旅の+one

【2024年最新版】中古車カーリース、おすすめ6社を徹底比較

〈PR〉本記事はプロモーションを含みます。

 
ここ数年、急激に浸透してきたカーリース。お得にカーライフをエンジョイするには、実は新車以外にも中古車カーリースの選択肢もあるという。「とにかく安く車に乗りたい」「短期間でいい」という人には、朗報のようだ。

 
ただ、中古車をリースして大丈夫なのか?メンテナンス上、不安が多いことも確か。

この記事では、
 
・おすすめの中古車カーリース会社
・中古車のメリット・デメリット
・カーリースの仕組みについて
 
などを紹介。
ご自身のライフスタイルに合ったサブスク選びの参考にしてほしい。

 

中古車カーリース、おすすめ6社をチェック

 

定額カルモくん 〜毎月定額で、全国どこでも納車が可能!

 

▲出典:定額カルモくんURL

 
定額カルモくんの中古車の取扱台数は業界最大級。初年度登録から3年未満の高年式で低走行距離の人気車種を揃える。毎朝在庫が追加されるので、乗りたいクルマがきっと見つかる。車は1年間の故障保証付。修理費上限もなしで、365日24時間、故障受付にも対応する。また、すべての車に車検2年付けて納車されるので、安心してカーライフを楽しめる。納車も最短4日なので、急ぎで車を使いたい人にオススメ。

 

「定額カルモくん」データ
月額料金 17,330円(税込)~ スズキ ハスラー
11年契約の場合の最安値
基本のリース料金に含まれるもの 車両代金、各種税金、登録諸費用、自賠責保険、自宅納車
リース契約期間 1~11年
走行距離上限 月1,500km
7年以上の契約の場合は制限なし
取り扱い車種 国内メーカー・全車種
契約満了時の扱い 返却、乗り換え
「もらえるオプション」をつけている場合はリースカーをもらえる

 

 

ポチモ 〜出光と中古車大手が連携した中古車のサブスク

▲出典:ポチモURL

 
出光が日本最大級の中古車流通量を誇るオートサーバーと連携し、高品質な中古車のみをリースするサブスクサービス。マイメンテプランに加入しておけば、全国のapollostationや出光SSなどで定期点検や消耗品の交換などを無料で行うことができる。

 
リース料金は頭金ゼロ、月々定額のサブスクタイプ。2〜8年の契約期間満了後は車をもらうことができる。納車前に車検を実施するので、契約後2年間は車検不要。また、契約期間中は出光系のSSでのガソリンが1Lあたり7円引き(50L/月まで)となるなど、安心・お得に中古車に乗りたいという方におすすめだ。

 

「ポチモ」データ
月額料金 11,300円(税込)~ スズキ アルト
8年契約の場合の一例
基本のリース料金に含まれるもの 車両代金、各種税金、登録諸費用、自賠責保険、自宅納車
リース契約期間 2、4、6、8年
走行距離上限 なし
取り扱い車種 国内メーカー
契約満了時の扱い 車がもらえる(返却も可)

 

 

ニコノリ中古車

▲出典:ニコノリ中古車URL

 
全ての費用がコミコミで業界最安の月々5,500円~利用可能。主要大手メーカーの中古車が揃い、修理保証無制限、修理費用無料などの車両保証も1年付きで、お財布に優しいリーズナブルなサービスが特徴だ。全国9,000箇所の整備工場とネットワークがあるから、何かと安心。契約期間は、最短1年から9年まで選択可能。契約期間終了後は、そのまま車がもらえる。

 

「ニコノリ中古車」データ
月額料金(税込) 5,500円~ 日産 ルークス ハイウェイスターターボ
7年リースの場合の一例(ボーナス払い併用)
基本のリース料金に含まれるもの 車両代金、各種税金、登録諸費用、自賠責保険、車検基本料、自宅納車
リース契約期間 1~7年
走行距離上限 利用状況に合わせて設定
取り扱い車種 国内メーカー
契約満了時の扱い 残価設定なしでリースカーをもらえる

 

 

その他

・KINTO ONE
トヨタ車の中古車サブスクサービス。新車サブスクのKINTOで利用されていた、状態の良い車だけ厳選する。走行距離の目安は1,500km/月の車を多数保有、ペット乗車不可、非喫煙、事故修復歴なしなど、プロによる査定後、TOYOTAの正規販売代店でメンテナンスを実施。TOYOTAお墨付きなので、何かと安心だ。
おすすめのポイントは、契約期間は2年で、解約金フリープランがあること。契約期間が満了したら販売店に返却するだけ。スムーズに次のクルマに乗り換えられる。

 
詳しくはこちら
→「KINTO ONE」(URL

 
新車ならこちら

 
・コミかる
自動車販売店ジョイカルの中古車カーリース「コミかる」は、車にかかる費用がコミコミで月額3,980円~と激安なのがウリ。月々のお支払いが、スマホ料金と同じくらいで車に乗れるという。しかも、全車修復歴なし、6年以内の高年式、6万km以内のラインナップを揃える。コースは3つあり、エコカーコース、ワゴンコース、スライドコースなど、自身のライフプランによって、3つのコースから選べる。6年保証にも対応しているというから、断然お得に賢く乗れそうだ。車種は軽自動車なので、運転初心者、チョイ乗り派などにオススメ。

 
詳しくはこちら
→「コミかる」(URL

 
新車ならこちら

 

カーリースって何?

 

カーリースとは

「リース」とは、中長期間で物を借りること。契約終了後は、返却することが前提となる。「レンタル」は短期間の契約を指す。新車のカーリースの場合、3~7年の契約が主流で、月々定額の支払いとなるが、税金、保険料や整備費用が含まれるかどうかは確認が必要だ。中古車カーリースについても、それに準じることがほとんどだ。

 

車のサブスクとは

「サブスク」とは「サブスクリプション」の略で、もともとは定期購読などを表す言葉。「車のサブスク」の場合の意味は基本的に「カーリース」と同じ。税金・保険料・整備費用などが含まれた月額定額制であることをわかりやすく強調している。最近増えてきた表現だ。

 

カーシェアとは

車を共有(シェア)して利用するサービス。15~30分程度の単位から一時的に借りることができる。短時間でも借りられるため、レンタカーより割安で利用できることも。ガソリン代や保険料、自宅での駐車場代などがかからず、料金も「使った分だけ」というサービスもあるので、チョイ乗りにしか車を利用しないドライバーには最適かもしれない。

 

中古車カーリースと新車カーリースの違い

 
中古車カーリースは、まとまった費用が必要でなく、新車カーリースに比べ、断然安い価格で車種を選ぶことができる。豊富な車種の中から、比較検討できるのも魅力的だ。慣らし運転などの必要がなく、すでに生産中止になっている年式の古い車などを選びたい場合は、使い勝手がよい。納車も早く、また短い期間での契約も特徴。予算が少なめの場合やセカンドカーとして使うには、おすすめだ。

 
さらに、中古車カーリースは契約満了時の選択肢は、新車カーリースに比べて多い。基本的には車を返却するが、プランの加入を条件に車をもらえる場合が多い。プランによっては、再契約や、新たにリースしたりできる場合も。

 
同じ車種でも登録年度や走行距離、オプションや搭載機器などがそれぞれ異なるため、中古車のカーリースを選ぶ際は、欲しい車種や譲れない条件を明確にして、希望に近い車両があるかを確認するのがコツ。検討~申し込み、契約まで、Webサイトで完結できるのも魅力の一つだ。

 

知っておこう、カーリースのメリットとデメリット

 
ここまでおすすめ5社の特徴などをみてきた。ご自身のラフスタイルにあったカーリースのサービスはあっただろうか。検討のポイントとして、再度メリット、デメリットについてまとめてみた。

 

メリット

・中古なので車両価格が安い
・低コストで車を所有できる
・納車が早い
・短期間の契約が可能
・保証が充実しているので中古車でも安心
・カスタマイズ車両や生産終了車などを見つけることができる

 

デメリット

・メンテナンスに不安がある
・主に走行距離制限がある
・契約期間中の内容変更、解約が難しい
・返却時に精算費用が発生する事も

 
メリット、デメリットについては、各社ごとに違いがあるので、一概にはいえない。個別にチェックしてみることをおすすめしたい。

 

カーリースに向いている人、向いていない人

 
購入するよりもカーリースのほうが向いている人は、どんな人だろう?自分が以下のどのタイプにあてはまるか、チェックしてみてほしい。

 

カーリースに向いている人

・週末中心のサンデードライバーなど、あまり頻繁に運転せず、長距離移動の頻度も少ない人や、リーズナブルにカーライフを楽しみたい人
→走行距離上限を低く設定すれば、よりリーズナブルなプランを選べる

 
・趣味やライフスタイル、家族構成やライフステージの変化に合わせて、短期間で車を乗り換えていきたい人
→3年などの短期契約で、車検などの煩わしさもなく、輸入車を含めた豊富な車種を気軽に乗り継ぐことが可能

 
・購入のためのまとまった資金がないが、すぐに車を使いたい人
→頭金などの初期費用なしで、月額料金のみで利用開始できる(オンラインでの審査は必要)

 
・家計の見通しを立てやすくしたい人
→メンテナンス等が充実した定額プランを選べば、急な出費におびえることなく、車検費用なども含めて支出を平準化できる

 
・法人や個人事業主など、車に関する費用を経費として計上したい人
→諸費用も含めて、毎月のリース料金が全額経費計上できる

 
・できるだけ手続きを簡単にすませて早く車に乗り始めたい人
→審査申し込みから契約まで、すべてオンラインでスピーディに解決でき、自宅に納車してくれるサービスもあり

 

カーリースに向いていない人

・毎日通勤に利用する人や長距離ドライブが多い人
→走行距離制限を超えてしまい、追加費用が発生する可能性あり

 
・すぐに自分の愛車として車を所有したい人
→契約満了後に車がもらえるサービスもあるが、数年間は借りる契約となる

 
・車を自分なりにカスタマイズ、ドレスアップしたい人
→契約満了後には車を返却するケースがほとんどなので、カスタマイズやドレスアップを楽しみたい場合は契約満了後に車がもらえるサービスを選ぶ必要がある。

 
▼詳しくはこちら

カーリースとは?メリット・デメリット、向いている人はこんな人!

 

サービス比較のポイント

 
・月額料金
リーズナブルであるほど嬉しい月額料金だが、ボーナス払いの有無や、プランには何が含まれているのかは、各社違いがあるので確認したい。月額料金には、車両代金、各種税金、自賠責保険料、車検費用が含まれているプランが多い。任意保険、メンテナンス費などは、オプションでの選択となっている場合もある。

 
また、ボーナス払いありを選択すると月額料金は抑えられるが、年に数回、追加での支払いが発生する。さらに、年式やグレード、走行距離、オプションで月額料金の差がでるので、条件が似たような中古車で各社の月額料金を比較することもポイント。格安に感じられても、月額料金以外の出費が増えてしまう場合もあるため、内容をしっかりと確認し、自分に必要な条件を揃えて、各社の料金を検討してみよう。

 
▼とにかく安くカーリースをしたい方、詳しくはこちら

【2023年最新】安いカーリースおすすめ5選|月額を抑えるコツも紹介

 
・リース期間
中古車のカーリースは、新車のカーリースに比べて契約年数が短い傾向があり、1年~10年の契約期間を設けているリース会社が多い。一般的に中古車のほうが、新車に比べて耐用年数が短いことがその理由。契約年数が長くなるにつれ、もちろん月額料金は安くなるが、短期間契約ができるのが、中古車のカーリースの最大の魅力ともいえるので自分の使い方や予算とよく検討しよう。高年式車両など新車同然の車であれば、長期でも安心。

 
▼短期でカーリースするなら、詳しくはこちら

短期契約におすすめカーリース3選【2023最新版】

 
・月額料金に含まれるもの
税金(自動車税、重量税、環境性能割)、自賠責保険料(加入義務あり)は、ほとんどのプランに含まれている。車検費用には、整備費用と法定費用(重量税・自賠責保険料)があり、整備費用が含まれていないことも。中古車だけに、メンテナンス費用や体制の充実は慎重にチェックしたい。

 
また、任意保険は含まれていない場合が多いので注意しよう。万が一の事故の場合に備えて、任意保険(賠償責任保険、人身障害保険、車両保険)の加入が推奨されている。

 
オプションで任意保険を選ぶ場合は、それまでの保険の等級を引き継ぐことができたり、カーリースの特約プランがあったりと、自分にとって必要なプランを選定することもできる。カーリース会社に確認してみよう。

 
▼詳しくはこちら

カーリースの保険はどうすべき?自動車保険の種類と選び方

 
・走行距離の制限
走行距離が無制限であることも多く、それ以外では、制限距離月1,000~1,500km程度を上限とする場合も。制限距離を超えると、距離によって追加料金が発生し、契約満了時に差額を清算する。まずは、自分が利用する1カ月あたりの走行距離を出して、検討してみよう。

 
・万が一の対応について
事故や故障などの場合、所有車でもカーリースでも基本的な対応は変わらない。安全確保、けが人の救護を最優先して行い、消防や警察への連絡を行う。そして、保険会社への連絡を行う。

 
忘れてはいけないのは、カーリース会社への連絡。契約内容に報告義務が盛り込まれていることもあるので、注意が必要だ。自損事故や自然災害などで、車に修理が必要な場合は、契約者が修理費用を負担しなければならないことが多い。

 
また、車が全損してしまった場合は、カーリース契約は解約となり、違約金が発生することも。万が一に備えて、任意保険の車両保険に加入しておくと安心だ。また、利用するカーリース会社のサポート体制も確認しておこう。

 
各メーカー個性的なモデルを揃えており、自分にあった車を見つけることができるはず。軽自動車のカーリースは、維持費、月額料金もリーズナブルで、初心者にもおすすめ。気軽にカーライフを始めるなら、ぜひ軽自動車のカーリースをチェックしてほしい!

 

カーリースの保険はどうすべき?保険の種類と選び方

 
カーリースの月額料金の中には、自賠責保険が含まれていることがほとんどだ。任意保険は自身で加入することが多いが、カーリース会社の中には、任意保険を月額料金にオンするオプションプランを用意している場合もある。

 
カーリースは原則として中途解約ができない。車が事故などで走行不能になり強制解約となった場合でも、中途解約とみなされ違約金が発生するケースもある。こうした違約金は通常自己負担だが、カーリースに適した任意保険ならカバーできることもあるので、要チェックだ。またカーリース会社によって独自の特約プランがあることも。条件など詳細に確認したい。

 
▼詳しくはこちら

カーリースの保険はどうすべき?自動車保険の種類と選び方

 

カーリースの審査に通るために

 
申し込む前に「カーリースの審査」について知っておくことで、より審査に通りやすい、自分に合ったプランを選ぶことができるはずだ。

 

審査内容を確認しよう

カーリース会社は、基本的に以下のような情報をもとに審査を行う。

 
・年齢
・年収
・職業
・住居(賃貸/持ち家など)
・債務履歴
・信用情報機関からの情報

 
年収に対する支出の割合、家などの保有資産の有無、カードローンやキャッシングなどの借入金、携帯電話料金などの未払いや支払い遅延などの債務履歴がチェックされ、支払い能力が判断されている。

 

カーリースの審査に通らないときは?

下記のような場合は、審査に落ちてしまうことがある。申し込む前に、自分の状況と照らし合わせてチェックしておこう。

 
・債務履歴がある
債務履歴とは、クレジットカードの支払い、携帯電話料金や各種料金支払いの滞納や遅延、未払いなどの記録のこと。自己破産をした場合も記録される。債務履歴に問題があると、審査には通らない可能性が高い。

 
・借入がある 
高額の借入があったり、住宅ローンや携帯電話の端末料金など複数のローンがある場合も、審査に通りにくくなる可能性がある。

 
・収入が低い
企業に勤めていても年収が低い場合は、カーリースの利用金額とのバランスにより審査に通らないことがある。一方で勤続年数が長い場合などは、収入が低くても考慮されるケースも。また、専業主婦/夫、パート、アルバイトなども、収入が安定していないとして、連帯保証人を求められたり、審査に通らない可能性がある。

 
・勤続年数が短い
カーリースは、その多くが年単位での契約となるため、支払い能力の安定性として勤続年数がチェックされる。短すぎる場合は、連帯保証人を求められる場合がある。

 
・未成年である
契約内容にもよるが、未成年であるために審査に通らない場合もある。連帯保証人を求められることが多い。

 
審査に通らなかった場合は、車種・グレードを下げて自分の収入や状況にふさわしい車を申し込んだり、連帯保証人をつける、頭金をあらかじめ支払うなどして信用を得たり、家族用の車として安定した収入のある家族の名義で申し込むなど、工夫しよう。

 
▼詳しくはこちら

カーリースの審査を通るには?内容や仕組み、落ちたときの対処法

 

納車におすすめの日、避けた方がいい日は?

カーリースで車を手にすることが決まったら、納車はせっかくなら縁起のいい日にしたいもの。大安、一粒万倍日などに加えて、さまざまな納車におすすめの日をご紹介しよう。

 
〈納車におすすめの日〉

一粒万倍日 何かを始めるのに最適とされている日。
天赦日 神様が天に昇り、天がすべてをゆるす日とされている。一粒万倍日と重なると、最強開運日となる。
大安 六曜の中で最吉日。何をしてもいい日とされる。
大明日 天地が開け、隅々まで日の光で照らされることを意味し、あらゆることに大吉とされる日。
甲子の日 新しいことを始めたり、行動を起こすと吉とされる。
寅の日 「虎は千里行って、千里帰る」のことわざから、「無事に帰る」と捉えて移動に関する事柄に吉とされる。

 
〈納車を避けた方がよい日〉

仏滅 仏も滅するほど、すべてのことが凶とされる日。
不成就日 何事も成就しない日とされ、大安や一粒万倍日などの吉日と重なってもそのパワーが消えてしまう。

 
▼一粒万倍日など、2023年の吉日はこちら

最強開運日、一粒万倍日とは?2023年はいつ?天赦日と重なる日も紹介

 

中古車カーリースならお手軽&便利!

「気軽に旅に出たい」と思った時には、やっぱり車があると便利だ。車の購入は難しくても、カーリースという手は捨てがたい。特に近頃注目を浴びている中古車カーリースは、お財布に優しく、新車よりも融通がきくようだ。中古車は1台ずつ個性や条件も異なるので多くの取扱台数の中から、自身にピッタリとフィットする車を探すのは案外楽しいかも。賢く利用してスマートなカーライフを手に入れよう。

 
 

よくあるご質問

中古車カーリースのメリットは?

価格が新車カーリースに比べて断然安く、車種も豊富。すでに生産終了している車に乗ることもできる。納車が早く、短期間の契約も可能なので、手軽にカーリースライフを始められる。

中古車カーリースにおすすめの会社は?

走行距離5万km以内、修復歴なしの高品質の車が揃う「MOTA 中古車」や、月々5,500円からカーリースできる「ニコノリ 中古車」がおすすめだ。

関連記事

EDITORS RECOMMEND~編集部のおすすめ~

キーワードで記事を探す