旅の+one

アプリ不要、スマホでプロ並みの“エモい”写真が撮れる!フィルターを装着するだけで、まるで一眼レフの使い心地

 
▼あわせて読みたい
指輪一つでキャッシュレス決済!話題の”ウェアラブルリング”ならスマホも財布も不要で、オートチャージもできる

 
日々進化するスマホカメラ。さらに加工アプリを駆使すれば、ある程度上手に撮影することは可能になったものの、「写真家みたいな、ドラマチックな写真を撮りたい」と思う方も多いだろう。そんな方におすすめなのが、スマホカメラにワンタッチで取り付けができる、レンズフィルター「THE emo」のNDフィルターだ。

 

 
プロのカメラマンが一眼レフで撮影する際、テクニックの一つとしてレンズ先端にNDフィルターと呼ばれるカメラ用のサングラスのような薄いグレーのフィルターを装着している。これにより、カメラに入る光の量を減らす効果があり、最適な明るさでのスローシャッター撮影や、光のさす場所で明暗のコントラストの効いた撮影が可能になる。

 
▼あわせて読みたい
リモートワーク、ゲーム、自撮りなどスマホが使いやすくなるスタンド。快適で自由度もアップ!

 

 
つまり「THE emo」のNDフィルターをスマホのカメラに装着するだけで、日常のワンシーンであっても、まるでプロのカメラマンが一眼レフで撮影したような“エモい”写真になるのだ。

 

▲BEFORE

 

 

▲AFTER(「THE emo」NDフィルター装着)

 
例えば、晴れた日や明るい場所で撮影すると、全体が白飛びする(白みがかる)ことがあるが、スマホに「THE emo」のNDフィルターを装着すると、光と影のコントラストを残した写真を撮ることができる。

 
さらにNDフィルターを使うと、水流がより滑らかになり、夜景では光を捉えた動きのある写真が撮影できる。

 

▲BEFORE

 

 

▲AFTER(「THE emo」NDフィルター装着)

 

▲BEFORE

 

 

▲AFTER(「THE emo」NDフィルター装着)

 
動く被写体の躍動感、光と影のコントラストの美しさを捉えてくれるTHE emoのNDフィルター。レンズは可変タイプで、なんとND2~400と広い減光幅で撮影できるので、プロの方も満足できるラインナップとなっている。加工アプリでは表現できない、“エモい”写真をカンタンに撮影してみてはいかがだろう。

 
▼あわせて読みたい
スマホで撮った写真が金属や皮膚、食材に印刷できる!次世代プリンターは手のひらサイズで操作ラクラク

 

THE emo VNDフィルター(ND2-400)
価格:9,300円~11,000円(税込)※プロジェクト終了は、2021年10月30日(土)予定
素材:SCHOTT社製 B270、AR/AFナノコーティング
サイズ:37mm(フィルター)
パッケージ総重量:40g
発送:2021年12月に発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/the-emo/URL

 
source:応援購入サービス「Makuake」URL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す