旅の+one

電車移動でも邪魔にならない、公道も走れる電動バイク!3秒で折り畳み完了。破格の軽さで持ち運び楽々

 
▼あわせて読みたい
チェーンがないのに、坂道を自動検知してスイスイ進む電動自転車。裾の巻き込みの心配もなく、簡単に折りたたみ可能

 
輸入物販事業を手掛ける「Niiro」は、新たに立ち上げた電動バイクブランド「RIDE ON」の第一弾として、公道走行や公共交通機関への乗り入れが可能なバイクシリーズ「Aioon(アイオーン)」を開発。クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて先行販売を開始した。

 

 
「Aioon」は、車に乗せて移動先で乗ることも、電車で移動して目的地で乗ることも可能なコンパクト設計。他には無いスマートなデザインとスタイリッシュさをあわせ持ち、実用的かつ日常になじむガジェットとして開発された。

 

 
本体を軽く持ち上げるだけの簡単折り畳みデザインを採用している「Aioon」。折り畳んだ状態でトランクのように持ち運べる引っ張りハンドルとキャスターが標準装備されているため、女性でも買い物カートを引くような感覚で簡単にバイクを持ち運べる。

 
また電動バイクとしては破格の軽さである本体重量16.5kg(電動自転車の平均重量27.5kg・電動原付の平均重量約50~100kg)を実現。自立収納可能で車の助手席にも収まる。

 
▼あわせて読みたい
20kgの荷物も、デコボコ道もスイスイ!ヘルメットなしで乗れる電動3輪自転車が「Kawasaki」から登場

 

 
「Aioon」は、もちろん公道走行も可能。前照灯、番号灯、尾灯、警音器、後写鏡、制動灯、方向指示器(前後ウインカー)、後部反射灯、速度計の全ての保安部品が標準装備となっている。

 

 
約1.7kgと超軽量なバッテリーも「Aioon」の大きな魅力。バッテリーのサイズは、縦8.5×横26×高さ7cm。パワフルながら取り外し可能で予備をバックに入れても気にならない重さと大きさを実現。用途に合わせて予備バッテリーを購入すれば、長旅も可能だ。走行中の車の電源からも充電可能なので、車中泊やキャンプにもピッタリだ。

 
▼あわせて読みたい
“こがない自転車”は悪路もスイスイ!バイクと自転車のいいとこ取りで、近所から遠出までラクラク移動

 

 
原付として必要とされる性能や安全性を犠牲にすることなく、電車内にも持ち込めるコンパクトと簡単な折り畳み機構を備えた「Aioon」。公共交通機関の乗り換えに時間が取られる都会ならば、素早い移動に最適。もちろん車に積んでもOKだ。また、アウトドアや旅先での足にすれば、より行動範囲を広げてくれるだろう。

 

Aioon(アイオーン)
先行販売価格:93,720~117,150円(税込)※プロジェクト終了は2021年7月20日(火)予定
クラス:原付1種
バッテリー種類:リチウムイオン電池
定格出力:360W
最高速度:25km/h
航続距離:30km
バッテリー定格容量:7.6Ah 36V
充電時間:4.5h
サイズ:110×53×107cm
ブレーキ(前・後):ディスク
タイヤサイズ(前・後):8インチ
発送:2021年10月頃発送予定
※日本の公道を走るには、ナンバープレートの取得が必要。
Webサイト:https://camp-fire.jp/projects/view/399963URL

 
source:PR TIMESURL

 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す