旅の+one

国内旅行の持ち物チェックリスト|これからの旅に必要な物はコレ!

心待ちにしていた旅行。旅先でどんなことをしようか、何を着ようか、などとあれこれ考えながらパッキング(荷造り)するのも、旅の楽しみの一つ。しかし、ワードローブが完璧でも、肝心のお財布や毎日飲む薬などを忘れてしまっては、元も子もない。

 
そこでこの記事では、

 
・これさえあれば安心、必須持ち物チェックリスト
・これがあればもっと快適、あると便利な持ち物

 
を紹介する。

 
チェックリストを活用して、旅の準備を完璧なものにしていただきたい。

 

これだけは忘れないで!持ち物チェックリスト

 
現金やクレジットカードなどのお金、移動に使うチケット、毎日飲まなければいけない薬、そして必携となったマスクなど、忘れてはいけない持ち物を以下にリストアップした。すべての項目を一つずつ確認し、漏れのないように準備をしよう。

 
□現金
□クレジットカード・デビットカード・電子マネー
□携帯電話・スマートフォン
□充電器・バッテリー
□航空券や新幹線のチケット
□運転免許証・健康保険証
□コンタクトレンズ・眼鏡
□常備薬
□マスク
□下着
□靴下
□着替え
□化粧品・洗面道具

 

現金

これがなければ何もできない、それが現金。旅先ではまだまだクレジットカードや電子マネー決済が使えない店もある。銀行やコンビニのATMの数も増えたが、手数料が高かったり、自分のキャッシュカードに対応していなかったりすることもあるので、事前に現金を準備しておくほうが安心だ。

 

クレジットカード・デビットカード・電子マネー

旅先で出会ってしまったほしい物が、持ちあわせている現金だけでは買えない!そんなときも、クレジットカードがあれば大丈夫。外資系ホテルなどは、チェックイン時にデポジット処理としてカードの提示が求められることもあるので、一枚は携帯しておこう。

 

携帯電話・スマートフォン

旅先で仕事の電話に追われることは避けたいが、お店に問い合わせの電話をしたり、同行者と別行動をとったりするとき、そしてもちろん緊急連絡手段として、携帯電話があるに越したことはない。また、電車や飛行機のチケットレスサービスや、電子クーポンなどを電子端末に保管しているなら、絶対に忘れないように。

 

充電器・バッテリー

携帯電話の普及に付随して、旅のマストアイテムとなった充電器。スペアのバッテリーがあればなお安心。なお、モバイルバッテリーは機内預け入れ不可なので、手荷物として持ち込むようご注意を。

 

航空券や新幹線のチケット(データ画面やQRコード)

さすがにこれは忘れないだろう……と思う物ほど、うっかりバッグに入れ忘れたりするもの。移動に必要なチケット類は必ず確認を。携帯電話などの電子端末から確認する二次元コードや予約画面、予約確認メールなども、すぐに取り出せるようにしておこう。

 

運転免許証・健康保険証

旅先でレンタカーを借りるなら、運転免許証は必須。また、急なけがや病気に備えて、健康保険証も持参していると安心だ。Go To トラベルキャンペーン利用時などに、身分証明書の提示を求められる場合も運転免許証があれば対応できる。

 

コンタクトレンズ・眼鏡

美しい旅の景色がぼやけて見えない……なんてことがないように、普段使っているものを忘れずに。慣れない駅や空港などで案内表示を確認する際にも、「よく見えている」と旅の安心感がグッと高まる。使い捨てコンタクトレンズの方は、旅行日数よりも多めに予備を持っていこう。

 

常備薬(胃腸薬・頭痛薬・風邪薬・酔い止め薬・ピルなど)

毎日薬を飲んでいる人は、旅行日数分の薬を。また、何かあったときのための保険として、飲み慣れた風邪薬などを持っていくこともおすすめする。

 

マスク

外出時に必須となったマスク。日数分プラス数枚の使い捨てマスクや、替えの布製マスクも持っておけば、万が一旅先でなくしたときも、余計な出費を抑えることができる。

 

下着

毎日を気持ちよく過ごすために。また、1セット余分に持っておくと、汗をかいたときに気軽に着替えることができる。

 

靴下

意外と忘れがちな靴下。普段はストッキングを履いている方も、部屋が少し寒いときなどに靴下があると快適に過ごせるので、一足カバンに入れておくのがおすすめ。

 

着替え

旅先の動きや天候にあわせたワードローブを考えるのも旅の醍醐味。

 

化粧品・洗面用具

化粧品、シェービング用品、歯磨きセットなど。客室に常備している宿もあるが、自分が気に入って使っている物を持っていってもいいだろう。また、女性は生理用品も準備しておくと安心だ。

 

あると便利な持ち物リスト、より快適な旅のために

 
ここからは、プラスαで持っていると、さらに快適に旅を楽しめるグッズをピックアップ。機内誌『SKYWARD』の編集スタッフが、「あのとき、これがあったらよかった!」と感じた物を紹介する。

 

ルームシューズ

部屋に使い捨てスリッパを用意しているホテルが増えてきたが、もしものときのために、衛生面や防寒を考えて部屋履きを持参すると、快適度がアップ。ビーチサンダルも一つあると便利だ。

 

雨具

晴れの願掛けのために傘を持たない、というツワモノもいるが、万全を期して軽い折り畳み傘かレインコートを一つ持っていると、雨の日もアクティブに過ごせる。ポンチョタイプのレインコートは、肩に掛けたバッグやカメラごと雨から守ってくれるのでおすすめ。

 

ハンカチ&ポケットティッシュ

ハンカチとポケットティッシュは、日常生活の身だしなみとして1セット持ち歩く人がほとんどだと思うが、旅先でもそれは同じこと。ウェットティッシュもあれば、旅先の市場や屋台でちょっと軽食を……というときに役立つ。

 

ポリ袋・チャック付きポリ袋

汚れた物や、ぬれた物を一時的にまとめておきたいときや、ゴミをまとめたいときに活躍するのが、ポリ袋。旅先ではあえて、買い物時に有料のレジ袋に入れてもらってそれを活用するのも手だ。

 
また、チャック付きポリ袋は、カットフルーツやお菓子を小分けにして持ち歩きたいとき、中身がこぼれやすい物や、ほかに匂いがうつりそうな石鹸などをお土産に買ったときに活躍する。

 

水筒&ティーバッグ

日常的に「マイ水筒」を愛用している方も増えてきた。旅先に水筒を持参して、宿で淹れたお茶などを持ち歩いてみてはいかがだろう。保温機能のある水筒を持っていけば、部屋で温かい飲み物をゆっくり飲みたいときに、ポット代わりにもなる。

 
また、体調管理のためにお気に入りのハーブティーや漢方茶をお茶パックに詰めて持っていくのもおすすめだ。

 

耳栓

一人旅で、移動中に周りの会話が耳障りなときなどに活躍。また、夜行列車やバスを利用する際や、ホテルの隣室の音が気になるときに、騒音を気にせず眠ることもできる。ただし、寝坊や寝過ごしにはくれぐれも気をつけて。

 

電源タップ

一カ所のコンセントの差し込み口の数を増やすときに使うのが電源タップ。古い建物ほど室内のコンセントが少ないので、モバイル機器を多く持ち歩く人や、何人かで部屋をシェアする際に、これがあるとノーストレス。

 

携帯用消毒グッズ

感染症予防対策に、必須となったアルコール消毒や除菌。携帯用のハンドジェルやスプレーがいろいろ売り出されているので、一つ持っておくといいだろう。

 

小ぶりのエコバッグ、クラッチバッグ

ホテルでの朝食時、夕食に出かけるときなど、貴重品と携帯電話、部屋の鍵だけを入れるような小ぶりのエコバッグやクラッチバッグがあると、スマートに装える。

 

サングラス

サングラスは夏場に活躍するものかと思いきや、冬でも西日がきついときなどにサングラスがほしくなるケースも。特に、運転する機会がありそうなら、持っていくことをおすすめする。

 

水着

滞在先のホテルにプールがあるなら、ぜひ水着も持参を。旅の途中だからこそ、リフレッシュの時間を設けてみてはいかがだろう。

 

ストール

交通機関や飲食店で、空調が強めに効いていて「寒い」と感じる人は多い。そんなときに1枚ストールを持っていると安心だ。急な雨しのぎに使ったり、部屋が寒いときに椅子の座面に敷くこともできる。

 

自分だけの持ち物リストを作ろう

 
旅の持ち物リスト、参考にしていただけただろうか。旅先で感じた「不便」をメモしておいて、持ち物リストを自分なりにカスタマイズしていくと、未来の旅が一層快適になっていくはずだ。

 
さあ、パッキングが準備万端なら、あとは起きる時間にアラームをセットするだけ。どうぞ楽しいご旅行を!
 
 

関連記事

EDITORS RECOMMEND〜編集部のおすすめ〜

キーワードで記事を探す