旅の+one

【2024年最新版】広島のカーリースおすすめ6選を徹底比較

〈PR〉本記事はプロモーションを含みます。

 
大手自動車メーカー「マツダ」を有する、広島県。観光スポットも多く、旅行者にも人気だ。路面電車や鉄道、バスもあるが、広島県は広く、暮らす人たちにとっては毎日の生活を考えると、やはり車があった方が便利だろう。

 
この記事では、

 
・広島でカーリースにおすすめの事業者
・カーリースの選び方

 
を紹介する。

 

広島でおすすめのカーリース6社

KINTO ~トヨタの新車を頭金0円で

▲出典:KINTOURL

 
安定のトヨタ系人気車種のラインナップが嬉しいKINTO。レクサスの一部車両も利用可能だ。利用者のニーズにあわせて「初期費用フリープラン」と「解約金フリープラン」を選ぶことができ、気軽に始めたいなら初期費用フリープランがおすすめだ。

 
初期費用フリープランの場合、契約期間は3~7年。目安としてはコンパクトカーの3年契約で月額19,000円~、7年契約だと月額15,000円~、ボーナス併用払いも選択可能だ。使用契約満了時は、車を返却するか、新たな車に乗りかえることができる。

 
月額費用に含まれるものは、車両代・オプション代、登録諸費用、自動車税、任意保険料、車検(5年以上の契約時)、定期メンテナンス費用、故障修理など。トヨタ系だけにサポートは手厚い。契約期間中に解約する場合には、所定の中途解約金が必要。

 

「KINTO」データ
月額料金 14,740円(税込)~ トヨタ ルーミー
7年契約の場合の最安値
基本のリース料金に含まれるもの 車両代金、各種税金、登録諸費用、自賠責保険、任意保険、車検費用(5、7年契約のみ)、法定点検・定期点検、ロードサービス、故障修理、代車、油脂類の交換および補充、所定の消耗品の交換
リース契約期間 初期費用フリープラン:3、5、7年
解約金フリープラン:3年のみ(再契約で最長7年)
走行距離上限 月1,500km
超過1kmあたりトヨタ車11円(税込)、レクサス車22円(税込)が追加
取り扱い車種 トヨタ、レクサス
契約満了時の扱い 初期費用フリープラン:乗り換え、返却
解約金フリープラン:再契約、乗り換え、返却

 

 

定額カルモくん ~全国どこでも納車が可能

▲出典:定額カルモくんURL

 
専門家が選ぶカーリースの三冠を達成するなど、コストパフォーマンス、サポート体制など評判がよい。申込者も10万人超えという人気のサブスク。

 
「定額カルモくん」は、軽自動車の場合、税金、自賠責コミコミで業界最安値水準の月額料金は11,000円~。新車だけでなく、中古車の選択も可能だ。国産全車種からグレード、オプション装備などを自由に選べ、お気に入りの1台を見つけることができる。最大契約期間も業界初の11年と長い。

 
メンテナンスや車検代は、オプションとして月額にオンできる。走行距離の制限はなく、7年契約の場合、契約終了後にそのまま車がもらえるオプションもつけられる。納車も最短4日とスピーディなのも嬉しい。内容の変更や中途解約は不可。

 

「定額カルモくん」データ
月額料金 11,390円(税込)~ ダイハツ ミライース
11年契約の場合の最安値
基本のリース料金に含まれるもの 車両代金、各種税金、登録諸費用、自賠責保険、自宅納車
リース契約期間 1~11年
走行距離上限 月1,500km
7年以上の契約の場合は制限なし
取り扱い車種 国内メーカー・全車種
契約満了時の扱い 返却、乗り換え
「もらえるオプション」をつけている場合はリースカーをもらえる

 

 

SOMPOで乗ーる ~輸入車からも選べる

▲出典:SOMPOで乗ーるURL

 
SOMPOホールディングスとDeNAがタッグを組み提供するサービス。契約期間は、3~9年。国内車、輸入車どれでも新車を選べ、なかでも輸入車のバリエーションが豊富なので、輸入車好きにおすすめ。

 
税金、車検代、メンテナンス代は込みで、例えばハリアー9年契約なら月額あたり40,920円~(税込)。損保ジャパンの任意保険を月額にオンすることができるのもメリット。免許返納や失効したとき、5年契約の場合、2年経過後に中途解約できるオプションなど、ライフスタイルの変化にあわせ、融通可能なプランが用意されている。

 
残価保証オプションをつければ、乗り換え、返却時の精算は不要だ。また、月額利用している車を、乗らない時はオーナーとしてカーシェアリング「Anyca」に活用できるサービスは魅力的。

 

「SOMPOで乗ーる」データ
月額料金 13,970円(税込)~ トヨタ ピクシスエポック
9年契約の場合の最安値
基本のリース料金に含まれるもの 車両代金、各種税金、登録諸費用、自賠責保険、任意保険
リース契約期間 3、5、7、9年
走行距離上限 月1,000km~3,000km
取り扱い車種 国産車、輸入車、全メーカー
契約満了時の扱い プランによりさまざま

 

 

フラット7観音とどろき

▲出典:フラット7観音とどろきURL

 
広島エリアで最大級のカーリース専門店。月々1万円台から乗れる「フラット7」を扱っており、さまざまなメーカーの多種多様な軽自動車から、自分の用途にあった車を選ぶことができる。

 
毎月のリース料には税金、保険、車検、メンテナンスなど、リース期間中に発生する費用(必要経費)が含まれているので支払い額は7年間定額で済む。

 
フラット7観音とどろきの公式サイトはこちら

 

アルディーマイカーリース

▲出典:アルディーマイカーリースURL

 
国産車の新車、中古車を取り揃え、さらに輸入車も扱っているカーリース会社。自家用車や商用車どちらにも利用しやすいのがうれしい。

 
毎月定額払いで、月々1万円台からリースすることができるので、家計にも優しく気軽に車を手にすることができる。

 
アルディーマイカーリースの公式サイトはこちら

 

カーリースについて知っておきたいこと

カーリースの利用を検討している方に向けて、基礎知識をまとめてみた。ぜひ利用する際の参考にしてほしい。

 

月額料金の「コミコミ」とは?

カーリースでは、税金(自動車税、重量税、環境性能割)、自賠責保険料(加入義務あり)は、ほとんどのプランの月額料金に含まれている。車検費用には、整備費用と法定費用(重量税・自賠責保険料)があり、整備費用が含まれていないこともある。

 
また、任意保険は含まれていない場合が多いので注意しよう。返却時に原状回復が必要なカーサービスの場合は、万が一の事故の場合に備えて、任意保険(賠償責任保険、人身傷害保険、車両保険)の加入が推奨されている。

 
オプションで任意保険を選ぶ場合は、それまでの保険の等級を引き継ぐことができたり、リースカーの特約プランがあったりと、自分にとって必要なプランを選定することもできる。カーリース会社に確認してみよう。

 

知っておこう、メリット・デメリット

ご自身のライフスタイルにあったサブスクのサービスを選ぶにあたり、検討のポイントとして、再度メリット、デメリットについて確認しよう。

 

メリット

・初期費用を安くおさえられる
・税金、保険料が月額料金に含まれる
・維持費もオンできる
・手軽に新車に乗れる
・手間いらず
・必要な期間だけ乗ることができる
・故障、メンテナンスも指定業者経由で楽に解決
・人気の車種、新車に乗り続けることができる

 

デメリット

・利用期間に制限があることが多い
・主に走行距離制限がある
・カスタマイズできない
・契約期間中の内容変更、解約が難しい
・返却時に精算費用が発生する事も

 
メリット、デメリットについては、各社ごとに違いがあるので、個別にチェックすることをおすすめしたい。

 

カーリースで広島の暮らしをもっと快適に!

 
マイカーを購入することは少しハードルが高くても、カーリースを利用すれば気軽に自分の車を手にできる。新しい車種への乗り換えや、セカンドカーを持つこともより身近になるだろう。

 
広島県は、坂道の多い町や山間部はもちろん、都市部でも車があると便利な場所だ。カーリースを利用すれば、より快適に日々の生活を送れること間違いなしだ。
 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND~編集部のおすすめ~

キーワードで記事を探す