旅の+one

【2024年最新版】外車・輸入車カーリースおすすめ4選を比較して紹介

〈PR〉本記事はプロモーションを含みます。

 
自分らしいカーライフの選択肢の一つとして、近年、広まりつつある「カーリースサービス」。車種も豊富で、新車や中古車、契約内容など、生活スタイルに合わせて選ぶことができると人気だ。

 
そんなカーリースサービスだが、国産車だけでなく、外車・輸入車も利用できることを知っているだろうか?初期費用、メンテナンス費用、諸手続きなど、月額料金で利用するカーリースは、出費内容がわかりやすく計画も立てやすい。ぜひ、幅広い車種の中から、気に入った車を選んでほしい。

 
この記事では外車・輸入車のカーリースについて、メリット・デメリット、人気の車種、おすすめのカーリース会社などについて詳しく紹介する。

 
まだ購入するほどではないけど、外車・輸入車に乗ってみたい、生活スタイルに合わせて車を乗り換えたい、車のことは詳しくないけれど、外車や輸入車に安心して乗りたい、そんな時は、ぜひカーリースでの利用も検討してみてほしい。

 

外車・輸入車カーリース、おすすめ4社を徹底比較

外車・輸入車を扱うカーリース会社は、国産車に比べて多くはない。まずはおすすめの4社をご紹介。

 
リースできる外車・輸入車が、新車か中古車かという違いもある。新車では、オプションなどで色や装備を選ぶことができたり、保証プランがついていることも。長期契約満了後にそのままもらえるプランもある。

 
中古車の場合は、装備や状態はそれぞれ異なるため、月額価格も車ごとに違い、売約済みとなってしまう場合も。メンテナンス、修復歴、保証内容なども確認しよう。

 

SOMPOで乗ーる

 

▲出典:SOMPOで乗ーるURL

 
国内で販売されているほぼ全メーカー、全車種から新車を選ぶことができるカーリース「SOMPOで乗ーる」。カーリースの中でも、新車の外車・輸入車の種類が圧倒的に豊富だ。車が好き、外車・輸入車を検討しているなら、まずチェックしてほしい。

 
メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン、ボルボなどはもちろんのこと、ジープやシトロエン、ルノー、フィアット、ランドローバー、アルファ ロメオなどさまざまな車を選ぶことができる。さらには、問い合わせ対応になる場合もあるが、ジャガー、テスラ、アバルトもラインナップ。

 
契約期間は、3~9年で用意されたプランから選ぶことができる。オプションのメンテナンスプランも充実。残価保証オプションを選択すると、乗り換え、返却時の清算も不要になるため安心だ。中途解約が可能となるオプションや、さらには契約満了後にそのままもらえるプランも。

 
また「SOMPOで乗ーる」は、保険会社である「SOMPOホールディングス」とIT企業「DeNA」が2つの合弁会社を設立し、マイカーリース「SOMPOで乗ーる」と個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」を提供している。オプションで損保ジャパンの任意保険をつけたり、「Anyca」を利用することで、オーナーとしてカーシェアリングを活用することもできる。

 
 

「SOMPOで乗ーる」データ
月額料金 37,290円(税込)~ フォルクスワーゲン ポロ
9年契約の場合の最安値
基本のリース料金に含まれるもの 車両代金、各種税金、登録諸費用、自賠責保険、任意保険
リース契約期間 3、5、7、9年
走行距離上限 月1,000km~3,000km
取り扱い車種 国産車、輸入車、全メーカー
契約満了時の扱い プランによりさまざま

 

 

カーコンカーリース

 

▲出典:カーコンカーリースURL

 
「カーコンカーリス」では、国産車は新車と中古車から、外車・輸入車は中古車リースが利用できる。中古車なので在庫によるが、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ボルボ、フィアット、シトロエン、フォルクスワーゲン、プジョーなど種類が豊富。

 
輸入中古車カーリースプランでは、標準で契約期間7年、残価設定が0円のため、契約満了時には車をそのままもらうことができる。全車点検を実施しているため、修復歴やエンジンやブレーキなどの機関部分に支障のない中古車から選ぶことができる。また、車検1年以上のほか、1年間の指定部品修理、交換サービス込み。

 

「カーコンカーリース」データ
月額料金 45,540円(税込)~ アルファロメオ ジュリエッタ ディビーナ(2016年式)
※7年契約均等払い概算での一例
基本のリース料金に含まれるもの 各種税金、登録諸費用、自賠責保険
リース契約期間 7年(中古車リース)
走行距離上限 なし
※プランによって異なります
取り扱い車種 国産車、輸入車
契約満了時の扱い 契約満了時にもらう、または返却

 
カーコンカーリースの公式サイトはこちら

 

リースDeマイカーオンライン

 

▲出典:リースDeマイカーオンラインURL

 
新車の外車・輸入車をカーリースで利用できる「リースDeマイカーオンライン」。メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、BMWなどが揃う。新車のため、オプションでカラーや装備を細かく選ぶことができて、希望に合った車選びができる。

 
リース契約は5、7、9年から選ぶことができる。新車には1年間1事故まで、1万円の負担で最大10万円まで保証する「ミスルくん保証」もあり。契約満了時には、残価精算後に借り換えのほか、買取りや、再契約、返却など選ぶことができる。

 

「リースDeマイカーオンライン」データ
月額料金 67,320円(税込)~ メルセデス・ベンツ A180 右ハンドル 2WD 1400(新車)
※9年契約 均等払い
基本のリース料金に含まれるもの 車両代、各種税金、登録諸費用、自賠責保険、JAF(オプション)
リース契約期間 5、7、9年
走行距離上限 月間平均走行距離 500km、1,000km、1,500km
取り扱い車種 国産車、輸入車
契約満了時の扱い 乗り換え、再リース、買い上げ、返却など
プランによる

 
リースDeマイカーオンラインの公式サイトはこちら

 

ノレル

▲出典:ノレルURL

 
中古車車売買サービス「ガリバー」が手がけるカーリース。契約期間が短いプランが充実している。中古車のカーリースプランには90日、1、2年の短期契約のほか、4年、6年などが揃う。車は全国のガリバーの在庫約1万台から選ぶことができる。在庫によるが、外車・輸入車ではベンツやBMWなども。中古車のためメーカーや車種、付属品や車の状態などはさまざま。

 
また、車両保険には「NORELケア」などのオプションもあり。利用まではLINEなどでコンシェルジェによるフルサポートがあるため、まずは登録して気になる車種を問い合わせてみよう。

 

「ノレル」データ
月額料金 119,800円(税込)~ メルセデス・ベンツ C200 アバンギャルド(2018年式)
※6年契約での一例。自動車保険は別途加入が必要
基本のリース料金に含まれるもの 各種税金、登録諸費用、自賠責保険、自動車保険(車両保険のぞく)
※中古車プラン1、2年契約の場合
リース契約期間 90日、1、2、4、6年(中古車プラン)
走行距離上限 月間平均走行距離 1,000~2,000km
※プランによって異なります
取り扱い車種 国産車、輸入車、中古車
契約満了時の扱い 車両返却、借り換えなど、プランによりさまざま

 
ノレルの公式サイトはこちら

 

外車・輸入車で人気の車種は?

乗ってみたい車のイメージはあるだろうか?ここからは、外車・輸入車で人気の車種をみていこう。

メルセデス・ベンツ

▲出典:メルセデス・ベンツURL

 
日本の輸入車で最も販売台数の多いドイツのメーカー「メルセデス・ベンツ」。日本に輸入されたのは1912年から。堅牢性と故障の少なさ、そしてラグジュアリーなデザインで不動の人気を誇る。

 
ここではメルセデス・ベンツのフラグシップSUV「GLS」をご紹介。車両本体価格13,390,000円~。こちらは「SOMPOで乗ーる」の9年契約のもらえるシンプルプランでは151,890円からリースできる。3年で返却シンプルプランでは183,610円から。

 
また、人気の「GLA」もおすすめ。こちらは街乗りにも最適なスタイリッシュなSUVで、月額67,890円より。

 
【参考】「SOMPOで乗ーる」でのリース料金
メルセデス・ベンツ GLS(GLS400d 4MATIC)
月額151,890円~
(税込/シンプルプラン9年契約/ボーナス払い0円/契約満了後もらえる)

 

フォルクスワーゲン

▲出典:フォルクスワーゲンURL

 
「ビートル」で知られる、ドイツ生まれのフォルクスワーゲン。日本で販売開始されたのは1952年から。ほかにもSUVが人気のフォルクスワーゲンだが、ここでは、2020年から22年まで3年連続、輸入車SUVのNo.1を記録したという「Tクロス」をご紹介。フォルクスワーゲンのSUV中でも、最もコンパクトなサイズだが、ゆったりとした車内空間と広々としたラゲッジスペースが人気。タウンユースから、レジャーまで幅広く使える。

 
「Tクロス」はメーカー希望小売価格3,043,000円~。「SOMPOで乗ーる」のリースでは、シンプルプランで9年契約で月額40,810円から。このプランでは契約満了後はもらうことができる。

 
【参考】「SOMPOで乗ーる」でのリース料金
T-クロス(TSI ACTIVE)
月額40,810円(税込/シンプルプラン9年契約/ボーナス払い0円/契約満了後もらえる)

 

ジープ

▲出典:ジープ公式サイトURL

 
「ジープ」は自動車メーカー「ステランティス」が展開するブランドで、SUVのパイオニアとして1941年に誕生した。もともとはアメリカ軍が第二次世界大戦の際に開発したものだが、高い耐久性と優れた走行性能が話題となり、戦後民間でも「ジープ」が広まっていった。

 
2015年に日本で発売がスタートした「レネゲード」は、スモールSUVとして人気を誇るシリーズ。丸目ライトとボクシーなフォルム、遊び心あふれるデザインや最新テクノロジーを駆使したインテリアなどが特徴の車だ。車両本体価格は4,350,000円~。

 
「SOMPOで乗ーる」では9年契約のシンプルプランで47,740円から。

 
【参考】「SOMPOで乗ーる」でのリース料金
レネゲード
月額47,740円(税込/シンプルプラン9年契約/ボーナス払い0円/満了後もらえる)

 

アルファ ロメオ

▲出典:アルファ ロメオ ジャパン オフィシャルサイトURL

 
1910年にイタリアで誕生したアルファ ロメオ。レーシングカーメーカーとしてF1レースの創世記にはタイトルを獲得している。その美しさと走りに魅了された熱狂的なファンは多い。「SOMPOで乗ーる」には、アルファ ロメオのスポーツセダン「ジュリア」とピュアスポーツSUVとうたわれる「ステルヴィオ」がラインナップ。ぜひカーリースで、アルファ ロメオの魅力を体感してほしい。

 
「SOMPOで乗ーる」では「ステルヴィオ」は車両本体価格は7,920,000円~、9年契約シンプルプランで月額98,100円から。なお、ジュリアは9年契約シンプルプランで月額73,240円から。

 
【参考】「SOMPOで乗ーる」でのリース料金
ステルヴィオ(2.0 TURBO Q4 ヴェローチェ)
月額98,100円(税込/シンプルプラン9年契約/ボーナス払い0円/満了後もらえる)

 

アウディ

▲出典:アウディURL

 
ドイツの人気高級車「アウディ」。1967年から日本で販売が開始され、現在も幅広い層から支持を得ている。独自の4WDシステムによる走破性が魅力で、SUVやセダン・クーペなど多くのモデルとグレードの車を展開。中でも1999年に日本に登場した「TTクーペ」は、フルモデルチェンジを経て、現在3代目。レーシングスポーツの遺伝子を受け継いでおり、優れた効率性とパフォーマンスを発揮するTFSIエンジンを搭載しているため、走行性能はよく、コンパクトスポーツモデルとして、多くの人に愛されるモデルだ。

 
「TTクーペ」はメーカー希望小売価格5,180,000円~。「SOMPOで乗ーる」のリースでは、シンプルプランで9年契約で月額64,990円から。お得に高級車をマイカーにできる。

 
【参考】「SOMPOで乗ーる」でのリース料金
アウディ TTクーペ
月額64,990円(税込/シンプルプラン9年契約/ボーナス払い0円/契約満了後もらえる)

 

ランドローバー


▲出典:ランドローバーURL

 
SUV車のブランドとして世界に知られ、英国王室からも愛される「ランドローバー」。1970年に登場した「レンジローバー」は、同社のフラッグシップモデルとして進化し続けてきた。

 
「SOMPOで乗ーる」では、ラグジュアリーなSUV「レンジローバースポーツ」がラインナップされている。2021年に発売された「レンジローバー」に続く、先進的で滑らかなデザイン、レンジローバーならではの力強い走りが人気だ。車両本体価格は9,360,000円~。「SOMPOで乗ーる」では、9年契約シンプルプランで月額116,140円から。人気のモデルを体感してみてはいかが。

 
【参考】「SOMPOで乗ーる」でのリース料金
レンジローバースポーツ(SE D300)
月額116,140円(税込/シンプルプラン9年契約/ボーナス払い0円/満了後もらえる)

 

プジョー

▲出典:プジョー公式サイトURL

 
1810年にフランスで製鉄業からスタートしたプジョー。1948年にはモノコック車を50万台以上生産した、歴史あるカーブランドだ。ここではシティカーとして人気の「208」をご紹介。

 
「208」は、2012年に登場し、機能性を高めながら進化する日常使いにぴったりなコンパクトカー。EVモデルも登場し、2020年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。車両本体価格は2,964,000円~。

 
「SOMPOで乗ーる」では9年契約のシンプルプランで39,930円から。なおEVモデルのe-208はお問い合わせを。

 
【参考】「SOMPOで乗ーる」でのリース料金
プジョー 208(style)
月額39,930円(税込/シンプルプラン9年契約/ボーナス払い0円/満了後もらえる)

 

外車・輸入車カーリースのメリット・デメリット

 

メリット

維持費を把握しやすい

カーリースでは、各種税金、車検費用などが月額料金に含まれている場合が多い。また、オプションでメンテナンス料金を含めることもできる。そのため、契約期間中の維持費が把握しやすい。外車・輸入車は国産車に比べ、部品の取り寄せなど修理費用が高くなる場合が多い。また、メーカー保証後でも修理メンテナンスを行ってくれるプランなどもあるので、メンテナンスプランをしっかりと選ぶと安心だ。

 

いろいろな車種を選択できる

カーリースでは、さまざまなメーカーや車種から選ぶことができる。いくつもの店舗を回らずに、オンラインで選ぶこともできるため比較検討がしやすい。

 

外車・輸入車をマイカーのように利用できる

レンタカーやカーシェアリングとは違い、カーリースでは、契約後は自宅や駐車場で管理するため、マイカーのように利用できる。

 

乗りかえや手続きが簡単

契約や登録など、カーリース会社が手続きを行ってくれる場合が多いので、簡単に申し込むことができる。

 

サポート体制が充実

コールセンターやサービスセンターが各地にあるなど、サポート体制が充実しているカーリース会社を選ぶと安心だ。

 

法人なら節税対策になる

社用車で使用する場合、カーリースの月額料金は経費として計上できる。購入とは違い、初期費用や減価償却の必要もないため、経理処理がしやすい。また、車検などのメンテナンス費用も含まれているプランでは、出費を予測することができるため、急な出費を避けられ、計画を立てやすい。

 

デメリット

メンテナンスが難しい

外車・輸入車は、修理部品を取り寄せるなど、メンテナンスが難しい場合が多い。契約年数が長いなどの場合は特に、メンテナンスサービスについて確認しよう。

 

中途解約ができないことが多い

カーリースでは、中途解約ができない場合が多い。カーリース会社によって、さまざまなプランが用意されているので、計画を立てて選択しよう。また最近では、オプションをつけることで、免許返納に伴う解約や、中途解約ができるプランも。

 

傷やへこみに気を付けなくてはならない

車体価格が高価なケースが多いため、傷やへこみなどは気をつけなければならない。契約満了時に返却する場合は、修理費用が請求されるケースも。保険やオプションプランをしっかりと検討しよう。

 

カーリースに向いている人、向いていない人

 
購入するよりもカーリースのほうが向いている人は、どんな人だろう?自分が以下のどのタイプにあてはまるか、チェックしてみてほしい。

 

カーリースに向いている人

・週末中心のサンデードライバーなど、あまり頻繁に運転せず、長距離移動の頻度も少ない人や、リーズナブルにカーライフを楽しみたい人
→走行距離上限を低く設定すれば、よりリーズナブルなプランを選べる

 
・趣味やライフスタイル、家族構成やライフステージの変化に合わせて、短期間で車を乗り換えていきたい人
→3年などの短期契約で、車検などの煩わしさもなく、輸入車を含めた豊富な車種を気軽に乗り継ぐことが可能

 
・購入のためのまとまった資金がないが、すぐに車を使いたい人
→頭金などの初期費用なしで、月額料金のみで利用開始できる(オンラインでの審査は必要)

 
・家計の見通しを立てやすくしたい人
→メンテナンス等が充実した定額プランを選べば、急な出費におびえることなく、車検費用なども含めて支出を平準化できる

 
・法人や個人事業主など、車に関する費用を経費として計上したい人
→諸費用も含めて、毎月のリース料金が全額経費計上できる

 
・できるだけ手続きを簡単にすませて早く車に乗り始めたい人
→審査申し込みから契約まで、すべてオンラインでスピーディに解決でき、自宅に納車してくれるサービスもあり

 

カーリースに向いていない人

・毎日通勤に利用する人や長距離ドライブが多い人
→走行距離制限を超えてしまい、追加費用が発生する可能性あり

 
・すぐに自分の愛車として車を所有したい人
→契約満了後に車がもらえるサービスもあるが、数年間は借りる契約となる

 
・車を自分なりにカスタマイズ、ドレスアップしたい人
→契約満了後には車を返却するケースがほとんどなので、カスタマイズやドレスアップを楽しみたい場合は契約満了後に車がもらえるサービスを選ぶ必要がある。

 
▼詳しくはこちら

カーリースとは?メリット・デメリット、向いている人はこんな人!

 

サービス比較のポイント

 
・月額料金
リーズナブルであるほど嬉しい月額料金だが、ボーナス払いの有無や、プランには何が含まれているのかは、各社違いがあるので確認したい。月額料金には、車両代金、各種税金、自賠責保険料、車検費用が含まれているプランが多い。任意保険、メンテナンス費などは、オプションでの選択となっている場合もある。

 
また、ボーナス払いありを選択すると月額料金は抑えられるが、年に数回、追加での支払いが発生する。さらに、年式やグレード、走行距離、オプションで月額料金の差がでるので、似たような条件で各社の月額料金を比較することもポイント。格安に感じられても、月額料金以外の出費が増えてしまう場合もあるため、内容をしっかりと確認し、自分に必要な条件を揃えて、各社の料金を検討してみよう。

 
▼とにかく安くカーリースをしたい方、詳しくはこちら

【2023年最新】安いカーリースおすすめ5選|月額を抑えるコツも紹介

 
・リース期間
1年~10年の契約期間を設けているリース会社が多く、一般的に中古車のほうが、新車に比べて耐用年数が短い。契約年数が長くなるにつれ、もちろん月額料金は安くなるが、中古車だと短期間契約ができるのが魅力。自分の使い方や予算とよく検討しよう。高年式車両など新車同然の車であれば、長期でも安心だ。

 
▼短期でカーリースするなら、詳しくはこちら

短期契約におすすめカーリース3選【2023最新版】

 
・月額料金に含まれるもの
税金(自動車税、重量税、環境性能割)、自賠責保険料(加入義務あり)は、ほとんどのプランに含まれている。車検費用には、整備費用と法定費用(重量税・自賠責保険料)があり、整備費用が含まれていないことも。中古車だけに、メンテナンス費用や体制の充実は慎重にチェックしたい。

 
また、任意保険は含まれていない場合が多いので注意しよう。万が一の事故の場合に備えて、任意保険(賠償責任保険、人身障害保険、車両保険)の加入が推奨されている。

 
オプションで任意保険を選ぶ場合は、それまでの保険の等級を引き継ぐことができたり、カーリースの特約プランがあったりと、自分にとって必要なプランを選定することもできる。カーリース会社に確認してみよう。

 
▼詳しくはこちら

カーリースの保険はどうすべき?自動車保険の種類と選び方

 
・走行距離の制限
走行距離が無制限であることも多く、それ以外では、制限距離月1,000~1,500km程度を上限とする場合も。制限距離を超えると、距離によって追加料金が発生し、契約満了時に差額を清算する。まずは、自分が利用する1カ月あたりの走行距離を出して、検討してみよう。

 
・万が一の対応について
事故や故障などの場合、所有車でもカーリースでも基本的な対応は変わらない。安全確保、けが人の救護を最優先して行い、消防や警察への連絡を行う。そして、保険会社への連絡を行う。

 
忘れてはいけないのは、カーリース会社への連絡。契約内容に報告義務が盛り込まれていることもあるので、注意が必要だ。自損事故や自然災害などで、車に修理が必要な場合は、契約者が修理費用を負担しなければならないことが多い。

 
また、車が全損してしまった場合は、カーリース契約は解約となり、違約金が発生することも。万が一に備えて、任意保険の車両保険に加入しておくと安心だ。また、利用するカーリース会社のサポート体制も確認しておこう。

 
各メーカー個性的なモデルを揃えており、自分にあった車を見つけることができるはず。軽自動車のカーリースは、維持費、月額料金もリーズナブルで、初心者にもおすすめ。気軽にカーライフを始めるなら、ぜひ軽自動車のカーリースをチェックしてほしい!

 

カーリースの保険はどうすべき?保険の種類と選び方

 
カーリースの月額料金の中には、自賠責保険が含まれていることがほとんどだ。任意保険は自身で加入することが多いが、カーリース会社の中には、任意保険を月額料金にオンするオプションプランを用意している場合もある。

 
カーリースは原則として中途解約ができない。車が事故などで走行不能になり強制解約となった場合でも、中途解約とみなされ違約金が発生するケースもある。こうした違約金は通常自己負担だが、カーリースに適した任意保険ならカバーできることもあるので、要チェックだ。またカーリース会社によって独自の特約プランがあることも。条件など詳細に確認したい。

 
▼詳しくはこちら

カーリースの保険はどうすべき?自動車保険の種類と選び方

 

カーリースの審査に通るために

 
申し込む前に「カーリースの審査」について知っておくことで、より審査に通りやすい、自分に合ったプランを選ぶことができるはずだ。

 

審査内容はどんなこと?

カーリース会社は、基本的に以下のような情報をもとに審査を行う。

 
・年齢
・年収
・職業
・住居(賃貸/持ち家など)
・債務履歴
・信用情報機関からの情報

 
年収に対する支出の割合、家などの保有資産の有無、カードローンやキャッシングなどの借入金、携帯電話料金などの未払いや支払い遅延などの債務履歴がチェックされ、支払い能力が判断されている。

 

審査に通らないときの対策

下記のような場合は、審査に落ちてしまうことがある。申し込む前に、自分の状況と照らし合わせてチェックしておこう。

 
・債務履歴がある
債務履歴とは、クレジットカードの支払い、携帯電話料金や各種料金支払いの滞納や遅延、未払いなどの記録のこと。自己破産をした場合も記録される。債務履歴に問題があると、審査には通らない可能性が高い。

 
・借入がある 
高額の借入があったり、住宅ローンや携帯電話の端末料金など複数のローンがある場合も、審査に通りにくくなる可能性がある。

 
・収入が低い
企業に勤めていても年収が低い場合は、カーリースの利用金額とのバランスにより審査に通らないことがある。一方で勤続年数が長い場合などは、収入が低くても考慮されるケースも。また、専業主婦/夫、パート、アルバイトなども、収入が安定していないとして、連帯保証人を求められたり、審査に通らない可能性がある。

 
・勤続年数が短い
カーリースは、その多くが年単位での契約となるため、支払い能力の安定性として勤続年数がチェックされる。短すぎる場合は、連帯保証人を求められる場合がある。

 
・未成年である
契約内容にもよるが、未成年であるために審査に通らない場合もある。連帯保証人を求められることが多い。

 
審査に通らなかった場合は、車種・グレードを下げて自分の収入や状況にふさわしい車を申し込んだり、連帯保証人をつける、頭金をあらかじめ支払うなどして信用を得たり、家族用の車として安定した収入のある家族の名義で申し込むなど、工夫しよう。

 
▼詳しくはこちら

カーリースの審査を通るには?内容や仕組み、落ちたときの対処法

 

納車におすすめの日、避けた方がいい日は?

カーリースで車を手にすることが決まったら、納車はせっかくなら縁起のいい日にしたいもの。大安、一粒万倍日などに加えて、さまざまな納車におすすめの日をご紹介しよう。

 
〈納車におすすめの日〉

一粒万倍日 何かを始めるのに最適とされている日。
天赦日 神様が天に昇り、天がすべてをゆるす日とされている。一粒万倍日と重なると、最強開運日となる。
大安 六曜の中で最吉日。何をしてもいい日とされる。
大明日 天地が開け、隅々まで日の光で照らされることを意味し、あらゆることに大吉とされる日。
甲子の日 新しいことを始めたり、行動を起こすと吉とされる。
寅の日 「虎は千里行って、千里帰る」のことわざから、「無事に帰る」と捉えて移動に関する事柄に吉とされる。

 
〈納車を避けた方がよい日〉

仏滅 仏も滅するほど、すべてのことが凶とされる日。
不成就日 何事も成就しない日とされ、大安や一粒万倍日などの吉日と重なってもそのパワーが消えてしまう。

 
▼一粒万倍日など、2023年の吉日はこちら

最強開運日、一粒万倍日とは?2023年はいつ?天赦日と重なる日も紹介

 

外車・輸入車カーリースを利用して、カーライフをより素敵に!

乗りたい車は見つかっただろうか?カーリースの短期契約でお試し気分で利用してみたり、ライフスタイルの変化に合わせて車を選んだりするのもおすすめだ。また、長期契約で大切に乗り続けるのもいい。

 
カーリースによって、気に入った車を日常的に利用することで、外車や輸入車が持つ、試乗だけではわからない魅力を感じられるはず。乗り続けるほどに、訪れた場所や、旅行、出来事、景色など、特別な思い出も増えていくだろう。

 
心地よく運転ができて、気に入ったデザインの車で過ごす時間は、思っている以上に暮らしや心を豊かにしてくれる。外車や輸入車での新たなカーライフを始める一歩になるかもしれない。

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND~編集部のおすすめ~

キーワードで記事を探す