを含め、電力低下では困ること多々。

 

着替え、ルームウェア

汗、雨水や泥、煙などで衣類は汚れやすい。着替えは多めに。テントなどの中で寛ぐための服装は案外忘れがち。

 

ビニール袋、チャック付きポリ袋

汚れた衣類やゴミを入れて持ち帰る。いくつかのサイズを用意するといいだろう。密閉できるチャック付きポリ袋があれば、余らせた食材を持ち帰る際などにも活用できる。

 

雨具

降雨時だけでなく、朝露などで雨具が活躍する場は意外と多い。折り畳み傘だけでも携行するべき。

 

懐中電灯やランタン

施設に用意されているが、2個目があると重宝する。ランタンはアウトドアの雰囲気をいやましに高めてくれるだろう。最近は、ソーラー発電式やUSB充電タイプのLEDランタンなどもあるので、1個持っておくと何かと便利。

 

 

日焼け止め、帽子、サングラス

夏期に限らず戸外は紫外線が強烈。光に弱い方はサングラスも必須。

 

最低限の救急グッズ、虫刺され薬

管理されているとはいえ、自然のなかに入っていくということを忘れずに。絆創膏、消毒液、下痢腹痛の薬、防虫スプレー、虫刺され薬程度は携行する。

 

保温マグ、カイロ

海沿いや標高の高いところでは、夜間思った以上に冷え込むことも。

 

「あるとグランピングの時間が豊かになるもの」とは

 
ここからは、携行するとグランピングの時間が格段に豊かになるものを紹介していこう。

 

スマホアプリ

自然のなかのあらゆるものには名前がある。夜空にかざすだけで星座表が表示されるアプリ、ビューポイントから見える山の名前や標高がわかるアプリ、草花や樹木、鳥の名前が簡単にわかるアプリなどをダウンロードしておくといい。主なフリーアプリを挙げておこう。

 
・Star Walk 2……頭の上の夜空の天体、星座の名前がわかる。
・PeakFinder AR……風景にスマホをかざすと、山の名前、標高が表示される。
・PictureThis……野山で出合った植物の写真を撮るだけで名前がわかる。

 

ナイフ

都市生活ではほとんど使う機会のなくなったナイフ。このシンプルな道具がいかに役に立つか、また我々はいかにナイフを使うのが下手になっているかを思い知るだろう。

 
果物の皮むき、バーベキュー食材の下処理、木の枝の先を尖らせて支柱を作る等々、ナイフ一丁でできることは無限にある。ナイフは手軽なグランピングの場でもよりエクストリームなアウトドアライフをイメージさせてくれる象徴的なアイテムでもある。

 
また、数種類のナイフ、ハサミ、オープナーが一体になった万能ナイフは本格アウトドアライフの必携品。

 

コーヒー豆とドリッパー

戸外で淹れて飲むコーヒーの味は格別だ。コーヒー豆は挽いていないものを持っていき、バンダナなどで包んで石で砕いたものを抽出するとワイルドな風味と雰囲気に。もちろん、お気に入りの茶葉でも。

 

マシュマロ

串に刺したマシュマロを焚火で焼いて食べる「焼きマシュマロ」はアメリカやカナダではキャンプやバーベキューの定番アトラクション。焚火で溶けたマシュマロとチョコレートをクラッカーに挟んで食べる「スモア」も流行の兆し。

 

編集部のおすすめグッズ

機内誌『SKYWARD』編集スタッフが、実際に持って行ってよかったグッズもご紹介しよう。

 

水陸両用シューズ

出典:TevaURL

 

Teva「HURRICANE XLT2」
税込価格:8,580円

 
岩場で足を滑らせて捻挫……アウトドアでよくやってしまうパターンだ。足元をしっかりサポートすることができ、かつ軽量のショーズがほしい。

 
Teva(テバ)「HURRICANE XLT2」は、3点で足をホールドする独自のユニバーサルストラップシステムで好みのサイズ感に調整可能。素材には速乾性、耐久性に優れ、地球にやさしいUnifi社のREPREVE®再生ポリエステルウェビングを採用。

 
これを履くことで一足あたり5本のプラボトルが廃棄されるのを防ぐことになる。履くだけで「廃プラ削減」に貢献することができるというわけ。

 

フットウォーマー

出典:mont-bellURL

 

mont-bell「ベーシック ダウン フットウォーマー」
税込価格:6,380円

 
防寒対策にやりすぎということはない。就寝時に足元が冷えて眠れないというのもよくある話だ。

 
mont-bell(モンベル)「ベーシック ダウン フットウォーマー」は保温性に優れた良質のダウンを使用し、コンパクトに収納できるダウンフットウォーマー。

 
ドローコードで足首のフィット感が調節でき、脱げにくい。裏地にはずれにくい起毛メッシュ地を使用。履き口のストレッチ素材が冷気の侵入を防ぐ。

 

アウトドア用スピーカー

出典:BOSEURL

 

BOSE 「SoundLink Color Bluetooth® Speaker II」
税込価格:16,500円

 
鳥のさえずり、風やせせらぎの音……自然の音に勝る音楽はない。が、自然のなかで聴く好みの音楽もまた格別だ。

 
BOSE(ボーズ)「SoundLink Color Bluetooth® Speaker II」なら、防滴性能を備え、戸外でのレジャーシーンに好適。振動を最小限に抑えながら力強い音響を生み出すデュアルオポージングパッシブラジエーターなど、BOSEの革新的なテクノロジーが搭載されている。

 
操作は簡単。540g(サッカーボール程度)と軽量なのも嬉しい。充電式のリチウムバッテリーで約8時間の連続使用が可能。

 

事前のちょっとした準備で最高のグランピング体験を!

 
グランピングは手軽にアウトドアライフを楽しむ「機会」を与えてくれるもの。そこに自分たちで用意する「主体性」を加えることで、体験の深さと豊かさが何倍にも増すだろう。素敵な「演出」を凝らして、大切な人たちとともに最高のグランピングを!

 
 

山形の春を満喫!芭蕉ゆかりの地・山寺など名刹巡りと、さくらんぼ&美食の旅

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す